上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「みなさんこんばんは
 統括フッキーです。 

 
 さて、雨の降り続く中、今週末はいかがお過ごしでしたか? 

 今回はソン記者の私的な音楽コーナーになります。 

 今回は、どんなミュージシャンが登場するんでしょうかね。ソンさんお願いします」




 「はい、みなさんこんばんは。社会部ソンです。毎度! 

  さあ、4回目の今夜はこちらを紹介しまんがな。


 ● FREDA PAYIN(フレダ・ペイン)
 
 
 
 まずはモータウンの話しから始めますね。

 モータウン・サウンドが栄光に輝いていた1960年代。 

 その主役は数多くの人気アーティストたち(フォートップスシュプリームスなど)とカリスマ的な社長さんベリー・ゴーディーでした。

 その栄光の影には、実は優れた裏方達の活躍がありました。その中でも最も重要な存在をあげるとすると、文句なしにモータウン最高の作曲家チーム、H-D-Hと言うことになるでしょう。

 H=D=Hとは、ホランド・ドジャー・ホランドの略で、エディー・ホランドとブライアン・ホランドのホランド兄弟ラモン・ドジャーという3人のメンバーからなる作曲家チームのことです。 
 
 彼らは、モータウン最大の貢献者でありながら、カリスマ的指導者ベリー・ゴーディーによるワンマン体制のもと、H-D-Hに与えられた報酬は、その活躍に見合ったものではなかったのでした。 

 そのため、彼らは自らの主催するレーベルを設立します。 

 そのレーベルが、

 インヴィクタスとホットワックスという二つのレーベルであります

 H=D=Hは、デトロイトで、ノーザン・ソウルの時代を背負って行くことになり、モータウンレーベルでの活躍の再現が始まったのである。

 このレーベルを代表するアーティストの中の一人が今回のフレダ・ペインであります。 

 彼女は、インヴィクタス版ダイアナ・ロスと言う触れ込みで活躍。

 このレーベルには、ハニー・コーングラスハウスチェアーメン・オブ・ザ・ボードなどがいますが、フレダがやっぱいい。

 その彼女のアルバムはいろいろありますが、お勧めはこの辺りでしょう。 

 『コンタクト』

 414MFAF6J1.jpg


 これは、71年に発表した通算4作目。かなり上質のノーザンソウルであります。

 お勧め曲は、 『チェリッシュ・ホワット・イズ・ディア・トゥ・ユー』
 初めて聞いたとき感動しましたよ。 

 他のアルバムだと、

 『リーチアウト』

 4167ZM9NP.jpg



 ベスト版『THE BEST OF FREDA PAYNE』などがいい。

 418PB3ZAYN.jpg


 そして、このレーベルを代表する作品集のアルバムを最後に紹介しよう。

 『OUR BROTHERLY LOVE/H-D-H COMPILATION』


 31HHC5EF0LSL16.jpg



 インヴィクタス/ホットワークスを代表するメンバーが納まった贅沢な一枚です。
いい曲ばかりで、ほんと驚きますよ。まずは、ここから始めてください。 

 最近は、映画の影響で、モータウンサウンドがかなりメジャーになったけど、モータウンの流れを組むノーザン・ソウルは、かなりファンキー色が強いのが印象的ですかね。

 さて、今日は、フレダ・ペインを紹介しました。 

 やあ、音楽ってホント楽しいですよね。 

 それでは、今日はその感動した曲をお伝えします、それでは、本日もありがとうございました。ソンでした」 

Cherish What is Dear To You




 
 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 
 
ブログランキングへはこちらをクリック


スポンサーサイト
06.30 (Mon) 01:58 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
 
 「こんにちわ
 統括部長フッキーです。 

 昨今、飛騨牛の話題でメディアが暴れておりますが、やや過剰な気がしますね。 

 まあ、懲りない食品偽装が相変わらず続いているけど、ここぞとばかりに、民間の弱い企業を叩く。 

 しかし、政府が関与している肝心な耐震の偽装は何処へやら。 


 結局、トカゲの尻尾切りかよって、ぼやくこのごろ皆さんいかがお過ごしですか。

 さて本日は、女性のデリケートなお話です。 

 綺麗になりたい、可愛くなりたい、希望は果てることなく続く女性としての存在。

 本日は、生活文化部まことちゃんにお願いいたします。それでは、ごゆっくりどうぞ」




 「どうも、まことちゃんじゃ。 

 今日は、効いてほしい女性の魅力のお話じゃ。

 わしら男連中には、わからないとことがたくさんあって、なかなか興味がそそられるじゃけん。

 さて、今回も特別講師としてゲストに来ていただいておりじゃけ、さっそく呼んでみるとするか。高輪に住むマダムベアールさんです」


 
 「どうも、ボンジュール!マダム・ベアールざます。  

 本日も、とっておきの女性のお話を紹介いたします。 

 梅雨のこの時期、髪は乱れるし、小物にも気を使うし、もう大変ざます。 

 今回は、素顔と化粧顔についてお話しするざますよ。  

 それでは、準備は良いかしら。

 女性には、メイクという特権を持っているけど、その特権を放棄している人も中にはいるざます。 

 よく、男性が 『素顔のほうがいいよ』

 こんな甘いささやきを鵜呑みにした人も存在するかもしれない。 

 しかし、この言葉にはたいてい裏があるでしょ。

 それは、 『他の男の目に、自分の彼女の美しさをさらけ出したくない』

 または、 『自分と言う特定の男性がいるので、化粧なんかする必要がない』という意味だったりするわけ。

 一般的に、化粧をする女性と化粧をしない女性のどちらが良いか男性にアンケートすると、たいてい『化粧をする女性』と答える人が多いざます。 

 自分のパートナーには、化粧はしなくてもいいが、一般女性への考えとしては、化粧をすべきだという、まあ、少し自分勝手な言い分だけど、そんな簡単な問題ではすまされない。 

 『素顔のほうがいいよ』というこの言葉には、化粧顔のイメージとはまた違った、その落差の中での“素顔”に魅せられた人も多いはずかも。

 素顔という顔を強烈にアピールするには、両方の顔を持っているからこそできること。

 欲張りな男性諸君は、化粧顔も素顔を両方美しい女性を選びたいというのが本音なのだろう。

 なんとも贅沢な話しざます。

 さて、この化粧のことだけど、女性は、一般的に口紅を塗る瞬間一番“女性”を意識するよね。 

 ばっちり決まったメイクでデートすれば、相手の良さばかりでなくてもウキウキするかもしれないし…。

 しかし、家に帰って真っ先に向かうのが、やっぱ洗面所メイク落としでしょ。

 違和感を抱えたコンタクトレンズ利用者同様に、すぐさま開放されたいという心理が働くざますね。

 入念して作り上げた化粧顔も、時間がたつに連れて、重荷になってくるわけ。 

 ここで、この化粧顔から素顔に戻る時、注目ざますよ。 

 疲れや眠気によって手抜きがちかもしれないが、よく自分の顔を見てみましょう。

 女性はこの変化の時に、葛藤が生じるだろうけど…。

 『素顔に頑張ってもらいたい』

 間違いなく、化粧顔より素顔を応援する自分がいるはず。

 “化粧顔に負けないぞ”という気持ちを持つことが“素顔”を美しくする。

 これを毎晩のように繰り返し、素顔を励ますことを実践してみよう。いわゆる、素顔の応援団を設立するざますよ。 

 しかし、翌日。

 たいていの女性は、残念ながら素顔から化粧顔の味方についてしまう。しかし、ここでは、化粧顔の応援団を設立するざます。

 メイクをする時間とメイクを落とす時間、それぞれに応援団を設立する。  

 この素顔と化粧顔の応援団による戦いによって、美しさに対する意識が貪欲になってくるざます。
 
 やがて、そのひたむきな姿勢によって、女性はどんどん磨き上げられ、化粧がどんどん上手くなっていくというわけ。 

 このように、二つの顔を切磋琢磨させることで、少しずつ少しずつあなたは美しくなれる。 

 そのためには、この女性に与えられた特権は、必ず使うべきなのだ。

 私も、これを実践するあなたを応援するざますよ。オホホホホ―――。 

 それは、“いつまでもキレイな自分、素敵な自分で在り続けるために…”。

 それでは、本日はこの辺でマダム・ベアールでした。

 おっと、最後に私からプレゼントです。 

 素顔も化粧顔も素敵な女性を紹介します。 

 彼女は、今日本で一番歌が好きでたまらないミュージシャなのではないかな。彼女の歌を聴いていると、曲に魂が宿っているから・・・。  

 携帯の方はごめんなさい。

 それでは、ご覧ください。笑顔の素敵さを知っているYUIちゃんです。オルボアール!」

  そう笑って、そっと笑って

 

 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
 
ブログランキングへはこちら




06.28 (Sat) 14:44 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
 「こんばんは

 統括部長フッキーです。 
 
 梅雨のまっただ中、相変わらず嫌な雰囲気ですな。 

 しかし、この時期に楽しめるものがある。それは、ウィンブルドンだ。 

 この前の全仏オープンでは、4回戦敗退となったラブリー、シャラポワちゃん

 今回調子よさそうな感じというより、なんかコートがステージでファッションショーしてる見たいやん。

 純白のタキシードを見に纏い、華麗に舞う。

 20080625-00000000-jijp-spo-thum-000.jpg


 そのうち、コートチェンジの時に、音楽流れたりして・・・。 

 しかし、この衣装ちょっとやりすぎちゃう?

 これで上位入賞しないと叩かれますよ。でも、お得意のコートだから期待度はかなり高いと思われる今日この頃、みなさんいかがお過ごしですか?



 さて、今日は、懲りない面々についてのお話です。

 先日発表されたプロ野球コミッショナーについて言及いたしますよ。

 それでは、社会部サム&ソン兄弟にお願いします。それでは、どうぞ」



 サム&ソン 「アニョハセヨ!」(録音) 

 サム 「こんばんは、サムです」(録音)

 ソン 「ソンです」(録音)

 サム&ソン 「二人合わせてサムソンで~す」(録音)


 
 「やっとかめ!サムでござります。 

 さて、先日新しいプロ野球界のトップが発表されました。 

 今後の課題であるMLB(米大リーグ)WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)オリンピックなど海外面での対応が課題の一つであり、元アメリカ大使に、白羽の矢が立った。 

 それでは、ソン記者にお話しをしていただきます。ソンさん!ソンさん!」




 「まいど!はい、ソンです。

 今日は、プロ野球コミッショナーのお話をしまんがな。 

 ほな、よう聞いててやあ。

 先日、日本プロ野球組織(NPB)の新コミッショナーに駐米大使を退任する加藤良三氏(66)の就任が決まったがな。
 
 NPBでは昨年からオーナー会議のメンバーが中心となって根來泰周コミッショナー代行の後任を探してきた。

 加藤氏はソフトバンクの王貞治監督らと交友があり、野球に造詣が深いことで知られている。米大リーグにも詳しく、国際化が進む野球界にとって適任であると判断したと言う。 

 というのが、表のコメント。

 それじゃあ、行きまっせ。 

 このコミッショナーの歴代人物を見ましょや。 

 戦後、一番威厳を持ったコミッショナーと言われたのが、金子さん(1976年7月から79年の2月)と言われている。あの「江川事件」を修復?したことで有名なヒトだ。

 その後、下田、竹内、吉國、その後、川島さん、そして前の根來さんなんだけど、問題は彼らが就任する前の職業を見てみましょ。

 下田氏は元最高裁判所判事、竹内氏は元検事総長、吉國氏は元内閣法制局長官、川島氏は元内閣官房副長官、根來氏は元東京高等検察庁検事長及び、公正取引委員会委員長

 そして、今回の加藤氏が駐米大使。 

 この組織の人事は、実にわかりやすい。 

 典型的な官僚の天下りの構図でんがな。

 新聞には、加藤氏の野球好きが長々と紹介されていたけど、ちゃんちゃらおかしいよ。 

 今回、外務省に権限が回ってきただけのことだろ。 

 天下り人事に大きな批判が出てきている昨今、よくこんな人事ができるもんやね。

 この世界のトップは、どう考えても元役人でなくて、元プロ野球選手から選出するのが筋やん。

 何でこんな簡単なことができないのだろう。ほんと不思議な世界でんな。 

 (そして、後日ソン氏は、運動部ダルムッシュ記者にこのお話をした。すると、そんなの簡単な理由だとおっしゃっていた)
 
 そう!

 サン○リーでなく、罪売のボスの存在だ――――――」



 「サムさん、ソンさん本日もありがとうございました。(フッキー再登場)

 さて、本日の懲りない面々いかがでしたでしょうか。楽しんでいただけましたでしょうか。

 当社では、皆さんのご感想、また情報やご意見などを多数募集しております。ふるってご参加くださいませ。

 最後に、今日は話題の野球場のグラウンドのグリーンと今『キセキ』が人気のGreeeenをかけて、アル・グリーンを紹介します。<強引?>

 この陽気なおじさん、実にいい歌を歌います。

 中でも、有名なこのスタンダードナンバーは最高にカッコイイ! 


 2513959470.jpg


 それでは、お楽しみ下さい。フッキーでした」


 レッツ ステイ トゥゲザー
 



 

 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 
 
人気ブログランキングへ


06.25 (Wed) 17:23 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
「みなさん、こんばんは
 統括部長フッキーです。 

 今日は、梅雨が続く中、行って来ました。 

 東京の西にある関東第三の使用空港予定にしてくれという場所は? 

 

080623_1336~02


 じゃん、横田基地です。


 さあ、みんなデモルデモル、デモッちゃう!

 失礼しました。 

 『ゴールデン・エッグズ』第一話やってみました。

 (知らないヒトはこちらを参孝に)
 
  ゴールデン・エッグズ

 

 本日は、反戦デモではありません。 

 実は、この横田基地を沿って走る国道16号線は、ファッションストリートになっていて、いろんな服屋や雑貨屋があるんですよね。  

 そんでもって雨の中、いろいろ覗いてきました。 

 そして、こんなん買っちゃいました。 

 080623_1328~01




 安~。でも、使えねえ~かも・・・


 そして、  はピッツアタイム。 

 窯焼きのもちもち感がたまらない某所のマルゲリータ&マリナーラをゲット。 

 これまで、数々のピザを食べてきたけど、ここのピザがやっぱ一番美味しいぜ。 

 さらに・・・

 大好きなパスタジェノベーゼを久しぶりに食べることができた。 

 もう、大感激!しかも、この店のジェノベーゼがホントホント美味しくって大大感激!ボーノボーノ! 

 で、感動のあまり写真忘れてた~。 


 やあしかし、美味しいもの食べれるのって、幸せでんなあ~。 



 さて、そろそろ本題に入りましょうか。本日は、映画のお話しでしたね。

 久々のまことちゃんの登場です。それではみなさん、お楽しみくださいませ。
 生活文化部のまことちゃん、お願いいたします」




 「どうもこんばんはまことちゃんじゃ。 

 今日は映画の話じゃけん。よろしゅうお願いします。 

 これまで、邦画にも素晴らしい作品があったじゃけんど、今回凄いのを見つけたんじゃ。 

 映画『サトラレ』じゃあ。


 41Q3B3JNH6LSL16.jpg


 このサトラレたぁ、生まれついて、自分の考えとることが、言葉を使わのぉても周囲に“悟られ”てしまうゆう病状を示す架空の病名又は患者をさす。 

 この患者は、IQ180以上で、国益にも繋がるほどの天才。

 ほぃじゃが、この症状を本人が知ると苦痛から精神崩壊を招くため、サトラレ対策委員会なる組織によって保護されとるってゆー物語。
 
 となる田舎に住む一人のサトラレのもとに、サトラレ対策委員会から一人の精神科医が派遣される。

 あんなぁは、お国の指導する道へとあんなぁを誘導するんじゃが、ここでげにこれでええんかと自問自答することになる。 

 本人の意見を尊重することのぉてねぇ、政府の意思を押し付けるんかゆぅて。

 ほいでからね、あんなぁは立ち上がるんじゃった・・・・・・・。


 まあ、このあたりでやめとくんじゃが、この映画を見てこれまで見てきた邦画の歴史がオバマ風に言うと、「CHANGE」したんじゃ。 

 こがぁに溢れるほど、涙を流した映画はなかったかもしれなぁんじゃぁ。 

 家族愛、信頼、純粋やら学ぶべき視点がえっと詰まっとって、後半なんか感動の嵐じゃぁ。

 技術面でも、カメラアングルの巧みさ徹底したリアル感やら一切妥協することなく創られたこの作品はぜひいっぺん見てもらいたい。この作品は、保障するんじゃ。

 この映画にちぃとに似とるんが、ジム・キャリー主演の『トゥルーマン・ショウ』

 こちらを見とらん人は、この作品も必ず見ておきましょう。社会現象にもなった名作じゃぞ。

今日は以上です。それでは、楽しい映画生活を。まことちゃんじゃった」



 「チャオ! フッキーの再登場です。 

 やあ、今日は感動の嵐でしたが、その中でもピザ屋のパーフェクトな味には
まいりましたということで、今日はあの名曲「パーフェクト」をお送りします。 

 彗星のごとく現れたフェアーグラウンドアトラクション。 

 吉田の美和ちゃんも大好きなこのバンドは、一枚のアルバムをヒットさせ、見事散ってしましましたが、写真家エリオット・アーウィットの有名なジャケ写は今も語り告がれております。

それでは、この名曲をお聞き頂きお別れです。それでは、ボナノッテ!

  Perfect




 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 
 
人気ブログランキングへ


06.24 (Tue) 02:46 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
 「みなさんこんにちわ。
 統括部長フッキーです。 

 
 やあ、ポルトガルが敗退してしまいましたね。 

 ドイツ強いじゃないですか。 

 この勢いで優勝かもしれませんねえ。

 まだまだ、ユーロから目が離せません。 

 
 さて、本日は、 『ムッシュのヒツジーランド奮闘記』第五話になります。

 いよいよ始まった学校生活。しかし、社長、体調が優れないようで、どうなることでしょうか。それではどうぞ」



 ★ 第五話 『二日目~授業風景~』

 
 本日6時に起床。<むちゃむちゃ眠いよ~> 

 相変わらず、赤バンの車窓からは、心地良い微風に吹かれる若緑木が目に映る。 

 澄んだ空気を力いっぱい吸い込み、不安と興奮に満ちたわが身を落ち着かせる。<たぶん緊張するけど、何とかノリ良くいこうではないか>

 不安を一蹴する気持ちで、校門をくぐった。

 「みなさん、日本は何処にあるでしょう?」 

 いよいよ本格的な授業の開始である。ホワイトボードに貼り付けられた世界地図を見ながら問いてみた。

 すると、高学年のニ人が見事正解!“パチッパチッパチッ” 

 しかし、残りの生徒は皆目見当がつかなかった様子。<まあ、無理も無い。東アジアの小国やから確実な位置は、わかりにくいやろな>

 「日本には、約一億二千万人の人々が住み、地形はニュージーランドと良く似ており、四季がハッキリしています。また、首都の東京は世界でも有名な大都市であり、沢山の人がおり、いつも活気に満ちています。ほんと日本には、こことは比べ物にならないくらい大勢の人が住んでいますよ」

 (ふーーん)<人口約380万人のニュージーから見れば、とてつもないヒトの多さなのにあんまり驚かんなあ> 

 それでも、子供達の視線はオイラに釘付け。 

 「それでは、日本についてなんでもいいので、知っていることがありますか?」

 「ドラゴンボール!」「ボケモン!」<やはり子供らしい答えや。しかし、日本のアニメはなんてメジャーなんや> 

 「ジャッキーチェン!」

 「ジャッキーチェンは、日本人ではありませんよ。彼は、香港人、いわゆる中国人ですよ」

 (ふーーん)

 「それでは、次に日本の歌を紹介しましょうか」

 生徒全員が立ち上がり、聞き耳を立てた。

 「桜、桜~~~~~~~~~~」 

 日本の歌と言うとやはり『桜』である。オイラは、ゆっくりと歌い上げてみせた。

 我々は、1小節ずつ輪唱していった。

 「SAKURA、SAKURA~~~~~~~~~~」

 かなりの時間を費やし、一通り歌い終えると、間もなく休憩時間となった。彼らはどういう印象を受けたのだろうか。

 多くの生徒たちが、“サクラ、サクラ”と言って、近寄ってきてはわめき散らす。 

 いやはやなんとも元気である。

 その後、ほとんどの生徒達は、校庭に出て、遊びにふけていく。オイラは、その輪に混じってできるだけ子供達に接することに力を注いだ。

 やはり、子供達のなかでも仲良しグループが存在し、トランポリンに熱中する低学年やバスケットにふける高学年の女子仲間に分かれていた。さらに、鬼ごっこに没頭する悪ガキ仲間たちなど、皆楽しい時間を共有している。

 そのうち、何処からともなく泣きじゃくる生徒が現れた。どうやら喧嘩らしき自体が発生した模様。<さっそく来たな> 

 大きな目に大粒の涙を蓄えた黒髪の少女に理由を聞いてみると、頭を殴られたようだ。案の定、犯人はすぐに見つかったが、まるで反省の色はない。“アッカンベ”並みの挑発をして、オイラの目の前を走り去っていった。 

 ひとまず、少女に優しい言葉をかけてやる。すると、数分も経つと、また笑顔を取り戻し、トランポリンではしゃいでいる。<子供はなんて立ち直りが早いんやろ>

 太陽の照りつける青空の下、それぞれのグループと共に遊びに興じていると瞬く間に時間が過ぎていく。

 途中、膝にアザをつくるものや、寂しそうに一人で過ごす生徒などにも気を配り、かなりの神経と体力が消費された。

 また、やたらと服や靴の汚れも目立つ。<これじゃ、洗濯たいへんやん。それに、いつまでこのスニーカーもつやろなあ> 

 さらに、紫外線が強いせいで、顔が赤く染まっていた。<もう大変な仕事やわ>

 実は、子供達と興じる中で、ホストマザーから注意されたことがある。 

 それは、子供を背負ったり、抱きかかえたりしてはいけないこと。両親以外の人間は、やってはいけないと言う。 

 たしか何かの書物で目にしたが、お隣オーストラリアでこのような常識があることを思い出した。<ここでも同じなんや> 

 やがて、ランチタイムの時間がやってきた。教室内で各自が愛情のいっぱい詰まった宝箱の蓋を開けている。 

 オイラには、ハムサンドに小ぶりのリンゴとバナナが支給された。 

 「テチュヤ、ティー、ティー」とホストマザーが問いかける。 

 私が不思議なしぐさをしていると、「事務所から持ってきて」と言うのだ。<ティー?ああ、紅茶ね。さすが、イギリスの属国やなあ> 

 オイラは、教室の入り口をでて、本館の右手前にある小屋に向かった。門扉を開き、恐る恐る入ってみると、見事誰もいない。<どないなってんねん>

 そんな状況を予期していたかのごとく、一人の少女が大きな体をユサユサしながら後をついてきていた。

 「あのさ、紅茶はどこにあるの?」 

 「ここよ」 

 先ほど頭を殴られたその少女が得意顔を浮かべ、紅茶の在りかを教えてくれた。 

 「サンキュー!」

 その後、昼食を終えると,英語(ここでは国語が正しい)授業が行われた。どうやら、90分が平均的な授業時間のようだ。

 その授業を終わると、子供たちはすぐさまカバンを持って教室を飛び出していく。

 そして、歩いて家に帰る生徒。さらに、両親に迎えに来てもらう児童。さらに、我々と一緒に赤バンに便乗する子供たちなど、生徒それぞれ家路に向かう手段は異なっていた。

 さて、明日から週末に入る。 

 この二日間を振り返って、いろいろな出来事を反芻した。

 新たに出会った子供たちそれぞれの顔、緑豊かな校庭、決して裕福とは言えないが古き良き匂いのする学校施設、そして異国の授業風景など、オイラにとっては、すべてが新鮮である。

 これから、何とやっていけそうな自信も出てきた。 

 夜八時を過ぎ、窓から見える異国の空は、いまだ日中かのような薄明の世界が広がっていた」



 「フッキーの再登場です。 

 本日はいかがでしたか。いよいよ授業が開始され、今後の見通しが立ったようですね。さあ、今後どうなっていくんでしょうかね。

 日本の歌と言えばやはりサクラですね。それでは、ロシアと歌と言えば何が浮かぶでしょう。

 今日は、有名なロシアの民謡を聞いてお別れです。実にいい曲で、ドラマの主題歌にも使われたことがあります。それでは、ごゆっくりご覧下さい。フッキーでした」

 素晴らしいオリガの歌声ですぞ。
 

 
 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 
 
人気ブログランキングへ



06.20 (Fri) 17:39 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
 「みなさん、こんばんは。統括部長フッキーです。

 昨晩、終電に遅れ、深夜バスで何とか我が家に帰ってこれました。 

 何してたって?

 スウィングしてましたよ。 
 
 吉祥寺『MEG』にて、ライブがありましたので・・・。

 今回、ピアニストの方が、オイラのリクエストであるミッチェル・ペトルチアーニの美しい一曲を弾いていただきました。 

 超感激! 

 やはり、プロの方でもオイラのリクエスト曲はちょっと難しいとおっしゃっていました。確かに、選曲に無理があったかも・・・。

 ところで、ジャズのピアニストと言えばビル・エヴァンスが有名ですが、実はこのペト(略名)も侮れません。

 作家伊坂幸太郎の映画化にもなった『陽気なギャングが地球を回す』の一節にもペトのことが出てきますが、彼は、身体的なハンディーにもかかわらず、滑らかな指使いでたくさんの人たちに感動を与えた偉大なピアニストでした。

 もし、興味が湧いた方がいらっしゃいましたら、一度聞いてくださいませ。 

 そして、今日はこちらをゲットしてきました。






 080619_0232~01 (2)


 出ました!オイラの好物

 『海ぶどう』


 近所の駅前で沖縄フェアーやってたので、早速アンダーギーといっしょに買っちゃいました。 

 この食感たまんない!

 <かっぱえびせんじゃないけど、ほんと止まらないさ~ by ゴーヤマン  >

 やはり、つまみだけではなんなので、こちら。

 じゃんじゃじゃん!




 080619_0256~01


 沖縄市民の水? 

 『残波』

 残念ながら後わずかとなってしまった送別会での贈り物の泡盛。落書きで汚く見えるだけど、やっぱこの瓶を見ると、当時を思い出す。ほんと、嬉しいさ~って感じになるね。 



 さて、たいへん長くなりましたが、本日はジャズでもなく、沖縄でもなく、カフェのお話しです。<長いよって>

 前回好評でありましたカフェ下北沢のお話であります。 

 担当は、生活文化部まことちゃんにお願いいたします。それでは、ごゆっくりどうぞ」




 「どうも、まことちゃんじゃ。 

 今日は、芸能文化ばかりでなく、レトロの街としても人気の下北沢のカフェについてのお話じゃ。

 せっかく、わしにやっと回ってきたじゃけんど、今回も特別案内人としてカフェ事情に詳しいお方を呼んでおるじゃけ。それでは登場いただきましょう。高輪に住むマダムベアールさんです」


 
 「どうもボンソワール! マダム、ベアールざます。  

 フッキー部長さんちょっと長いざますよ。時間が押してるざます。この後、美容院なのに~。 

 いやあ、しかし嬉しいざますね。また特集が組めるなんて。

 本日は、下北沢のカフェを紹介いたします。何卒、よろしくお願いいたします。それでは、オープンいたします!メモの準備もいいざますか。 

 それでは、下北編。まずは、南口から行きましょうか。 

 080608_1305~01


 駅を出て、右手の静かな道を進んでいくと、突き当りの角にあります。

 それでは、一軒目

 080608_1308~02
 

 老舗ジャズ喫茶『マサコ』
     http://www.jazz-masako.jp/ 

 ここ下北沢で50年以上も営業を続けているこのお店には、たくさんのレコードが用意されています。 

 店内は黒い革張りのソファー、天井が低めでちょっとこじんまりした感じで、いろいろな雑誌やマンガなどもございます。 

 小腹が空いているヒトは、ここの名物アントーストを頂きましょう。名古屋の方にはお馴染みの味ですね。 

 ただ、この店は、中の様子がまったく見えないので、入りにくい雰囲気があるのが難点。

 そこを思い切ってエイッて入って行きましょうねえ。 

 さて、続いて『マサコ』から狭い道を南に向かうこと1分。一軒の家屋の壁に大きな黒板が見えてざます。

 これが、二軒目

 080608_1310~01 (2)
   

 『mois café(モワ カフェ)』
      http://www.members.aol.com/kyowko/mois.htm
      
 このお店は、正直隠しておきたかったのですが、最近やたらと紹介されてきたようで、かなり人気があります。

 一見、普通の家屋に見えるのですが、二階に上がるとこれが凄い! 

 材木に囲まれた優しい空間があなたを待っております。

 もし私が映画監督だったら、昼下がりのおしゃべりのシーンで、ぜひここを使いたいざますよ。 

 それほど、落ち着けて、柔らかい光が差す場所なのです。もううっとり~。

 その他にも、このエリアには、レトロなお店『ミケネコ舎』も人気があるざます。 

 さて、次は、駅西にまいりましょうか。 

 京王井の頭線の西側に南北に流れる道があります。

 その道を南下し、歩くこと2・3分もすれば右手に見えてきますわよ。

 これが、三軒目

 080608_1347~01 (2)


 『bio sweet(ビオ スイーツ)』
       http://www.mfs11.com/
 
 ここは、スイーツ専門と思いきや、おじやがあったり、和食があり五穀米を使用していたり、おしゃれな雰囲気なのにメニューがバラエティーに飛んでいるお店。 

 カフェもいいけど、ランチとして使用するのもお勧めします。

 余談ですが、このお店の近くに美味しいピッツァのお店があります。その名は『ラ・ベファーナ』。 

 080608_1326~01


 このお店は、吉祥寺にもあり、常に店の前に人だかりができております。

 さて、『ビオ・スイーツ』を通り過ぎ、フィットネスクラブのエグザスの近くまで足を運ばせましょうか。

 すると、小さなカフェが見えてくるざます。

 これが、四軒目。 


  080608_1344~01

『CICOUTE CAFÉ(チクテカフェ)』
      http://www.cicoute.com/

      
 なぜか入り口に自動販売機が置かれているのですが、ここのイングリッシュ・マフィンはあまりにも有名ですね。  

 シンプルな店内の雰囲気はみずみずしさすら感じるでしょう。

 このお店は、あまりご説明はいらないかもしれませんね。

 さて、そろそろ人だかりの場所にいってみましょうか。北口です。

 このエリアには、たくさんのカフェがひしめき合っています。


 080608_1407~01 (2)


 有名なチェーンがたくさんありますが、そんなお店は紹介いたしません。あくまでも、私的な目線で見ていくざますよ。

 さて、一番街沿いにあるこの一軒。

 はい、五軒目ざます。


 080608_1417~01 (2)


『cafe use(カフェ ユーズ)』
     http://www.geocities.jp/cafeuse/top.html       

 北口でも、さらに離れたところにあるこのお店は、古き時代の香り漂うレトロなお店。

 骨董品とも思える古道具が一つ良い味を出しています。和服女性がふらりと入るようなそんな雰囲気がする。 

 このお店は、少し入りにくいところはありますが、扉を開けると別世界が待っています。

 この一番街を東に進んでいきましょうか。

 人気のあるカレー専門店『心』を過ぎた後、路地を左に曲がると、10mもしないところにカフェがあります。 

 そして、六軒目


 080608_1428~01 (2)
 

『café ordinaire(カフェ・オディネール)』
     http://www.02.246.ne.jp/~t-caf/ordinaire.htm   

 雑居ビルにひっそりと佇む店内に入ると、コーヒーの香りとジャズが耳に入ってきます。 

 店内に目立つのが、たくさんのです。

 このお店は、本に囲まれています。お好みの一冊とともに、贅沢なくつろぎを与えてくれる素敵なお店です。

  その他に、カフェというより、レストランなのですが、いいお店があります。ハワイアン・レストラン『TSUNAMI』

 080608_1409~04

     http://www.tsunami.co.jp/
 

 このお店は、恵比寿にもあるようだが、オープンスタイルのお店の雰囲気が実にいい。

 もちろんハワイアン・ミュージックが流れているのですが、カフェ感覚で利用するのも良いのではないかな。 

  そして、最後は東口にあります。

 ちょうど、このお店は、北沢タウンホールの南の狭い通りに面している

 下北沢で有名なコーヒー豆のお店『モルディブ』で修行を積んで方が開いたお店です。

『kate coffee(ケイト コーヒー)』
     http://www.katecoffee.jp/

 ここは、カフェではなく、店名にコーヒーを使っている。ようは、コーヒーに対する力の入れようが違う。 

 よって、コーヒーへのこだわりを感じさせるのだが、そればかりでなく、さりげないインテリアなどのセンスの良さがきらりと光っている。 

 みなさま、気になったお店はございましたでしょうか?下北沢にいらっしゃったときには、どうぞご利用くださいませ。

 また、皆さんからのお勧めのカフェの情報及びお問い合わせ、ご質問、感想なども受け付けておりますわよ。フッキー部長への苦情もいいわよ。

 本日は以上にて閉店させていただきます。それではまたお会いできる日を心待ちにしております。ご案内は、マダムベアールでした。それでは、アビヤント! 」 




 
 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 
 
人気ブログランキングへ


 
06.19 (Thu) 03:28 [ 未分類 ] CM213. TB1. TOP▲
 「こんばんは。

 統括部長フッキーです。 

 いやあ、まだまだ大きな地震が東北地方で起こっている。 

 多数の死者も出ており、いまだ予断をならない状況が続いている。

 さて、本題に入りますかね。 

 今日は、酔いどれ詩人アル中・de・辛抱さん の登場です。 

 さあ、今回のタイトルは 『風と共に来たるの詩』です。それではどうぞ!」




 
 今日もごめんねって口ずさむ

 大きな音色を奏でる僕の口癖だね

 光沢のある君の髪を

 艶のある君の髪を

 いつも見つめる僕がいる

 時間とともに変わり

 柔らかな気持ちが芽生える

 繋いだ手のぬくもりと感触

 何気ないことだけど

 時にやさしく

 時に強く

 あるがままの僕の鼓動を伝えるために

 今日もまたつぶやく


 




 「はい、フッキー再登場です。本日はいかがでしたでしょうか? 

 今日は、ジューン・ブライド真っ只中ということでこちらを送ります。 

 日本では、まったくっていいほど知られていないのですが、アメリカでは定番中のウェディングソングであります。それでは、みなさん、今週も頑張りましょう!フッキーでした」

 ジューン・ブライドの贈り物
 
  

 
 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 
 
人気ブログランキングへ




06.17 (Tue) 03:02 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
「みなさん、こんにちわ
 統括部長フッキーです。 

 今日も見事暑くなりましたねえ。みなさんも最高の週末を過ごしたことでしょうね。 

 さて今日は、ダルムッシュの登場です。

 どうやら、昨日の中継のようです。それでは、ごゆっくりご覧ください。

 運動部ダルムッシュさん、お願いいたします」




 「こんにちわ、ダルムッシュだあ。 

 只今、千葉マリンスタジアムに来ております。本日は、野球中継するっちゃ。 


080615_1128~01 (2)


 やあ、見事さよい天気さなったい。ウ~ン ラブリー~ 

 午後1時より交流戦のロッテ対阪神戦がスタートいたします。イエーイ!バレンタイン!

080615_1134~01


080615_1133~01 (2)


 球場の周りさは珍しく屋台のお店が並んでいっちゃ。こっだ光景は珍しいだないえ。
 んでは、中さ入って見ましょうか。

 海岸沿いさ立つこのスタジアムさは、時よりカモメが飛び交っており、美しく見やすい観客席がずらりと並んでいっちゃ。<カモメが飛んだ、カモメが飛んだ~>  

 また、外野席の一部がオーブンテラスさなっていて、凄く雰囲気のいい席で観戦できるようであるっちゃ。


080615_1208~01 (2)


 ただ、外野席が少ないようさ思われます。その代わり内野席がやたら広いだない。

 そうこうしてっとうちさ、まもなく試合が開始されるようだあので、お伝えすっぺし。

 本日の先発ピッチャー発表されたおん。ロッテ、小林宏。阪神、

 ?<誰っちゃ>

 プロ初先発の鶴投手をたがいできた阪神。余裕んだがらいね。 

 さていよいよプレイボールだあ。 

初回、阪神打線は、あっけねえべや三者凡退。小林宏投手どうやら調子ええみたいだあ。ロッテのユニフォームカッコいいだない。 

 んで、その裏のロッテ打線は、西岡がいきなりヒットで出塁。その後、出てくるバッターさ打たれる打たれっちゃ。鶴投手ストライクが先行しね苦しいピッチングだあ。

 結局、1四球を含む5連打で、1アウトも取れず、6失点で降板。こっだ試合そうありねねえ。

 さらさ、二回さもロッテは1点を入れて、一方的な展開の様相を呈してきたおん。

 その後、三回表さ阪神は、2アウト満塁のチャンスが訪れたおんが、好機をいかせねだったい。

 ここで癒しタイム。 

080615_1601~01


 気持ちがほぐれたよ~。

 そして、六回ノーアウト二、三塁から兄貴金本犠飛なんかでやっと3点を返したっちゃや。

その喜びたがぐかの間、その裏四番さ入った大松2点タイムリーでまた突き放させっちゃ。 

 やあ、今日は阪神タイガースさとって厳しい展開だあ。

 さあ、ラッキー7の攻撃が近づいてきたおん。

 阪神名物六甲おろしと風船があがるっちゃ。




やっぱ野球観戦は、ドーム以外さ限るっちゃね。

 風船も上げられるし、季節感、開放感を味わえるのは実さ自然でいい。ほら、天まで飛んでけ!

 ほだな熱い声援も届かず、七回の攻撃はあっけなく終わったっちゃや。

 だげっとであっちゃ。

 八回裏、頼れる兄貴が特大の2ランを放ったっちゃや。

 レフトスタンドが盛り上がってきたっちゃや。その後も攻撃は続き、代打葛城がなんとこいずまたボヘミアーン2ラン。もうヤバイだあ。こいずで、9対7。いよいよ2点差さまで詰め寄ったっちゃや。その後、2アウト満塁新井

 がだげっと、空振りの三振。クワ~~ 

 あと、一歩とかだるとごだったい。

 阪神はピッチャーをつないでつないでこごまで頑張ってきたおんが、いよいよ最終回さなるっちゃ。

 080615_1215~01


先頭打者は兄貴金本。放った打球は右中間を抜けて、2塁打さ。 

 さあ、うっしょのチャンスだあ。イケッッ!

 続く新井ヒットで出て、もうヤバイ展開であるっちゃ。

 その後、鳥谷が出てきたおん。

 おっと、打球が一二塁間を抜けたっちゃや。金本ホームイン。いよいよ一点差だあ。

 なおもランナーノーアウト1・3塁。
 
 んで、こごで先ほどホームランを放った葛城が登場。

 だげっとであっちゃ。このチャンスさ大きな空振りの三振

 さあ、矢野の登場だあ。

 ストレートを捉えた当たりは、センター深く飛び、見事犠牲フライ

 とうとうやりたおん。同点だあ。イエエエエエエイ! 



 相棒の安部ちゃんがちょっと映ってしまったよん。

 序盤の7点差から想像たがぐがい展開さなってきたおん。この回、阪神は同点どまりとなり、9回裏のロッテの攻撃さなるっちゃ。

 阪神は、ピッチャーを渡辺さ代え、簡単さ2アウトまできたおん。

 このままだと、延長だっちゃうべや。 

 だげっと、次の打者をフォアボールで出してしまったっちゃや。ヤバイ!

 んで、代打ズレーターが登場。ダイエーさいたあいずは、今はロッテさいっちゃ。

 そのあいずがやっちゃいだおん。マジーーーーーー

 右中間を抜けるんでないタイムリー。 

 延長を予想してだレフトスタンドが一瞬さしてお通夜さなったい。 

 やあ、そいづさしても凄い試合だったい。

 一時は、一方的な展開となったいが、阪神の後半の追い上げで、面白くなったい。
 
 サッカーもいいけど、やっぱ野球もおもしぇえだない。

 今日は、凄まじい打撃戦さなり、がりお客つぁんは満あすしたがらはないだべんかね。
んでは、この辺でかなり私的な中継を終わります。ダルムッシュだったい」




 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 
 
人気ブログランキングへ
06.16 (Mon) 17:09 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
 
 「こんばんは。統括部長フッキーです。 

 梅雨の代名詞であるアジサイが美しいですね。 

 純白や紫や薄桃色など、界隈に立ち並ぶ商店の一角でひとときの安らぎを感じる。

 そんな軒先を歩いていると、歩行先に運搬車が立ち往生していたのです。 

 狭い道の左右に整然と並ぶ自転車を避けきれない。その間にも、通りを行き交う人々は、不審の目を向けながら車両の脇を通過していくばかり。

 オイラは、少しムカッときました。 

 乗車ならまだしも、運搬車だからどうしてもこの道を通らなければならないだろう。

 それなのに、自転車の並びに問題があるにしろ、誰一人と戸惑っている運転手を見ていない。  

 オイラは、通行の妨げになっている自転車を並び替え、車両が通れるスペースを確保してあげた。

 通りすがり際、運転手は感謝の言葉を告げ、ゆっくりとアクセルを吹かしていった。 

 首都圏に住んでいると、よく思うことがあります。 

 ヒトの行動に対して、無関心で、気に留めないヒトが多いということ。

 わかりやすいのは、電車の中の座席優先。 

 以前住んでいた街に比べ、断然年長者に対して席をゆずるシーンを見なくなった。

 確かに、年長者があまり乗っていないこともあろうが、それでも稀にそのような状況を見かけるが、皆無視を貫く光景を見かけることが多い。

 例えば、韓国では、若者は年長者を敬う習慣がある。 

地下鉄に乗るとびっくりするほど、若者は我先にとお年寄りに席をゆずる。

 これは、儒教の教えを今も色濃く教えられている国の一種の道徳思想だろう。 

 こういった伝統は、かつて日本にも伝えられたと思うのだが、だんだん道徳観が崩れていく日本に不安を感じるオイラでありますが、みなさんいかがお過ごしですか?

 さて、前置きが長くなりましたが、今日は号外です。

 日付け変って、本日は『父の日』であります。 

 昨年、オイラはオヤジに浴衣をプレゼントしました。 

 それでは、今年はと言うとこちらです。




080610_1704~01


下駄であります。 

オイラのオヤジは、浴衣姿がよく似合う。

夏場になると、やたら着ていたので今もその姿が瞼の裏にこびりついているほどだ。よって、下駄を選びました。

昨年だが、オイラが知る限りでは、親父の入院姿を始めて見ることになった。 

いつも会っていると気付かないことが、久しぶりに会うとその時間の経過を目の当たりにし、ハッとするときがある。

いつまでも若いと思っていても、時間は少しずつ経過していく。

若作りしていたオヤジも、もちろん例外ではない。

感謝は、それをしすぎることはない。 生まれて来た喜び。そして、生きている幸せ。

 それを与えてくれた人に深く感謝いたしましょう。こんな親不孝の子供から――」



 
 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 
 
人気ブログランキングへ
06.15 (Sun) 00:11 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
 「みなさんこんにちわ。
 統括部長フッキーです。 

 
 やあ、ユーロ面白いですね。 

 ドイツイタリアフランスまでもが、苦しい戦いを強いられているけど、特にイタリアはもう崖っぷちですよね。

 しかし、オランダ強いね。 

 私、実はオランダを一押ししていたんですが、それが見事的中していてすごく嬉しいんですよ。

 オランダの一戦目のイタリア戦の二点目見ました?

 ベッカムの背番号23を受け継いだ現在レアルマドリード所属のスナイデルさんの狭いところからのシュート。

 たまげましたよ。 

 ますます白熱するユーロ2008。見逃せない試合が続きます。

 さて、本日は、 『ムッシュのヒツジーランド奮闘記』第四話になります。

 強面の男の住む家でのインターン生活がいよいよスタート。そして、いよいよ学校が始まります。それではどうぞ」



 ★ 第四話 『初登校』

 翌朝7時に起床。朝の挨拶がどこかぎこちない。少し緊張気味のようだ。<さあいよいよ学校や。いったいどんなところで、どんな生徒達が待ち受けてるんやろ。楽しみやなあ> 

 ホストマザーとともに、軽い朝食を済ませていざ出陣! 

 今のところ、不安よりも期待のほうが勝っている感じだ。

 ここクライストチャーチは、ニュージーランドの南島の最大都市。“庭園の町”と称されるだけあり、緑に街が溶け込んでいる。 

 DSCF0047.jpg



 その緑豊かな木々の間を縫いように赤バンは町を走り抜け、中心部に向かう。そして、15分後、目的地に到着した。 

 黒茶色の大きな木材に囲まれた校舎が、校門を通り抜けると全貌を明らかにした。

 中央に本館らしき建物があり、その右手前には、事務所らしき建物が見えた。

 そして、本館の左手に外壁を白色に塗られたこじんまりした別館がある。さらに、その手前には、黒々と塗られた小さな小屋がぽつんと立っていた。 

 日本で言う幼稚園と保育園を兼ね備えた感のある趣だ。<ちっちゃいなあ。予想してたんと違うな。中央の建物は校舎っぽいけど、左前にある掘っ立て小屋みたいなんは何やろ?トーテンポールみたいなんがあるけど…> 

 ここが、今日から勤務するテクラコツク校である。

 赤バンを降車した我々は、外壁が白に塗られた木造建築の建物に入ろうとしていた。 

 空色に塗られた屋根の目立つこの平屋の窓には、優しい肌色のカーテンが引かれていた。<ここが教室かな。まだ静かやから、子供達はいてへんな。さあ、来たら何て挨拶しよかなあ>

 いろいろと頭のなかで言葉が入り乱れる。さらに、教室内を汲まなく詮索し、どこをみても室内に映る文字が、アルファベットだらけだと確認する。<やっぱりなあ。当たり前やけど。とうとうこの瞬間が来たなあ> 

 そして、2・30分もすると舎外が騒々しくなってきた。<来た来た> 

 子供達数人が教室内になだれ込んで来た。 

 「ハーイ!グットモーニング!」 

 「……」<返事あらへんやんけ> 

 「ハーイ。アイム テツヤ。ナイス トゥ ミー チュー」 

 「……」<どないなってんねん> 

 どうも子供達の表情から察するには、驚きのあまり声が出ないようだ。後から聴いたが、自分が今日から出向くことをどうやら知らされていなかったそうだ。 

 この室内にいきなりアジア人がいることにさぞかし打っ魂消(たまげ)たことだろう。<彼らにとっては、寝耳に水でやからね> 

 やがて、全員が集まったところで、あらためて挨拶。<しかし、生徒の年齢層がバラバラやで。下はどうも4・5歳から上は小学4・5年ぐらいと違うかなあ。> 

 「え~、はじめまして。テツヤと言います。日本の名古屋からきました。今日から皆さんといっしょに日本について勉強していきますので、どうぞよろしくね」 

 “パチッパチッパチッ”<おー、まずまずの反応やなあ。こちらは、意外に緊張してないし、英語の方が挨拶しやすいかもなあ。少しぐらい発音悪くても、ノリでOKやろ> 

 そそくさと自己紹介を終えると、我々は、黒塗りの掘っ立て小屋に向かった。<ここで、何が始まるんやろ>

 その入り口をくぐると、いきなり祭壇が目に飛び込んできた。どうやらここは教会室のようだ。 

 薄暗い室内に規則正しく並べられた椅子に座ると、やがて正面の祭壇に何処からとも無く恰幅のいい初老が登場してきた。<誰やねん> 

 やがて、民族衣装みたいなものを身にまとった彼が、挨拶をはじめた。<さぞ、偉いヒトに違いないな> 

 「?????~~~」 

<どこの言葉をしゃべってんねん。意味わからへんやん>

 その後、彼は英語で喋りだした。 

 先ほどは、現地の母国語であるマオリ語だと後で教えてもらった。 

 彼は、マオリ語と英語で話していたのだ。どうやらその中で、私を紹介してくれていたのだそうだ。<マオリ語なんかしらんよ>

 その後、何故か合掌が始まった。 

 「チャーラアー、チャララアー、チャーチャ、チャーチャ、……」<何、これもマオリ語かよ。意味がぜんぜんわからへんけど、これアメージング・グレイスやから、真似して適当に歌おう> 

 カラオケ好きのオイラにとっては、メロディーだけで、充分乗れるのだ。 

 その後、我々は三曲ほど歌い終え、朝の集会は閉幕した。

 子供たちが、部屋を出て行く一方で、壇上にいた老人が近づいてきた。 

 「ハイ!テツヤ。私はキウィーの叔父です。よろしく」<マジかよ>

 「どうもです」

 彼は、おもむろにオイラの目の前に鼻を突き出してきた。 

 オイラも同じように鼻を突き出して彼の応対に答えてみた。<ここででたな>

 これで皆の仲間入りになったような安堵感を抱いた。 

 「こちらこそ」<マジかよ、びっくりするやん>

 その後、我々は自由時間となった。 


 DSCF0015.jpg


 さっそくオイラは、子供たちと裏の庭に出て、かけっこに興じた。 

 晴天の空の下、名も知らぬ子供たちに何度も何度も走らされ、あまりの疲れのためにめまいを起こし、しまいには倒れこんでしまった。<ちょっとはしゃぎ過ぎたなあ>

 実を言うと、まだ体が慣れていないのか、体調が良くない。2時間ほどの休みがあっという間に過ぎていった。 

 その後、昼から家に帰り、残りの疲れを取るため、睡眠に没頭した。<早く体調を戻さなあかんわ>
オイラが目を醒めたころ、時計の針は5時を過ぎていた。  

 すでにホストマザーも帰宅しており、夕飯の準備をしている様子だった。

 今日の献立は、昨日の夕食を少しアレンジした料理を支給された。

 食事を終えると、9時ごろには、床に臥してしまった。<やっぱ体がこの環境にまだ順応していないのかなあ。早く直さねば…。> 


 「本日はいかがでしたか?フッキーです。 

 さあ、いよいよ学校がスタート。なかなかいい環境になりような気配ですが、どうやら社長体調がよくないようですね。さあ、これからどうなるんでしょうかね。

 さて、今日は今回のお話で出てきました曲をお送りします。

 そう、『アメージング・グレイス』ですね。

 無神教者の多い日本では、これまでそんな有名でなかったこの曲を一人の日本人女性の活躍で大多数の方が耳にすることとなったのでしょう。

 それでは、ごゆるりと…」

 この美声に感謝しよう


 

 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
 
ブログランキングへはこちら

06.14 (Sat) 14:25 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
 
 「こんばんは
 統括部長フッキーです。 

 梅雨のまっただ中に、アキバでは大きな事件が起こってしまいましたね。 

 オイラはアキバが苦手なのでほとんど行かないのですが、歩行者天国の週末に犯行に及んだと、武器購入とか、かなり綿密な殺意があった証拠でしょう。

 こんな前代未聞の犯罪者にも精神鑑定が行われると言う。 

 何でも犯罪者には、精神鑑定、精神鑑定って、こんな犯罪者に人権があることに疑問を抱く昨今、みなさんいかがお過ごしですか。

 さて、話は変わって本日は、女性のデリケートなお話です。 

 女性は男性と違って、美しさに対して、今流行の羞恥心でなく、執着心があることでしょう。

 綺麗になりたい、可愛くなりたい、希望は果てることなく続く女性としての存在。

 今回、とあるクライアントさんへのプレゼントとしても役立てていただければとも思います。

 本日は、生活文化部まことちゃんにお願いいたします。それでは、ごゆっくりどうぞ」




 「どうも、まことちゃんじゃ。 

 今日は、知っておきたい女性の魅力のお話じゃが、特別講師としてゲストに来ていただいております。それでは、紹介いたします。高輪に住むマダムベアールさんです」


 
 「どうも、お久しぶりです。マダム・ベアールざます。  

 本日は、とっておきの女性のお話を紹介いたします。 

 何故、私かって言うとですね、実は私モデル事務所を経営しているざますの。 

 おもに、パリ・コレとかのファッションモデルたちを輩出しているところなんですが、いろいろな女性を見てきているので、それなりに参考になるかなって感じです。

 今こんないろんなヒトを見る仕事をしてるんですけど、今振り返ると、これは小学生の時から少し意識してるんじゃないかな。 

 確か、三年生か四年生だと思うんですが、終業式まじかの時、クラスでちょっとした手紙のやり取りがあったんです。 

 来月からクラスが変るからって、先生がクラス内で無記名で手紙のやり取りをする授業があったのよ。

 それで、私は二枚届いたですけど、その一枚に凄いのがあったの。  

 10行もなかったと思うんだけど、文面の中で印象だったのがこれ。

 『00ちゃんは、よくヒトを見ている』  

 小学生だよ!

 コレを見たときには、もう私びっくり。 

 当時誰かと想像したけど、皆目わからなかった。でも、文面からして異性であるのはわかった気がする。

 それからと言うものの、私は、この文章に轢かれ、国語の出来るヒトに憧れ、文科系まっしぐらってわけ。 

 ちょっと長くなったけど、そろそろ本題に入りましょうかね。それでは、よろしくね。



 男性も女性も外見上美しいに超したことはないわよね。 

 特に女性は、贔屓目に見られるし、いろいろな面で役立つことも多いだろう。

 そんな中、最近の男性の女性に対するアンケートでこんな変化が見えてきた。

 『女性の何を見て美しいと思うか?』

 一昔前は、1位に、2位に体全体、3位にとなっていたが、最近は、2位に胸となり、3位に表情が入ってきたという。 

 感情表現を素直に表現する女性が魅力的に見えてきたということだろう。 

 と言うことは、美人の条件と心理的、精神的な内側の部分も考えることになったのかな。

 人間生きていれば、いろいろな出来事に出くわし、喜怒哀楽を表現する。 

 その時の気持ちを表す表情の豊かさが受けるのだろうが、その中でもやはり大切なのが、笑顔だと思う。 

 笑顔にもいろいろあるけど、重要なのは、目が笑っているかどうかだ。

 目が優しく、嬉しく、かつ輝いている と不思議なことに、周りの空気も変えてしまう。

 しかし、どんなに愛想笑いを浮かべても、目を見ればわかる人にはわかる。

 表情のないヒトは、目が笑っていなかったり、目で怒っていないなど、目に偽りを生じている。

 明るい表情や冷たい表情であれ、真摯に表情を表現することは、ヒトに媚びがなく、ヒトの心を大きく打つのではないのかな。 

 結局、表情のあるヒトとは、目に心を持っていると言うことだろう。 

 単なる美人だけだと、いつどこでも同じような、いわゆる“表情のない顔”に見えてしまうということではないだろうか。

それでは、どうすれば表情豊かな女性になれるか。

 答えは簡単。いろんな事を見て、聞いて、読んで、味わうなど五感を刺激すること。さらに、いろんなヒトと出会い、話し、ヒトを見る目を養うこと。

 また、自分自身に限界をひかず、常に好奇心の目を向けること。そして、それらの経験が蓄積され、一人の人間の人格形成に大きな影響を与えるということでしょうね。

 世の中にこんな言葉がある。

 『才色兼備』 『美人薄命』 

 どちらも美人を対象にした有名な言葉であるが、どちらを見かける機会が多いかな?

 答えは、だいたい想像つきますよね。

 美人は、最初からプラスイメージで見られるから、結構後が大変だろう。しかも、美しさは正直永遠ではないから、見た目の美しさの代わりに何を持って自分の美しさを保持するのか。

 意外と、美人も大変なのかもしれませんね。

 それでは、本日はこの辺でマダム・ベアールでした。

 おっと、最後に私からプレゼントです。 

 素敵な目を持つ女性を紹介します。よく見てください。携帯の方はごめんなさい。

 それでは、ご覧ください。オルボアール!」

魅力的なアジアの歌姫


 

 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
 
ブログランキングへはこちら




06.12 (Thu) 00:39 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
 「みなさん、こんばんは。

 統括部長フッキーです。 

  いやあ、今日は、政界において市場初の出来事が起こりました。これは、ニュースです。

 それでは、政治部たこ三宅さんからお願いします。それではどうぞ」




 「どうも、たこ三宅じゃ。  

 ねじれ国会という事態が続く政界で本日大きな決議案が可決されましたな。

 それでは、わかりやすくお話していきたいと思います。

 本日、参議院において、現首相に対しての問責決議案が可決された。

 この問責決議案じゃが、これは内閣総理大臣(首相)やそれぞれの国務大臣について、不適任だと判断したときに、参議院で決議される法案のことじゃ。

 首相としては、戦後初の事態なのじゃ。

 日本の国会では、参議院には、内閣不信任案決議権がない。その代わり、問責決議によって政権の政治責任を問うものである。

 ただ、内閣不信任決議と異なり、法的な拘束はないんじゃ

 責任者“失格”と言うレッテルを張られ、“屈辱”を味わうわけ。 

 この決議案が可決することで、問責された閣僚等が出席する国会において、野党議員はこの決議があるからと言って、参議院委員会において、審議拒否などの行動をとることが予想される。 

 もし、全員が欠席となると、審議が混乱し、内閣総辞職、解散に追い込まれると言うわけである。

 しかし、映像見ました?ふてくされたあののびた君の表情。 

 その後の、記者の質問では、瞬きばかりで、動揺が隠せていなかった。 

 ここまで、党内ではいつも談合で決める次期首相候補がまとまらない為に延命治療を行われてきたわけだが、どこまで引っ張るつもりなのでしょうかね。 

 今のまま解散すれば、自分党は敗北するだろう。

 しかし、起死回生はまだあります。 

 衆議院での内閣信任決議案じゃ。

 追い込まれた自分党が、反対に多数の議席を持つ衆議院内で内閣を支持する法案を可決する選択がある。

 そうなると、追い込まれていた現政権がさらに延命を続けてしまうのじゃ。

 まあ、民衆党も衆議院での内閣不信任決議を提出することもできたが、まあ否決されるのは間違いないので、参議院での問責決議案を選択したというわけだ。

 この後は、民衆党がどこまで審議拒否し続けられるかがポイントである。あまり長引くと、国民に対して、イメージを悪くしてしまう恐れがあるからだ。 

 その辺りを自分党はさまざまなマスゴミを利用してアピールすると予想されますね。 

 至上最悪の辞職をした前首相がいたけど、のびた君はいつどのように退陣するのかな?前よりはましな辞め方を選んでほしいのじゃがな。

 人生引き際が大事とか、終わりよければ全てよし、と言うけれど、ほんと教訓を得ていない大人がたくさんいる。みっともないったらありゃしない。

 そんな人たちには、星野さんが阪神の監督を辞めた時のビデオでも見てもらいたいのう。 

 今日は以上です。たこ三宅でした」


 「はいどうも、フッキーの再登場です。今日はどうでしたか。

 やあ、のびたさん苦しそうですね。なんか回りも冷たそうで少し可愛そうに見えてきますねえ。

 そんな老人がいる一方で元気なおじいちゃんもいます。

 今日は、そんなヒトを紹介します。

 あまり知らないと思うので説明しますね。

 何年か前に映画『ブエナビスタソシアルクラブ』というのが流行りました。

 これは、キューバ音楽を紹介する作品なのですが、その中で活躍しているお一人です。みなさん、踊ってくださいね。

 それでは、本日もありがとうございました」
 
 これがイブラヒムおじいちゃんだ!


 

 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
 
ブログランキングへはこちら


06.11 (Wed) 22:14 [ 未分類 ] CM1. TB0. TOP▲
 「みなさんこんばんは。
 統括部長フッキーです。 

 
 さて、本日は、 『ムッシュのヒツジーランド奮闘記』第三話になります。

 強面の男の住む家でのインターン生活がいよいよスタート。さあ、どんな生活が待っているのでしょうか。それでは、はじまります」



 ★ 第三話 『熱い暑い一日』

 オイラは、翌朝9時に跳ね起き、疑惑の息子、ダニエルドライブに出かけることとなった。 

 彼は、昨晩の登場時のイメージとは違い、意外にも穏やかな性格で、正直見た目とぜんぜん違う。

 どちらかと言うと、おとなしく、神経質のように見える。<ひとまず安心安心> 

 さて、澄み渡った晩夏の青空の下、彼の愛車真っ赤なプレリュードは、かなり古い車両にもかかわらず、快調な走りをみせる。<結構な走りでござるなあ。しかし、この家族は赤色が好きなんかなあ。オイラもやけど・・・> 

 日本では、とっくに廃車に見舞われてもおかしくないほどの年代物でも、ちゃんと整備さえすれば、継続が可能であることを証明している。日本の技術レベルの高さを垣間見るのである。<これからどこ行くのやろか。聴かんとこ> 

 彼の赤車は、どうやら市内中心部に向かっている模様。少しずつではあるが、車が列を帯びだし、やがて辺りが喧騒を帯びてきた。 

 そうこうしているうちに、幹線道路らしき大通りに出ると、たくさんの車がひしめく路肩の一角に車は止まった。その歩道の向こうには、日本でもおなじみの自動車ディーラーがあった。

 まず最初に、色とりどりのボンネットに化粧された中古車を拝見することとなった。 

 店構えはと言うと、日本とほとんど変わらない様相を呈していた。縦横無尽に並べられたそれらのほとんどが、お馴染みの日本車であり、弱冠日本と比較して安いようだ。

 彼が話すには、ここニュージーでは、どうも日本の中古車が支流のようで、人気も高いと言う。

 しかしやたらと、ダニエルは日本車を誉め、よく見るように促す。
    
 日本人であるオイラにとっては、日本車を誉めてくれるのはすごく嬉しい。しかし、車内を覗いても珍しくも何ともないのが本音。<どう答えてええんかわからんわ>

 それはさておき、店舗の片隅に新車も取り扱っているようではあるが、こちらは、さほど日本の価格と変わらない。こちらの物価から察するといわゆる高級車になるのだろう。 

 鉄道網の発達していないここニュージーでは、バスや自家用車が主な交通手段となっている。よって、クルマを手に入れることは、生活の幅に大きく左右される。 

 その後も同じような中古車センターをニ・三件回った後、大きなスーパーマーケットに到着した。<もうクルマはいいよ。ここのほうが面白いはずや> 

 三百台は優に止められる駐車場から降り立ったわれわれは、入り口に配置されたカートを引いて店内に足を踏み入れた。<おお、やっと外国に来た感じや> 

 オイラは、彼の背中の向かう方向へと付いていった。 

 店内の右手にある一方通行になっているゲートを通過すると、まず色鮮やかな野菜・果物が目に飛び込んできた。

 それらは、見るからに陳列されているのではなく、積まれているといった方が正しいだろう。 

 まだらなその山々は、いろいろな形やさまざまな色で埋め尽くされている。配列の美しさなどお構いなしと見た。<これがほんとの不揃いのリンゴたちやなあ> 

 また、ほとんどの商品がキロ売り価格で表示されているため、即座にその価値が掴めない。<雑やけど、ダイナミックととらえようか> 

 視線が右往左往する中、ダニエルはと言うと、何やら書かれたメモ紙を片手に広げている。 

 そして、何食わぬ顔をして、籠にドッサリと商品を放り込んでくる。そのカートの中にある1キロ分のリンゴを買って初めてその安さに驚愕した。<キロ100円?むっちゃ安いやんけこれ> 

 「ダニエル、これこの値段?」

 「イエス!」 

 彼は満面の笑みで答える。 

 特に、果物の種類は多く、しかも新鮮そうだ。物珍しさに気をとられ、時より彼を見失いかけそうになる有様だ。<しかし、目移りするなあ>   

 その次に見えてきたのは、精肉・魚売り場である。

 ご存知の通り、ヒトよりもの多いこの島国。ラム肉・マトンなど面白いほど豊富に揃っている。 

 他にも牛肉・鶏肉などもかなりお値打ちでこれまたビックリ。もちろん、肉も果物と同様、キロ売りである。  

 ダニエルは、一羽の鶏を丸ごと放り込んでいた。<まるでクリスマス前の準備に取り掛かる光景やで> 

 物珍しさに興味津々のオイラの顔を見るたび、彼は微笑みかけてくる。
 
 やがて、鮮魚売り場を過ぎると、一方通行から開放され、惣菜や雑貨売り場が見えてくる。

 さまざまな商品が天井に届くほどまでに陳列されている店内は、食品のワンダーランド化し、充分に楽しめるスポットであると言えよう。<これなら二時間ぐらいつぶせるで。こんな気持ちになったのは、パリのスーパー以来やなあ>  

 まもなく、さまざまな商品で埋め尽くされたカートを引き、レジの清算に向かう。支払いは、どうやらカード。この国では、デビットカードが支流のようで、現金はほとんど持ち歩かないと言う。<大人の国やね> 

 その後、家に戻るのだが、ダニエルは、買い物の荷物を置くやいなや、またすぐに車に戻り出した。

 そして、待っていたかのようにホストマザーのキウィーも便乗し、オイラにも早く乗れと手で促す。<こんなに慌てて、どこ行くんやろ?>  

 やがて、車は10分もしないうちに、緑に包まれたとある運動場に辿り着いていた。 

 そのグラウンドでは、色とりどりのユニフォームを着飾った少年たちが、最上の悦楽であるかのように、楽しげに白球めがけて一喜一憂していた。 

 この隣にも球場があり、どうやら大きな大会が開催されている様相を呈している。

 意外なことにそのスポーツは、ソフトボールなのだ。 

 こちらでは、野球は皆無に近いが、ソフトボールは人気があると言う。

 他には、ご存知ラグビーとクリケット。それとヨットレースやバスケットボールが人気だと言う。  

 我々は、一塁側ベンチのすぐ後ろの芝生の上に腰を下ろし、持参してきた昼食を取りながらとあるゲームを観戦した。 

 彼らの様子を見ていると、贅沢と思えるほどだだっ広いグラウンド上のマウンドに、どうやら彼らが知る顔がいるようだ。 

 しかし炎天下の中、子供たちは日に焼けた肌を露にしているが、こちらはたまったもんじゃない。とにかく日差しが強く、肌がヤケドしそうなほどなのだ。<これ痛いよ> 

 ホストマザーが言うには、どうやらニュージーの紫外線は、日本の5~8倍はあるそうだ。

 そして、白人は特に肌が弱く、シミになりやすいと言う。どうりで、そばかすの多い外国女性をテレビや映画でみるわけなのだ。 

 さて、観戦に戻ろう。先ほどマウンドに立っていた一人の少年が、今度はバッターボックスに立っていた。 

 そして、見事大きな当たりを飛ばし、ランナーを還していた。

 ふと、一人の中年女性が我々の前に姿を見せた。

 そして、キウィーとダニエルに鼻と鼻を合わせた心情的とも思える挨拶を交わすではないか。これがいわゆるホンギという独特の挨拶方法である。  

 そしていよいよ彼女がオイラの方に近づいてきた。 
 
 「こんにちは、はじめまして」 

 「こんにちは」

 オイラは、彼女から握手を求められ、右手を差し出した。彼女はすぐさまキウィーの方に向き直り、話に興じた。<焦った~、でも、ホンギではなかったなあ>

 まもなく、試合が終了し、その後表彰式が行われた。 

 その中で、先ほどの彼は、何と最優秀賞選手賞を獲得した。オイラを除いた我々一行は、なぜか大はしゃぎで喜んでいる。<何でやろ>

 「ダニエル。キウィーと話している女性は誰なの?どうも先ほどから見ていると、彼は彼女の息子ののようだけど」

 「おう!シー イズ マイ シスター

 「エッ、お姉さん?」

 「イエス」<もっと早よゆうてや>

 と言うことは、キウィーにとって、少年は孫であるわけだ。<なるほどねえ>

 表彰式を終えた彼が、我々の元に現れると、トロフィーをかざし破顔一笑した。 

 一段落した後、我々は姉家族とともに我が家に戻り、会食の始まり始まり。<少し前に昼食食べたばっかやん。お腹すいてないよ。しかもまだ5時やで>

 仕方なく食卓につくと、珍しい料理がテーブルに並んでいた。 

 食事メニューは、鶏肉、ジャガイモ、さつまいも、パンプキンの蒸し物セット。出ましたマオリ族の伝統料理のハンギである。 

 ハンギと言えば、先住民族であるマオリ族から伝えられている家庭料理。今では、お祝い時に食され料理だと言う。 

 オイラは、意外にも孫息子と会話も弾んだりし、楽しい会食の時間があっという間に過ぎていった感じだった。 

 今晩は、明日のために9時に寝ることにした。いよいよ学校が始まるのだ。<しかし、なんか体が痛いなあ> 

 どうやら、ソフトボールの試合中に、やはり日焼けをしていたのだ。 

 うわさ通り紫外線が強かったが、風は冷たく感じたのであった。<さあ、明日から楽しみやなあ。ほな、寝よ> 



 

 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
 
ブログランキングへはこちら





06.10 (Tue) 03:22 [ 未分類 ] CM2. TB0. TOP▲
 「みなさん、こんばんは。

 統括部長フッキーです。 

  いやあ、今日は、久々に日差しもときより出て、よい週末になった方も多いのでは・・・。 

 さて、本日は浪速の改革の話であります。 

 いろいろと問題の多い大阪の政局。さあ、新人の船出はいかにって感じですな。 

 それでは、政治部たこ三宅さんからお願いします。それではどうぞ」




 「どうも、たこ焼き、いや、たこ三宅じゃ。  

 今日は、大阪の話をしたいと思うんじゃが、知事ばかりでなく、大阪市長も新しくなった大阪では、新たか改革が始まった。

 厳しい財政を強いられている大阪の大きな変化はあるのか。できれば、天高く昇るタコのように、街が上昇気流に乗って羽ばたいてもらいたいもんじゃのう。 

 さて、それでは始めるとするか。

 大阪府の財政再建に向けた「大阪維新プログラム案」の最終案が5日に決定したのじゃ。 

 改革プロジェクトチームの試案(PT案)で示された市町村への補助金削減額の縮小や障害者らを対象にした医療費削減の先送りなどが決まり、PT案に反発していた首長らからは一定の評価の声が上がった。 

 今年度で事業費320億円、人件費345億円の計665億円の歳出を削減。府有財産売却などで435億円の歳入を確保することで、当初方針通り、総額1100億円の収支改善を図るそうじゃ。

 さあ、この内容を見ていこう。 

 まずは、人件費の削減

 人件費は一般職で退職金5%平均給与12%の削減を図る。

 これは、行政機関に就職した大卒の初任給を例にすると、17万8000円から17万1000円。また、高校の校長さんだと、50万5000円から44万4000円となる。 

 役職のある方にとって12%はかなり大きいね。まだまだ、府議会には反対論があり、7月議会で議論になりことは間違いないだろう。

 民間に勤めている人間にとっては、まあ当たり前の措置だと思うだろう。リストラされないだけいいってね。

 でもね、経営者の立場になった人はわかるかもしれないが、必要経費の中で一番手をつけやすいのが人件費であろう。   

 まあ、従業員の目や仕事意欲の低下。また、仕事負担の増加やサービスの低下。さらに、売り上げの縮小が怖いが、それは割り切ってしまえば、労働組合の弱い日本なんかでは、意外とすんなりと進むものだと思う。

 かといって安易に人件費を下げると危険な場合もあろう。最近、会社は株主のものだという人たちが黒船に乗ってやってきているけど、日本人の思考ではやはり従業員あっての会社という意識が強いだろう。 

 その大切な従業員をいかに操るか、これが日本の会社のトップの人たちに求められる資質ではないじゃろうか。 

 さて、話を戻そう。

 削減の中で一番問題なのは、事業費320億円の内訳である。

 一般施策経費245億円建設事業費75億円を削除するんだけど、おもに削除されるのが、公共施設や福祉施設、そして、私学補助。   

 市町村への振興補助金は、今年度は継続し、来年度から交付金制度を創設。また、ガイドヘルパーや住宅改造など高齢者や障害者を地域で支援する諸事業も今年度は継続しますが、来年度から見直します。 

 この内容で、245億円が削除できるのか?

 そして、建設事業費。 

 安威川ダムや槇尾川ダムの建設、住宅開発の『箕面森町』 、阪神高速道路建設などのムダな開発は工事着工延期にとどめ、事業は継続すると言う。 

 75億円はどこからなの? 

 まあ、本人は、ダム工事はムダだと思っているのだろうけど、この部分は、まさに聖域だから最後まで手がつけられなかったのが本音だろう。 

 まあ、結局のところ、一番影響の小さい府民に痛みをもたらし、聖域と言われる中央までも巻き込む官庁がらみの問題は据え置きといった結果といえよう。 

 最初の一歩としては、人件費を削減したことだけでも、評価に値すると思うのだが、一番無駄な聖域部分に今後どう切り込むかという問題だ。 
 
 彼は、ご存知自分党推薦で立候補している。よって今後どうなるか。まあ、予想できそうなんですがねえ。

 しかし、先日の知事と府労連、府労組連との交渉は面白かったね。 

 定年を迎えるとある男性職員は、「退職金を見込んでマンションを2180万円で買った。後出しジャンケンと一緒。退職金のカットは懲罰的だ」
 こんなことをのたまふ。 

 また、とある財団法人の理事長は、府からの寄付金の返還を求められたとき、「これは財団の基本財産だ」と言う。

 それって“税金”じゃないか! 

 このように、いかにお役人さんたちが勘違いしているのか露呈されたのじゃ。もう、こやつらけしからん! 

 まあ、連日マスコミに出て「大阪財政再建」を叫ぶ知事を、過去「郵政改革」を叫んだペテン師、ライオン丸元首相と比べる人が多いけど、これは今のところ橋下氏に失礼じゃよ。 

 なんとか橋下氏には、ごまかしでなく、真っ向からいってもらいたいのじゃが、どうなることやら…。

 まあ、一番いいのは、兵庫や北海道では、すでに公務員の給料を削減しているところもあるが、全国的に財源の支出を思い切って改革する知事さんたちがたくさん登場することじゃな。

 生活が苦しい時は、支出を削減する。これって当たり前田のクラッカーなんじゃがなあ。 

 それでは、きょうはこの辺で、三宅じゃった。それでは…」


 「みなさん、今夜はどうでしたか?フッキーの再登場です。

 さあ、大阪が新たに生まれ変われるのか、大きな革命が実現するのか、と言うことで、本日のプレゼントは、革命についてであります。

 それでは、こちらをお聞きいただいてお別れです。それでは、今週もちばっていこう!」

 いつ聞いてもいい改革ソングはこちら

 


 

 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
 
ブログランキングへはこちら


06.09 (Mon) 02:42 [ 未分類 ] CM2. TB1. TOP▲
「みなさん、こんばんは
 統括部長フッキーです。 

 今日は見事暑くなりましたねえ。街を闊歩する人たち半袖で、良き週末を過ごしたことでしょうね。 

そうそう、植田ジャパンもやりましたね。ほんとおめでとうですわ。正直、男子はさほど期待していなかったのですが、嬉しい朗報ですね。 

 さて今日は、久々にダルムッシュの登場です。現役を終えても、夜は現役中のプレーボーイ記者の彼からご報告いただきましょう。それではみなさん、お楽しみくださいませ。
 運動部ダルムッシュさん、お願いいたします」




 「おばんでやす。ダルムッシュです。 

 今宵はサッカーのお話をするっちゃ。それでは、お楽しみください! 

 W杯以上さ質が高くおもしぇえと言われる4年さいっかいの欧州の頂点を決定するEURO2008大会がいよいよ始まるっちゃ。  

 今回は、オーストリア、スイスの共同開催で開幕すれ、両国の計8都市を舞台さ、29日の決勝戦まで、ワールドカップ(W杯)よりもハイレベルともいわれる白熱した戦いが繰り広げられっちゃ。 

 初日はグループAの2試合が行なわれ、開幕戦として共同ホスト国のスイスがチェコと対戦し、第2試合で前回準優勝のポルトガルがトルコの挑戦を受けっちゃ。

 クリスティアーノ・ロナウド、デコらスター選手が揃い、優勝候補とまなぐっこされるポルトガルがどんなスタートを切るのかさ注まなぐっこが集まっていっちゃ。

 んでは、各国を紹介します。 

 まずは、グループAからだあ。

 ポルトガル、スイス、チェコ、トルコ

 前大会準優勝のポルトガルがダントツの前評判を得ているが、他国がポルトガル包囲網を敷いてくるだっちゃうべや。 

 スイス、チェコ、トルコはいずれも確が実力を備えた強豪だけさ、決勝トーナメントさの行方は最終戦までたがぐれ込む激闘さなるかもしれねおん。 

 こごは、ポルトガルが崩れると、どの国も実力揃いなのや。んんだがらら、面白くなるかもしれね。


 続いて、グループB 

 ドイツ、クロアチア、オーストリア、ポーランド

 優勝候補の一角であるドイツ。バラックが調子いいみたいだあ。メンバーも先のワールドカップと同様完成度が高く、けっこう堅い戦で進んでいくのだっちゃだっちゃうか。

 このドイツの続くのが、クロアチアだおん。予選で本命のイングランドを下し、いま一番勢いがあるチームかもしれねおん。 

 若手とコバチなんかのベテランとの信頼関係も良好で、このバランスの取れたチームさも注まなぐっこしてみようべや。

 また、開催国のオーストリアは、戦力的さ厳しいと思われるが、地元旋風を巻起こしたいとごであっちゃ。

 続いて、グループC 

 イタリア、フランス、オランダ、ルーマニア

 このグループは、 『死のグループ』と言われっちゃ。

 歴代優勝国であるイタリア、フランス、オランダ、んで、くせ者の言われるルーマニアが入ってんばだのグループは、まささセミファイナルの様相を呈してっと。

 イタリア、フランスともワールドカップ当時のメンバーをベースとしながらも、若手をわんつか投入してっと。  

 スタミナ面さおいて心配はあるがなの、経験値ががり高いので順当さ行けば、この似チームだと思うべや。

 だげっと、オカマちゃんロッベンのオランダは、攻撃力のチーム。最前線のファン・ニステルローイを中心さ破壊力を見せることができるかがポイントだっちゃうべや。 

 んで、大穴といわれるルーマニア。スター選手は少ないがなの、個人のテクニックは卓越しており、攻守が上手くはまればおもしぇえ存在さなるかもしれねおん。


 最後は、グループD

 スペイン、ギリシャ、スウェーデン、ロシア

 グループDの本命はスペインだおん。 

 前回優勝のギリシャは、当時のメンバーが数いっぺの残り、守備面では期待できるが、攻撃面では、破壊力さ欠けるのは否めない。若手のFWさ期待がかかるだっちゃうべや。 

 また、長身集団スウェーデンは、エースのイブラヒモビッチが勝利の鍵を握っているとかだれようべや。

 んで、ロシアは、予選全試合さ出場してっとアルシャービン選手が、2試合の出場停止で欠くことがいだいようだおん。 

 戦力面で見れば、このグループは、2位争いが熾烈さなるかもしれね。


 さて、まもなくプレイーボール。いや、キックオフだあ。

 各グループから上位2チームが決勝のトーナメントさ進むことができっちゃ。

 前大会のような波乱があるのか、みなつぁん注まなぐっこすっぺし。

 今日は以上だあ。ヒップがセクシーなダルムッシュだったい」


 「はい、フッキーの再登場です。
 みなさん本日はいかがでしたか?
 EURO大会、ワールドカップ同様、ほんと面白いんですよね。

 さて、本日はスポーツのお話なので、スポーツ好きのミュージシャンからお届けしましょう。

 今日は、ビリー・ジョエルさんです。

 彼は、ご存知アルバムのジャケ写に使うほどのヤンキースファンの一人です。 

 彼の曲はもう山ほどありますが、今日は、その中から隠れた名曲を紹介します。

 93年リリースのアルバム「リヴァー・オブ・ドリームス」からこの曲です。それでは、お楽しみください。おっと、携帯の方いつもいつもすいません。早くシステム変るといいですね。それまで、我慢してください。

 それでは、この辺で、フッキーでした」 

 隠れた名曲ですぞ。


 

 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
 
ブログランキングへはこちら



06.08 (Sun) 02:22 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲

「みなさん、こんばんは
 統括部長フッキーです。 

 いよいよ本格的な雨の季節でなかなか外に出たくない人も多いと思いますが、つかの間の晴れ間の存在がいかに大切か、これはもしかすると、地球からのメッセージかもしれませんよ。   

 さて今日は、久々のまことちゃん『ぷらっと日記』のコーナーになります。今回は、東池袋です。それではみなさん、お楽しみくださいませ。
 生活文化部のまことちゃん、お願いいたします」




 「どうもこんばんは、まことちゃんじゃ。 

 梅雨が始まったこの時期、ちぃと日差しが顔を覗かせた日、カメラを抱えて、ぷらっとホームに向かったんじゃ。 

 池袋の大きなホームから中央東口を出ると、そこは明治通り。(今日、意外に熱いなあ)


 080527_1349~01 (2)


 横断歩道を渡り、向かいの繁華街に紛れ込む。まずは、南池袋のパーク街から攻めてみよう。 

 このパーク街は、別名ラーメン街ゆぅてよいほど、名店が軒を連ねとる。その中でも、このエリア発祥の名店ゆぅたら、やっぱし屯ちん池袋本店。 


 080527_1414~01



 通りからちぃと入った所の店先にゃぁ、見事えっとの人が列をなしょぉったんじゃ。

 次郎一風堂大勝軒やらの名店がこの狭いエリアの中に固まっとるなぁ、激戦エリアを物語っとるようじゃ。 

 ほぃじゃが、ラーメン店ばかりでなぁんじゃぁ。(ヤバイよヤバイよ)

 『丸亀製麺』『六花そば』やら、うどん・そば屋も多い。この通り名前変えて、メリケン街にするなぁどうじゃろうねぇ。


 080527_1432~01
 

 さて、パーク街の由来の公園に行くとするんか。

 南池袋公園は、東口エリアじゃぁ、一番大きな公園。 

 高木に囲まれながらも、明るい日差しが差し込む公園の敷地内に入ると、植木市をやっとるようで、年配者が辺りを徘徊して姿が目立つ。 

 公園の中央に目をやると、大きな噴水があるじゃぁないか。(ええのえ)

 疲れを癒すサラリーマンや、暇そうにイヤホン付けて音楽を聴いとる学生風の男。ほいでね、乳おかん車を横におしゃべりする主婦達や友達と群れあう小学生。さらに、遠くを見つめた帽子を被ったおじいちゃんやら、さまざまなひとらがひとときの安らぎに身を預けとるようじゃ。 

 ほいでね、この公園にゃぁ、遊具が設置されとるほかにも、南側の一角にゃぁ、ネットに囲まれたキャッチボール場があり、大学生らしき一団が大声を発しょぉったんじゃ。 

 この公園は、都会の喧騒の片隅に存在するけぇねー、かなり落ち着ける存在じゃぁないんかねぇ。

 さて、お次は、やっぱし池袋ゆぅたら、やっぱサンシャインじゃろ。(お上りさんじゃ)

 
080527_1535~01


 東口の正面を真っすぐに伸びるグリーン通りにぶつかると、緑の木々が贅沢なほどの生い茂り、美しい並木道を形成しとる。見事、清々しさを演出しとるんじゃ。 

 この通りを北に入ると、この東口の人気エリアサンシャイン60通りに通じとる。

 えっとの人達がサンシャイン方面に向けて歩いとる中、同じ波に乗っていくと、まもないサンシャインに到着。(ワッ!  『バーガーキング』 ある!久々に見るなあ) 

 ほぃじゃがなんじゃ~。地下から入ったわけじゃが、エレベーター乗り場が皆目わからなぁんじゃぁ。

 ちこぉんお店の人に聴いてってみると、とあるところに乗り場があったんじゃが、ちぃとやねこいような思えた。

 さて、ほいじゃぁ昇るんじゃよ。(人少な) 

 サンシャインは、小学生以来じゃけぇ…。

 さて、サンシャイン60の展望台に着ましたんじゃ。

 完成当時、東洋一の高さばかりでのぉてねぇ、エレベーター速度も世界一を誇ったこの建造物の展望台にゃぁ、閑古鳥が鳴いとったんじゃ。 

 まあ、平日ゆうこともあるんじゃろうか、観光客や学生の団体がちぃとゃぁいてもええんじゃゆぅて思うんじゃが、とにかく寂しい感じがする。

 ほぃじゃが、ここからの眺みゃぁいい。 

 サンシャイン60は、ビルの高さこそ都庁やらに抜かれとるけど、屋内としての展望台の高さじゃぁ都内一を保持しとるんじゃ。

 ウチは、しばらく四方を回っていくが、やっぱし新宿の副都心のある高層ビルが映る南面のガラスの前に人が集中しとる。 

 薄曇の様子を写す窓の正面に、大きな柱の塊が一群をなしょぉったんじゃ。 

 ちょうど、手前の中距離に、電車が走っとったんじゃ。都電荒川線なんじゃ~。この新旧を示すコントラストはなかなかいい。

 080527_1512~01


 さらに、眼下に目を向けると、豆粒んように人間が動いとる。まさに、アリんようにみえてしまう。 

 しばらく、展望台からの眺めを堪能し、その後、サンシャイン60通の繁華街に戻ったんじゃ。

 えっとの飲食店、雑貨店、CDショップやらのショップが並ぶこのエリアは、観光客を中心に喧騒に満ちとったんじゃ。

 そがぁなエリアをちぃと離れると、とてつもない異空間の穴場があるんじゃ~。ほいじゃぁ行ってむんじゃか。 

 ちょうど、60通の南、栄町通りに入ると、見えてきましたんじゃ。 『人世横丁』 じゃぁ。(渋い!)

 080527_1617~01


 080527_1619~01


 狭い通りに狭い酒場が密集しとるんじゃけぇねぇ。情緒に満ちた飲み屋はどれも個性的な店を演出しとり、趣があり、被写体としちゃぁ、最高におもろい。 
 
 その他にも渋い飲み屋街があるんじゃ。 『栄町通り』 に 『美久仁小路』 。 


 080527_1616~01


 まるで、個人宅に上がり込んで一杯引っ掛けにきた感じのお店は、昭和の匂いがプンプンしとる。 

 こがぁな懐かしさを残す大切なエリアに大きな問題があるんじゃ~。

 そう、再開発問題なんじゃ~。 

 このサンシャイン60通を中心とした東池袋一丁目は、大きな再開発を予定しとる。それに伴い、この地区も対象となっとるんじゃ。

 次世代に残して伝えるもんと、新たに開発して伝えるもん。この二つん選別がでけん人間。ってゆーよりも、愚かなお役人じゃろう。

 伝統と発展はいつ背中あわせじゃ。

 確かにこりゃぁいたしぃ問題じゃぁあるかゆぅて思うが、そのエリアの特徴を残す文化財みとぉなもなぁ、後世まで存続させることで、大きな観光資源にもなる可能性を秘めとるかもしれんのじゃ。

 を乗るとわかるゆぅて思うが、現在、東京京都名古屋以外で、印象に残る車窓の風景の街がどれだけあるじゃろうか?  

 日本全国の町が、個性を削り取られ、同じ店舗が並び、同じ雰囲気がする街ばかりになっていく。代わり映えのせん、まさに千編一律の街づくりなんじゃ~。 

 まあ、開発をすることで、工事が受注できる。工事の仕事があると、ゼネコンは嬉しぃんじゃ~。 

 たしか、何かの本で読んじゃが、世界のゼネコン数の6、7割以上が日本の企業が占めるゆう。

 こがぁな狭い土地の国に、そがぁに必要かねえ? 

 おっと、ちぃと横みちにそれてきましたが、再開発されるまで、このエリアに足を運びたいゆぅて思うんじゃ。 

 さて、お腹がすいたけぇねー、ちぃとお店に入りましょうか。

 ほいじゃぁ…

 道頓堀らーめん 『神座~かむくら~』 (また、ラーメンかっ!)

 すいません。 

 関西で人気のあるこのお店が関東に進出ってゆーことで入って見ましたんじゃ。

 ほいでからね、シンプルなラーメンを注文。(白菜多っ) 


 080527_1632~01 (2)


 さて、お味は、甘めのスープで、豚肉がベースになっとる。ガキにも受けそうな味じゃが、こりゃぁラーメンってゆーより、ヌードルゆぅた感じ。

 このスープは、豚肉をベースにした鍋のあの出汁と同じで、新鮮味に欠けるし、オリジナリティに乏しぃんじゃ~。 

 美味しいことにゃぁ違いがないが、こりゃぁ日本のラーメンじゃぁのぉて、中国のラーメンやねぇ。 

 お腹が膨れた後、界隈をウロウロしょぉったんじゃ。ほいでからね、一軒気になる店を発見。

 コーヒー専門店 『皇琲亭』 


 080527_1658~01 (2)


  何か渋い佇まいに目が止まったんじゃ。ほぃじゃが、ちぃと入りにくいけぇねー、結局次回にしようってゆーことになったんじゃ。

 たぶん、カップとか選べるんじゃぁないかなあ。

 その後も、中池袋公園を中心に徘徊。やがて、日暮れが近づいてきた。

 今日、袋(ぶくろ)でわしも考えた!

 緑の存在は偉大だ!

 この街、緑が多いんじゃのぉ。 

 公園の数も多いし、やっぱ緑と共に共存する街はええの。

 木々の存在は、人間に安心感を与え、ひとときの喧騒から安らぎを与える。そがぁな安息場がえっとある街は、お勧めなんじゃ~。 

 ほいじゃぁ、今日はこの辺で。まことちゃんじゃったんじゃ。

 おっと、わしから最後にプレゼントじゃけん。 

 本当の愛とは何か。それを教わった大好きな映画からこちらを聞いてぇや。ほいじゃぁ…」 

 人の温もりを感じたい人へ贈り物です
 
 

 

 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 
 
ブログランキングへはこちらをクリック


06.06 (Fri) 03:05 [ 未分類 ] CM3. TB0. TOP▲
 
 「みなさん、おはようございます。
 統括部長フッキーです。 

   さて本日は、ご存知の通り、横浜で大々的に行われたアフリカ会議のお話であります。

 やあ、それにしても横浜は、交通規制やなんやと凄いことになっていたようですね。 

 さて今日は、政治部たこ三宅さんからお願いします。それではどうぞ」




 「どうもたこ三宅じゃ。  

 何か久々じゃのう。さてと、さっそく始めますか。

 横浜市内のホテルで開かれていた第4回アフリカ開発会議が、先月30日「横浜行動計画」を発表し閉幕した。

 この間、日本政府は、アフリカに対する政府開発援助(ODA)を、平成24年までの5年間で倍増する方針を決めた。 

 また、道路網などインフラ整備を中心に援助を行うとともに、日本からの民間直接投資の倍増も目指すという。 

 政府は、厳しい財政事情を受けODA予算の削減を強いられているが、アフリカ向けODAを削減対象の「例外」とする方向になった。

 彼らは、ほんと例外とか、特別暫定とかの言葉が大好きじゃのう。

 やあ、何て太っ腹何んじゃろ。こんな借金大国で国民を苦しめておきながら、外ではいい顔して札束をちらつかせる。

 相変わらずナンやらの一つ覚えの資本投入中心の外交じゃのう。 

 しかし、みなさん今回の会議よく考えてください。 

 今回、横浜ではこの期間、いろんな場所でいろんなアフリカのイベントが行われ、その力の入れようには目を見張るものがありますね。

 いままでそんなに話題に上がってこなかった日本のアフリカ外交。それなのに、今回は、大々的に行っている。それはなぜか。 

 アフリカの貧困を本気で考え出したのか、また、アフリカの成長に着目したのか。

 答えは簡単じゃ。

 天然資源じゃ。 

 アフリカ諸国のドル建て国内総生産(GDP)の名目成長率は、2003年以降、年平均なんと20%を上回っており、その勢いは中国をしのいでいる。

 まあこれは、原油や希少金属の価格高騰の恩恵によるもので、資源獲得をにらんだ政府開発援助(ODA)や民間資金が成長を加速させているのである。 

 そんな美味しい場所を各国が指をくわえて見ているわけはない。 

 中国では、2000年からすでにアフリカ諸国との間で、定期的に首脳会談を行い、協力関係を強化している。

 何せ、12億人がいるから、天然資源確保に際し、躍起にならざるを得ないだろう。

 また、成長著しいインドでも、今年の4月から本格的にアフリカとの繋がりを強化した。ダイヤモンド石油などの供給を中心に契約している。 

 そのほか、ロシアでも、アフリカ諸国には、関税を免除する政策や船舶のレンタルなども実施している。

 また、ヨーロッパ諸国ばかりでなく、南米諸国の進出も目立ち、世界各国がアフリカの資源を狙っているのだ。 

 やはり、ここのところ問題になっている石油の高騰がまず一つ。何とか石油を安く、たくさん手に入れたいのが本音じゃろ。

 それと、いまや電子製品として欠かせないのが、レアメタル(希少金属)だ。 

 携帯、パソコンなどに使われているレアメタル類は、今後ますます世界的に需要は伸びると思われるため、確保に余念がない。

 その他にも、天然ガス、ウラン、電力、ボーキサイト、石炭なども豊富で、アフリカ大陸は世界中から注目の的なのじゃ。

 そんな世界の情勢に、遅れたのが、我が日本である。 

 今回、大々的に会議を開いて、アフリカ諸国のご機嫌を取っている。そして、マスコミはマスコミで大きく取り上げて、政権の支持率アップに貢献しようとしている。

 しかし、アフリカの諸国の代表からは、かなり厳しい意見がでているそうだ。 

この会議の議長であるのびた君は、ルワンダカガメ大統領とは、たった15分の会談。 

 しかも、その中で、以前この通信社でも取り上げた『日本のルアンダ難民救援隊』について一切触れなかったことを、産経新聞が指摘している。 

 わが国は、天然資源の確保以外にも、国連常任理事国への後押しをお願いしているわけだけど、こんな基本的な外交もできない無知な人間が対応しているようでは、各国の代表に対し、日本の真摯でない態度を露呈しているようなものだ。 

 まあ、このように世界がアフリカに注目し、アフリカ支援事業と言って銭を援助や投資しているけど、実のところは “各国が天然資源というエネルギーを援助してもらっている” のが真実なのじゃ。

 それでは、今日はこの辺で、三宅じゃった。 

 おっと、今日はわしから、名曲をプレゼントしよう。とうとう梅雨に入り、雨の日々が続く。

 わしにとって雨の名曲といえば、これかのう。ちょっと時期は少し違うが雨の名曲には変わりないじゃろ。それでは、こちらを聞いてお別れじゃ。それでは、じっくり聞いてくだされ」


  昭和を代表する歌手の雨の名曲です





 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 
 
ブログランキングへはこちらをクリック




06.03 (Tue) 05:10 [ 未分類 ] CM4. TB0. TOP▲
「こんばんは

 統括部長フッキーです。 
 
 やあ、とうとう梅雨入りしましたね。 

 たいていこの時期になると半袖姿になっているのに、今年はまだまだ長袖が欠かせない日々が続く中、いかがお過ごしですか?

 なんか風邪が一部では流行っているようですけど、まあこんなに気温差があると、身体がついていけないのもわかりますよね。 

 さて、本日は、デリケートな話題を取り上げます。

 今、深刻な社会問題になっている生と死の話です。 

 それでは、今回、社会部からお願いします。サム&ソン兄弟よろしく。それでは、どうぞ」



 サム&ソン 「アニョハセヨ!」(録音) 

 サム 「こんばんは、サムです」(録音)

 ソン 「ソンです」(録音)

 サム&ソン 「二人合わせてサムソンで~す」(録音)


 
 「やっとかめ!サムでござります。 

 今日は、真剣にいきますよ。

 今、どえりゃあ社会問題になっている自殺について、話しするがね。

 昨今、わが国では、年間3万人以上の人々が自らの命に終止符を打っておる。

 まあ、これまで、年配者層が多かったが、最近は硫化水素によって、若者にも浸透しつつある。

 実は、私の周りでもこんな事件が耳に入ってきたがね。 

 とある知人が通う大学の研究室で、24歳の男性が硫化水素で自殺したと言う。さらに、この硫化水素の怖いのは、二次被害だて。

 その現場を発見した大学の警備員が、卵が腐ったような気体を吸い込み、病院に運ばれていたと言う。実に恐ろしい話だがや。 

 そんな中、現役の女子アナ川田亜子氏の自殺報道が飛び込んできてもうた。 

 これによって、さらに自殺者が増える恐れがあり、いまや自殺問題は、大きな社会問題となっていると言えるでしょう。

 それでは、今日はソン記者はお休みです。 

 その代わり、医学、精神学の面からこの問題についてお話してくれる先生を招いております。

 ご紹介しましょう。久々の登場です。ドクター那美越先生です。どうぞ」  

 「どうも 那美越じゃ」 

 「先生、失礼ながらツボ以外にも詳しいのですか?」

 「こう見えても、医学部出てるんだべさ。本郷の」 

 「本郷?名古屋の?どこどこ?」

 「そったらはんかくさい」

 「そうでしたか、これは失礼しました」

 「今日は、真剣さお話させてもらうっしょ。精神医学の観点からお話したいと思う」

 「それでは、ドクターよろしくお願いします」 



 
 「「現在、日本したっけ、残念ながら、年間三万人以上の人が自らの人生さ幕を引いているべ。

 まず、この3万人がいかさ多いかさついて話そう。

 現在、日本の交通事故者は年間約7千人。高度成長期の後半さは、1万7千人ほどさも昇ったが、交通法規の改正、自動車の性能の向上などの地道な対策さよって、減少することができたしょ。やはり、シートベルトの着用が大きいしょ。

 したからさぁ、何回もかんかいも言ってるっしょ、自殺者は交通事故死者数の4倍以上さなるのであるべ。

 さらさ世界さ目を向けてみよう。

 WHO(世界保健機関)の発表さよると、日本よりも自殺率が高い国は、バルト三国、ロシア及びその近隣諸国、スリランカ、ハンガリー、ほどでしかないっしょ。

 ここまでくると、いかさ深刻な出来事であるのがわかるっしょう。したっけ、なして人は自ら命を絶つのか。

 人間それぞれ生きていると悩みは存在するべ。その心理こそが問題なのであるが、ここしたっけ、医学的さ追い詰められる心理さついて考えてみたい。

 自殺の背景さは、複雑な心理状態が隠れているべ。それさは、うつ病アルコール依存症、妄想や幻覚などの統合失調症、偏った考えや行動などさよる人格さ及ぼすパーソナリティ障害

 さらさ共通した心理者として、失業者失恋者破産者、なんらかの被害者など失望という心理は、さまざまな状況下で考えられるべさ。

 この心理状況のポイントはやっぱし『孤独』が中心となるっしょう。

 この孤独感は、その時さかかった心の病を誰さも話さず、一人でどんどん良からぬ想像を膨らましてしまう。 

 よって、多くの救いの手を差し伸べられても、気付かなかったり、拒んだりしてしまい、さらさ深い孤独の世界さ入り込んでしまう。それは、自分ひとりの胸だけさ仕舞いこんでいるのであるべ。

 そったら病さ陥った人たちをどうすれば救えるのか。未然さ防ぐさはどうすればいいのか。

 複雑な原因を抱えた人のこの行為さは、たいてい本人さよる長い道のりがあるっしょ。その準備期間内で止めることこそが重要なのしたっけあるが、その直前までのサインさはどったらものがあるか取り上げてみよう。 

     
    ● 感情が不安定になる
    ● 交際が減り、引きこもりがちになる
    ● 深刻な絶望感、孤独感に襲われる
    ● 集中力が低下する
    ● 身なりに気を使わなくなる
    ● 不眠がちになる
    ● 食欲がなくなる


 こったらサインを取り上げると、おっかねぇことさ誰もが起こるものしたっけないかいと思ってしまうっしょ。

 これらのサインを感じたら、まず声をかけて、必要ならば専門家さよる治療を進めるべ。

 もし、その助けを拒むようだと、かなり危険度がましている証拠だべさ。早急さ家族、知人、恩師、同僚などさも相談が必要さなってくるっしょ。

 このようさ、周囲の対策方法を中心さ話してきたさ、けど、こったら暗闇さ陥った人したけど、命の重みは基本的さは知っているはず。 

 命の大切さを話すことも重要であり、不幸なのは自分だけしたっけない例を挙げるのも効果的さなるかもしれないべさ。

 世の中さは、自殺をするヒトの反対さは、生きたくても生きていけない人もいるべ

 白血病がん患者薬害エイズなどわんさあるが、これらの患者は、生きたくても生きていけないんだべ。 

 また、不幸な事故死の人もそうだべ。

 じつは、かつて高校時代、私さは親友がいた。 

 その親友は、専門学校を出た後、就職。ウチらは、高校以降もずっと付き合ってきた。

 そったらある時期、彼は恋愛で悩んでいた。ばんきりそったら彼の相談を受けていたのだが、その時はかなり深刻で、その悩みから脱出するためさ彼はバイクを始めた。

 彼は、バイクを乗ることさよって悩みを忘れ、新たな活路を見出したことで私は安心していたべさ。
せやけどダンさん、それから一ヶ月もたたないある夜中、電話が入った。 

 その彼の通う会社は、自転車で10分ほどのところさあるのだが、わざわざ彼は買ったバイクで通っていたべさ。 

 したら、ある日の夕方、会社の前の緩やかなカーブを走行中、前から来た大型トレーラーが中央斜線を跨いで走行。正面衝突となり、彼は帰らぬ人となってしまったのさ。 

 私は、実家さ帰ると、墓を三つ参るべ。 

 父方、母方、したら、彼のお墓さ足を運んでいるべ。 

 自分の中さは、彼のためさも自分は生きなければいけないという気持ちがあるべ。

 まあ、こったら出来事あったことで、生きる意味みたいなことをよく考えさせられたが、 『生きたい』という気持ちをいかさ引き出すか、ちょっちお節介かもしれないと思えるかもしれないけど、これはかなり重要じゃないかい。 

 どんどん生きさくい世の中さなっているけど、簡単なことでもいいので、できることから実行したい。

 そのためさは、日頃からよりよい人間関係の確立をしておくべきんだべ。

 ちょっち長くなったけどさ、今日はこれさて終了だべさ。またの機会さお会いしるべ。

 おっと最後にわしからプレゼントじゃ。それじゃ」

 
 メッセージ=辛いとき悲しいときはこれを聞こう!



 
 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 
 
ブログランキングへはこちらをクリック


06.02 (Mon) 17:22 [ 未分類 ] CM6. TB0. TOP▲
「こんばんは

 統括部長フッキーです。 

 おや、とあるクライアントから『バトン通信』が送信されてきました。 

 最初、この上での掲載はいかがなものかと思ったのですが、たまには、こんな企画もいいかなと改め、実行したいと思います。 

 当社を代表して、私フッキーがお答えしたいと思います。それでは、今回の特別企画『バトン通信』です。どうぞ。


 
『マイミクに好きな僧侶がいます』



01:好きなタイプを外見で答えよう  国仲涼子 ちゅらさん大好きさ~ 

02:財布はどんなのを使ってる? ATELIER SABの二つ折り(三代目)

03:携帯はどんなのを使ってる? AU W43SA  

04:手帳は持ってる?  YES

05:バッグはどんなのを使ってる?  アンディー・ウォーホールなど渋谷で面白いのを探すことが多い 

06:バッグの中身は? 本、手帳、鍵、ボールペン、名刺

07:星に何を願う? 明日の幸せ  

08:怒っているときどうする? 理由にもよるけど、正当なときははっきりと怒るけど、そうでない時は、別のことをする。

09:夏or冬どっちが好き?  もちろん燃えてくる夏 

10:最近泣いたのはいつ?  昨日、映画で

11:ベッドの下に何かある?  何もない

12:昨日何した? 映画観に行った

13:好きな事は? やっぱしゃべりかな、歌うのもいいな。なんせ高校三年間、舞台で毎年歌ってからねえ。

14:あなたの性格を一言で言うと? 天真爛漫やね 

15:あなたの顔を動物に例えると?  やっぱ猿やで 

16:身長は何センチ?  163cmかなあ

17:自分の体で嫌いなところは? ないな

18:ファッションは何系を目指してる?  なんでもいい 

19:カラオケで何を歌う?  BEGIN ミスチル サザン モー娘 洋楽全般 オペラ フレンチ あと、盛り上がる曲  

20:カラオケで異性に歌って貰いたい曲は?  ハナミズキ 花

21:着メロは何?  ブルブルブル

22:あだ名は?  フッキー てっちゃん テツ たまに(ムッシュ)   

23:彼氏・彼女にするなら美黒系?美白系? なんでもいい

24:何系の異性が好き? 特に決めない

25:背は何センチの人が理想ですか? どうでもいい

26:どこで買い物してる? スーパーマルエツ

27:趣味は何?  読書、写真、映画、ジャズ

28:特技は何? 世界の首都名当て  

29:マイミクで会いたい人は?  みんな 

30:一番今何がしたい? 本を出したい

31:男女の友情はあり?なし?  そんなやぼな あり

32:夢を持つ異性をどう思う?  普通

33:何と言われて告白されたい?  感情がこもっていれば何でもいい

34:プロポーズは何という? 俺の嫁にならへん?

35:何とも思ってない異性から好きと言われたら? うれしいな

36:あなたは彼氏・彼女に好きと言える?  もちろん

37:家が遠い彼氏・彼女が夜中に『会いたい』の一言。会いに行く? もちろん

38:好きになるきっかけは?  ピンとくる感触

39:理想を5つ  

自分の言葉を使っている人
もう一つの目を持っている人
執着心がある人
いつまでも恥じらいを持っている人
ご飯、おかずを残さない人

40:理想の人に出会ってる? たぶん

41:恋愛と結婚は別?  別


 「はい、こんな感じになりました。
私と個人的に関係の繋がりある方は、笑うかもしれませんねえ。

 今日は特別企画として、『バトン通信』を送りました。

 先ほどちらりと触れましたが、実はオイラは大のカラオケ好きなんですよ。

 まだカラオケと言うものが普及していなかった時代に、8トラというカセット式のカラオケで、小学生ながら演歌をよく歌っていました。 

 また、一時期ですが、我が家は、両親が二人で夜な夜なカラオケを歌い、妹がバスガイドになり、オイラが音楽業界に入り、見事カラオケに関連する環境になるほど、歌が好きな家族なんですね。 

 さて、長くなりました、それではこちらの名曲でお別れです。どうぞお楽しみください。そうそう、バトン回しは、任意で結構ですよ。ほな」


私の18番 「恋しくて」ですぞ



  
 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 
 
ブログランキングへはこちらをクリック
06.01 (Sun) 03:38 [ 未分類 ] CM2. TB0. TOP▲
 「こんばんは

 統括部長フッキーです。 
 
 やあ、今日のバレー観ました? 

 なんて負け方なの?第4セットマッチポイントで7点差もあったのに、逆転されてセットを落としてしまった。これで狂ってしまったね。

 ほんま残念でした。まあ、強豪のイタリアをここまで追い込んだことは、大きな価値はあると思うので、前向きにちばってほしいですね。

 さて、今回はタイ映画祭のお話です。  

 それでは、今回も、社会部サム&ソン兄弟にお願いします。それでは、どうぞ」



 サム&ソン 「アニョハセヨ!」(録音) 

 サム 「こんばんは、サムです」(録音)

 ソン 「ソンです」(録音)

 サム&ソン 「二人合わせてサムソンで~す」(録音)


 
 「やっとかめ!サムでござります。 

 やあ、今回は、韓流ならぬタイ流のブームが始まりそうなタイの映画を取り上げるがや。
 
 昨今、『アタック・ナンバーハーフ』『アイズ』などさまざまなタイ映画が話題を呼んでいる。 

 そんな中、5月31日より、日本初のタイ映画祭『タイ式シネマ☆パラダイス』六本木シネマートでいよいよ開催された。

 それでは、現地取材に出向いたソン記者にお願いいたします。ソンさん!』




 「サワディ・クラッ!はい、ソンです。着ています。六本木ですよ。

 さて、今回タイの映画を惜しげもなく上映するシネマートのスクリーン4にいます。

 あいにくの雨で、客足はイマイチでありますが、上映時間が近づくに連れ、どんどんと席は埋まり、タイ映画への関心度の多さを感じられます。 

 初日の今日は、上映後に舞台挨拶もありますので、これから楽しみです。

 それでは、まもなく開幕作品『ミー・マイセルフ 私の彼の秘密』の上映ですので、しばらく映画に浸りますので、後ほどお会いしましょう」


~只今上映中~


 「お待たせしました。やあ、いい映画でしたよ。涙を引き出す音楽もよかった。 

 そうそう、皆さんにこの映画を簡単に紹介しますね。

 ミーマイセルフ


 イベント運営の会社に勤めるOLウムは、仕事の帰り道に若い男性を車で轢いてしまった。彼氏に振られたり、甥の面倒を見たりする彼女の不幸に追い討ちをかける。

 この事故がきっかけで、被害者は記憶喪失となり、彼女は彼を引き取る羽目になるんだけど、ここから三人の奇妙な生活が始まる。

 やがて、二人は気持ちが通じ合い、お互いの気持ちを寄せるのだが…。 

 まあ、こーいったラブストーリなんです。後は、劇場で見てくださいね。

 しかし、この主演男優のアナンダ・エヴァリンハムがいい男なんですわ。ほんま、申し訳ないけど、こんな男前のタイ人見たことないくらい。

 この映画を見終えて思ったんやけど、着実にタイ映画はレベルを上げているよね。ほんま嬉しいことでんなあ。

 さてと、舞台周りが騒がしくなってきたようです。まもなく、舞台挨拶が始まる模様です。

 さあ、生で見るアナンダはどんな人何でしょう。 

 おっと、司会者らしき女性がマイクを握りました。いよいよ始まるようです。


 “みなさま、大変お待たせしました。本日は悪天候にも関わらず、多数の方にお集まり頂き、誠にありがとうございます。

 さて、先ほどご覧頂いた『ミー・マイセルフ』はいかがでしたでしょうか?

 (会場から良かったと言う声が飛び交う)

 それは良かったですね。 私も、この切ないラブストーリに、かなり感動を覚えました。

 そんな感動覚めやらぬ中、それでは登場していただきましょう。どうぞ”

(黄色いTシャツを着たよく見る日本人男性が出てきた) 

 「おお、ワッキーやん。ペナルティーのワッキーの登場です。なかなか流暢なタイを話すではないか。

 22199.jpg


 どうやら彼は、かつてタイ料理屋でアルバイトの経験があり、タイ人と交流があったそうだ。

 “さて、ワッキーのお話しは尽きないようですが、そろそろ主演者、監督に登場いただきましょう。それではどうぞ”

 「わっ!むっちゃ男前やん! 

 白のジャケットを羽織ったアナンダが、小さな顔にヒゲを携えて登場です。会場から、大きな悲鳴にも似た驚きの声が聞こえてきます。

 img_ananda_photo.jpg


 その彼の横には、これまたびっくりの美人さん。さらにその横には、この映画の監督さんが並びました。

 アナンダから簡単な日本語で挨拶が始まった。そして、この映画の役作りの話や苦労話などが紹介されていく。しかし、男前である。

 その後、隣の女性に及んだ。

 彼女は、この後に上映される『メモリー~君といた場所』の主演ポーラ・テイラーである。肌色のキャミソールドレスが実に眩しい。色も白く、リブ・タイラーに似ているかな。 


 img_paula_photo.jpg


 彼女は、モデルとしても日本で活躍しているようで、月一で来日しているそうだ。 

 やあ、しかし見事美男美女が見事揃いましたねえ。 

 そして、最後に監督にマイクが移った。この映画の監督の名はポンパット・ワチラバンジョンさん。
たしかなんかの映画で見たよなあ。

 と思ったら、彼はやはり、俳優さんであり、歌手でもあるのだ。

 その後、ワッキーを交えてのトークが続く。ワッキーのタイ語がかなりレベルが高いではないか。なんかいいなあ。

 やがて、ブレス用の撮影が行われ、その後舞台挨拶は終了した。

 やあ、しかし、あの美男美女には参りました。

 あんな色の白いタイ女性を見たのは、ワット・ポーでレポートのためにアンケートをしていて、声をかけてくれた女子大生以来ですわ。

 しかし、これからの将来を期待されるアジアの俳優として、この二人は注目ですよ。 

 さて、このイベントは、なんと7月11日まで行われます。

 タイ映画の特徴は繊細と言えるほどの優しさに溢れた作品が特徴的です。悪人役であってやそのやさしい部分も描かれていて、よく言われるお人よしのイメージにもよく似た国民性を垣間見ることもできます。

 タイ映画を知らない人は、これを機会にぜひ見ていただきたいと思います。それでは、今日はこれにて、ソンが六本木からレポートいたしました。ラーコ・クラッ!」 


タイ式シネマ☆パラダイス公式サイト


  
 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 
 
ブログランキングへはこちらをクリック



06.01 (Sun) 00:30 [ 未分類 ] CM2. TB0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。