上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 いやあ、暑い日が続きますねえ。

 お盆のさなか、いかがお過ごしでしょうか。

 オイラは、実家にも帰らず、今日は、高田馬場に行くために、ぷらっとホームに向かった。 

 お盆の東京は、いつもの喧騒が嘘のように静まり返っている。山の手線が、余裕で座れてしまう。(いつもこんなんだといいのにね)

 070815_1527~01.jpg


 さて、初めて降りる高田馬場。ここは、学生の街だから、やたら安いが目につく。また、都営バスがたくさんウロウロしている。

 070815_1532~01.jpg


 オイラはまず、ブックオフに探し物を物色しに行った。

 だが、場所がわからなかったので、駅前のチラシ配りのお姉さんに声をかけて、教えてもらった。

 しかし、ぜんぜん見あたらなくて、グルグル辺りを徘徊することになった。こうやって、街を歩いていると、いろいろと気付くことがあった。

 関東の老舗喫茶といえば、“ルノアール”なのだろう。いたるところで目に付く。
 
070815_1606~01.jpg

 
しかし、なんでルノワールでないのか。オイラは、つっこみたくなる。ちゃんと、店先には、彼独特のタッチの絵のポスターがあるにも関わらずに…。

 一方、名古屋の老舗喫茶と言えば、やはり“コメダ”だだろう。コメダは、マクドに匹敵するほどの店舗数があり、朝からおばちゃんでごった返していて有名。(オイラも、ここのコロッケを挟んだパンが好きで良くいってたもんだ)

 あと、喫茶について。
 一般化しつつある外資系のコーヒー屋。しかし、気になることがある。どこもかしこも看板がどこかに似てないだろうか?

 070815_1539~01.jpg


 070815_1605~01.jpg


 070815_1613~01.jpg


 070815_1618~01.jpg


 なんでここまで? 

 と思うのはオイラだけだろうか?

 さて、そんなことを思いながら、再度、学生らしき男性に聞いてみた。

 すると、実に詳しく教えてもらい、事なきを得た。(すでに、30分以上歩いてるやん)

 やっと、見つけた高田馬場店。(ちっちゃ)

 070815_1602~01.jpg


 中に入る前から、期待薄である。

 案の定、目的の本は見つからず、しょぼしょぼと店をあっさり出た。

 さて、今日のメインであるが、詳しい場所が実は知りません。(ちゃんと調べていけよって)

 界隈を歩きながら、学生に声をかけていく。

 数人後、その場所が明治通りの角にあることがわかった。

 駅前の早稲田通りを東に歩いていく。ホンマに飲食店がずらりと並んでいて、目移りする。しかもどこもほんま安い。(500円あればけっこういいやん)

 やがて、“カフェ・コットンクラブ”なるお店を発見。どうやら、ジャズの演奏もあるようだ。

 070815_1700~01.jpg


 かの有名な日本人サックス奏者のライブが今晩行われるようだ。(こんないい店あるんや)

 暑い日差しの下、てくてくと歩いて、いよいよ明治通りが見えてきた。

 近づいた交差点の界隈には、ラーメン屋がひしめきあっていた。(なんやここ) 

 その交差点の角にあると、聴いていたので、オイラは探した。

 四つ角のうち二つがラーメン屋なのだが、店が違う。さらに、近くにあるラーメン屋三軒も見てみた。

 しかし、違う。(何で無いの 

 どうしよう。

 もう、喉が渇いて仕方が無かった。

 近くにあったスーパーに入って、お茶を買うことにした。

 レジに行ったときに、ついでに聞いてみた。

 「すんません。この辺に0000のラーメンないですか?」

 すると、レジのおばちゃんが軽く笑った。

 「よく聴かれるよ。実はねえ、去年なくなっちまったよ」 

 (マ!・ジ!・で!)

 「ちょうど、うちの隣やったけど、一年ちょっとやってたけどねえ。どうやら、名古屋では、有名な店らしいねえ」 

 「そうです」

 本日のメイン。スガキヤのラーメンのことでした。

 こちらの様子を気にすることなく、愉快そうにおばちゃんは続ける。

「ここは、ラーメンの激戦区だからねえ。いろいろ店も変わるから」

 オイラは、意気消沈中。 

 「じゃあ、この辺に美味しいラーメン屋さんあります?」

 「私なんか外食しないから、ぜんぜん知らないよ」

 「そうですか」

 オイラは、トボトボと店を出ようとした。レジ前に、何故か名古屋名物の“なごやん”が置いてあった。何でだろう。

 矢継ぎ早に、店のオヤジさんがいきなり声をかけてきた。先ほどの話を聞いていたようだ。

 「この辺は、ラーメン屋がいっぱいあるからんねえ。いろいろあるけど、どれもこれもいっしょだよ」

 「その中でも、オススメのお店ってあります?」

 そして、活き活きとした目を開いた。 

 「やはり、最近人気なのが、すぐ裏にある『渡なべ』かな。いつも、人たくさん並んでいるからねえ。でも、やはり『えぞ菊』かな。学生向きの味なんだけど、それを半分にしてもらって、あとつまみ何かと一緒によく食べたなあ。味が濃いから、オイラには、全部食べられないからね」

 そして、まだまだ巻くし立てる。 

 「そこの亭主は、オイラのお友達でね。よく、遊びにも行ったよ。しかし最近、栃木の実家に返っちまってねえ。寂しくなったもんさ。でもねえ。あの本店のラーメンは美味しいよ。この界隈が激戦区になる前から常に20人以上常に並んでいたからねえ」

 ようやく、おさまった。

 「その『えぞ菊』は本店と支店があるわけですね?」

 「あぁ」

 「本店は、明治通りを南に行くとあるよ」

 「わかりました。どうもいろいろ教わってありがとうございます」

 「どうもどうも」

 オイラは、その店に行くことにした。 

 この明治通り沿いにも、ラーメン屋がうようよしていた。(ほんまに多いよ)

 歩くこと10分。やっと『えぞ菊本店』が見えてきた。

 軒先に架かるメニューを見ると、辛いのやら、つけ麺とか凝ったメニュが載っていた。

 しかし、今日のオイラの気分は、あっさりとしたものが食べたかった。

 いろいろな考えた結果、オイラは店を後にすることにした。

 また、トボトボと見た道を戻り、早稲田通りを駅方面に歩いた。オヤジさんが言っていた『渡なべ』に行ってみた。

 しかし、誰もいなく、しかも暖簾がかかっている。(ちょっと、入りにくいよ)

 再び、駅方向に向かう。

 途中、いろいろなラーメン屋にぶつかるが、営業時間外や好奇心が湧かない店ばかりで、なかなかこれだというのがない。

 そんな中、ふと小さな看板が目に入った。

 『COFFEE JAZZ intro』 
 
 070815_1708~01.jpg


 この名前、確か聴いたことがあるかもしれない。

 一休みするのも悪くない。オイラは、店のある地下の階段を下りていった。

 しかし、ドアの前に張り紙がしてあった。

 次回のライブの日程表だけ。(ガ~ン!) 

 お盆休みである。

 まもなく、駅に近づいていた。高架をくぐって駅の西口に出た。そして、左手を見ると、とあるラーメン店の看板が見えた。

 『光麺』である。
 
 070815_1738~01.jpg


 このお店ちょくちょく街で見かけるが、まだ入ったことがなかった。

 五時からタイムサービスで半ご飯がつくこともあり、オイラは、この店で手を打つことにした。

 中に入ると、ジャズが小さく流れたシックなお店の様相を呈していた。

 カウンターに座ると、驚いた。

 前の壁に小さなモニターがついているのだ。しかも、一つではなく、カウンター席の三人に一人の間隔に組み込まれているのだ。
 
 070815_1717~01.jpg


 そのモニターからは、このお店に関する情報ばかりでなく、最新の音楽情報、映画情報なども流れてくる。これは、すごいサービスではないか。

 さて、ラーメンのほうだが、オイラは“熟成”というラーメンを頼んでおいた。

 何が熟成なのか定かではないが、普通よりも少し高級ということで、なんとなくそれにした。

 待つこと8分。出てきた。
 
 070815_1725~01.jpg


 まずは、スープから。

 鶏がらとトンコツのダブルベースのトロリとしたスープは、『天下一品』をあっさりにした感じ。『天一』のように、飽きることがないので、実に美味しく、絶妙なバランス。

 具材で目を引くのは、青菜。青梗菜だと思うが、これがなかなかこのスープにあっていて嬉しい。

 麺は、中太のちぢれ麺。スープと良く絡み、これまたいい。

 そして、チャーシュである。ここは、あぶりチャーシューが二枚入っているのだが、これが問題。 

 油臭い独特の匂いがして、あまり美味しくないタイプのチャーシューではないか。

 おいらは、たまにこのチャーシュに出会うが、どうもこれが合わない。

 せっかく美味しいラーメンと思っただけに、これは残念。

 総合的に、かなりランクが落ちてしまった。

 まあ、とりあえずお腹は膨れたので、界隈を散策してみた。

 この西口には、“さかえ通り”というちょっとした商店街がある。

 行って見ることにした。

 早稲田通りから裏道を入っていくと、怪しげな気配。ホテルが突如現れたと思ったら、その横に何と卓球場を発見。(こんな所に!)
 
 070815_1742~01.jpg


 何かむちゃくちゃである。 

 やっと、さかえ通りに出ると、この通りは海外飲食店が多いようで、外国人のチラシ配りの人たちがうろうろしていた。 

 070815_1749~01.jpg


 しかし、お盆のためか、どうやらいつもより通行客が少ないためか、ため息をついているばかり。

 この通りを見ていくと、何かごちゃ混ぜである。

 いきなり、八百屋 があると、その隣はマッサージ屋 だったり、ちょっと理解に苦しむのである。しかし、それが、逆に面白い。

 070815_1750~01.jpg


 ざっと、通りを見た後、喫茶店でお茶をして、本日の査察はこれにて終了。

 結局、スガキヤにはお目にかかれなかったが、この街がけっこう好きかもしれない。

 また、機会があれば来よう。

 そんな高田馬場でした。 
スポンサーサイト
08.16 (Thu) 00:09 [ 未分類 ] CM2. TB0. TOP▲
  
コメント

高田馬場は、地元の範疇(?)なのでよく通るのですが、
あの街には、エスニック料理の美味しい店もいろいろ揃ってますよ。
書店は、JR駅前のビル(BIG BOXから見て右)に
大きな本屋さんが数フロアに渡って入ってます。
---------- gramercy [ 編集] URL . 08/16, 14:18 -----

【gramery】さん

なるほど。やはりエスニック系が多いんですね。
どうもありがとうございます。今度、本屋も行ってみます。
---------- ムッシュ [ 編集] URL . 08/17, 02:11 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/112-21f474b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。