上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 はい!今日は政治ニュースです。 



 とうとう安部坊っちゃんが、さじを投げてしまいました。 

 歴史的な自民党の大敗にも、身を引くこともなく、新たに内閣を改造して、所信表明をしたと思ったら、国会質疑を待たずして辞める。

 こんな途中でやめる無責任な首相、歴史上初めてである。

 最後まで歴史を作るような無神経さ。呆れてしまう。

 この中途半端のおかげで一番損をしたのは、もちろん厚生大臣である。 

 今回の改造内閣の目玉として挙げられた舛添氏であったが、あっけなく坊ちゃまに裏切られた格好になった。

 たぶん、本人は腸が煮え繰り上がっていることだろう。

 何が目玉だ。

 まるで、当て馬じゃないか。 

 これだから政治家は怖い。

 そんな舛添氏とは対照的ににんまりとしている人がいる。

 それは、マンガおやじである。<アニメ関連の株が値上がりしているとか>  

 たぶん、やっとオイラの番が回ってきたかと言う感じだろう。

 安部さんの後はどう考えても、それらしき人物が見当たらない。

 弁護士上がりの七三分けオヤジ谷垣では、頼りなさそう。

 かといって、中川の男前は胡散臭いし、真光の洗脳石原はまだ早い。

 やはりあっそ。となるだろう。

 さて、その中身はどうなることだろう。

 また、舛添氏が入閣するのだろうか?これは注目だ。

 麻生ちょい悪オヤジの新内閣の顔ぶれをみてみよう。

 花輪君 谷垣
 仮面ライダー 中川
 喪黒福造(もぐろふくぞう)額賀
 ウルトラマン 石原
 綾波れい 該当者なし


 あと、どんなキャラがいた?

 人選が読めないねえ。為公会から小粒を集めてくるかもね。

 しかし、これからの内閣は、大変だろうね。

 自民がちょい悪オヤジでも、民主は元祖強面オヤジ。ちょっと格が違う。亀井の不細工オヤジは、強面だけど品がない>

 今回のテロ対策特別措置法の頑固さをみていると、小沢には威厳すら感じるよね。言ってること正しいし・・・。

 そろそろ民主の時代が来てもいいのでは。

 この国は、民主主義の国でありながら、政府は中国と同じで、一党が独裁に近い歴史を歩んできた。

 小泉後なき自民の建て直しの進まない中、いまこそ自民の本陣をめがけて、民主が乗り込んでせめて行かなければならない。

 政界の悪い歴史を作り上げた安部坊ちゃま。

 今度は、民主が良い政界の歴史を作り上げてもらいたいもんだ。


 

 
スポンサーサイト
09.13 (Thu) 04:48 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/125-5a1fd2c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。