上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 連休の中、行ってきました。

 東京の空の玄関口羽田の散策のため、プラットホームに向かった。 

 まずは、新しい第二ターミナル。ANA系の方から攻めてみました。 

 いやあ、通称ビックバードは近代的な綺麗な造りになっております。

 中部国際空港(セントレア)に似て、天井が広くて開放感がある。連休と言うことで、人もわんさといる。綺麗に正装したお姉さんたちも急がしそう。<やっぱ週末やねえ> 

070915_1720~01.jpg


070915_1716~01.jpg

 
 運行掲示板に目をやると、ドル箱(円箱が正しいのかな?)の札幌便は、見事に席であります。 意外に国際各地の便にがある。 

 札幌意外に満席なのは、長崎ぐらいだ。

 大きな連休だから海外組みの方が多いのかもね。 

 ふらっと添乗口を見た後、さっそく展望台に向かった。 

 展望台に行くには、マーケットプレイスを通っていく。

 ここのショッピング街は、ターミナルの入り口から見て、右手奥にある。

 070915_1616~01.jpg


 吹き抜けのつくりになった空間にエスカレーターが延びていた。その回りに数々のお店が立ち並んでいる。いろいろ目移りするが、まずはやはり五階のデッキへ。

 そこは、食事も出来るスペースを整えたとても広い展望デッキの作りになっていた。
 
070915_1623~01.jpg


網の向こうに見える旅客機は、着陸ばかり。<何でやろ>

 ちょうど、C滑走路でありますが、今の時期は着陸専用らしい。

 羽田の滑走路は三つあるが、風の向きや強さで離発着場所が変わる。

 でも、ほとんどANAでいる間、一機だけJAL系が降りてきた。

 JAL系の着陸のメインは、ここではないらしい。

 さて、ここは羽田。やはり便数が名古屋とは違います。大きく左旋回をしてきた鉄の塊が、どんどん唸り声を上げて降りてきます。

 5分一本ぐらいでしょうかね。

 週末のひとときを楽しむ家族連れやカップルで溢れるデッキで、30分ほど過ごした後、マーケット街に行くことにした。

 まあ正直こういった場所では、値段を見るとひいてしまうたちなので、あまり目を引くことがない。

 唯一気になったのが、バームクーヘン専門店「ねんりん屋」。 

 ここのバームクーヘンは、外がカリッと、中はしっとりらしい。元ユーハイムの売り子のオイラとしては、目が離せないのだ。

 場所は、どうやらターミナルの反対側左端にある。その辺りには、どうやらお店が少ないようなので、ちょうどお腹がすいたので、食事をすることにした。

 あいも変わらずここでも向かったのが、。<安いんやもの>

 マーケット街の一階に「東京ラーメン空」というお店があったので、そこにした。

 今日は、ワンタンメンを頼んでみた。

070915_1649~01.jpg


 すると、見るからにあっさりそうなスープに麺と具材が浮かんでいた。

 ワンタンは五個入っているんやけど、具の部分の直径が3cmもない小振り。<ちいせいよ!>

 他の具材は、白ネギのみ。<ちょっと>

 まあ、でもその斜め切りの白ネギがあっさりとラーメンにはよくあっていた。シャキシャキ感が堪らない。

 たぶん、わけぎなんかの青ネギの輪切りだと合わないだろう。

 場所がら満足な料理を食べるには、多額を投じなければならない空港グルメ街。<これは仕方ないよね>

 070915_1711~01.jpg


さて、お腹がとりあえず膨れたので、デザートデザート。ちょうど、そのお店の隣に喫茶があり、そこで食べることができるのだ。

 オイラは、ターミナルの反対側に足を運んだ。ちょうど三階の通路から向かったのだが、ここにも飲食店がずらりと並んでいた。

 それらを見ていくと、どうやら1000円以下で食事ができるようだ。<もし、こちらのターミナルで食事をするなら、安いこの通路にあるお店をオススメしますよ>

 そうこうして、一番端まで来るが、お店が見当たらない。と言うよりも、確か通路みたいなところがあるはず。<何でやろ>

 070915_1606~01.jpg


 オイラは、近くにあるショッピングガイド盤を見た。

 場所はこう書いてあった。
 

 “第二ターミナル ゲートラウンジ北ピア2F”

 ゲートラウンジ?

 と言うことは、

 そう壁の向こう。<旅客者しか入れない場所やん>

 空港ではよくこういうことがある。何とかして一般客でも入れるようにしてほしいもんだよね。

 甘味に飢えた狼は、力をなくしていた。

 もういい。次の第一ターミナルに行くことにした。

 羽田では、無料の移動シャトルバスが出ている。ぐるぐると五分間隔で回っているんやけど、乗ってはじめて気がついた。 

 <国際線ターミナルあるやん>

 次の停留所国際線ターミナルで降りてみた。

 どうやら工事中らしく、白いビニールで辺りががやたらと覆われていた。足場も悪く、何か入りづらい。

 まあ、そんな中、ヒトの流れに混じっていった。

 中はと言うと実に狭い。

 <中国の田舎のターミナルみたいやん>

 それもそのはず、ここはお隣韓国専用のターミナルらしい。 

 辺りの看板表示は、暗号文字でいっぱい。また、銀行の両替えも韓国系企業。そして、戯れる人々からは、もちろんハングル語がとびかっている。

 用のない人間は、一目でばれる。警備員の目が光っているのだ。<何か怖いんですけど・・・>

 これでは長居は出来るわけもない。そのターミナルを往復すると、外に出ることにした。<いやあ、何か場違いやったな>

 さてさて、気分を変えて、次は第一ターミナルであります。

 ここは、古い羽田空港だから、つくりが第二とはぜんぜん違う。近代的ではないものの、ちゃんと吹き抜けもあって、それなりに美しい。

 しかし、第二を見た後なので、何か寂しい。

 そして、搭乗口を見ると、ここも何か寂しい。お客が少ないのだ。

 070915_1824~01.jpg


 数々のJALの不祥事の影響なのだろうと思う。こちらの札幌便を見ても空席がある。

 人気をANAに奪われてしまった第一ターミナルだけど、お店の安さでは負けていません。

 立ち食いそば屋はあるし、安いカレーショップ。それに、左奥のほうには、羽田ラーメンがある。 

 この羽田ラーメン。値段はそこそこのようであるが、中身が美味しそうなのである。

 軒先には、数々の有名人の色紙が飾ってあって、どうやら人気があるらしい。
 
 070915_1918~01.jpg


 だが、オイラは甘いものははいるが、またラーメンはとはいかない。またの機会にしよう。

 ということで、ターミナルを北ウィングから南ウィングを見終えると、展望台のある六階に向かった。

 外はすでに日がどっぷりと暮れていた。<秋やねえ> 

 ここのデッキのお客さんは実に少ない。たぶん20人もいないだろう。<寂しいなあ>

 070915_1836~01.jpg


 ここのA滑走路は、どれもこれも出発便ばかりで、しかもJAL系オンリー。<そうすると、ANAの出発便とJALの着陸便は、B滑走路ということになるのかな?>

 まあ、いろいろ航空会社の関係があるとおもうが、見ているほうは、空きがきてしまうのである。<国内線ターミナルは、どうしてもその辺が楽しめないんよね>

 まあ、今日は仕方がない。

 JAL便が飛ぶ正面の空の向こうには、三日月がぼんやりと浮かんでいた。夜景の中、上昇していく旅客機を見るのは、なかなかおしゃれではある。

 070915_1839~01.jpg


 30分程観察した後、またターミナル内を散策した。

 ここには、フジテレビのショップがあったり、yahoo CAFEなどがあった。

 070915_1826~01.jpg


 ふと、とある一角のショップを見ると、何故かANAのショップがあった。<何で第一ターミナルに・・・>

070915_1805~02.jpg


 そのお店の外壁には、ずらりと航空機の模型が並んでいた。ファンには堪らないだろう。

 070915_1809~01.jpg


 <B747‐400 JA8958 YOKOSO!JAPANですよ>

 こうして、両ターミナルを散策してみた結果、第一ターミナルは建物は古いが、食事場所はフードコートもあり、安くて良心的。しかし、ターミナルの活気がない。

 第二ターミナルは、おしゃれで近代的で活気に溢れてる。しかし、お土産やその他の商品、食事が高い。<新しいからしゃあないか>

 まあ、こんな印象を持ちましたね。

 これからD滑走路の建設予定があるようで、都心に近いこの空港はこれからも大活躍ですな。 
スポンサーサイト
09.16 (Sun) 04:15 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/126-b42b80bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。