上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 社長の御挨拶 

 「みなさんこんにちわ。社長のムッシュです。今回、念願かない自社を立ち上げることになりました。

 まだまだ小さな会社ではありますが、皆様が喜んでいただける記事を心を込めて掲載して参ります。
 何卒、末永~~くよろしくお願いいたします。

 この後は、現場の部署をまとめておる統括部長のフッキーのほうからスタッフのご紹介があります。
 日々汗を流していただいておるスタッフの活躍にご期待下さいませ。
 以上を持ちまして、私の挨拶とかえさせていただきます。それでは、私はこれにて失礼いたします」
 

 統括部長の御挨拶 

 「皆様はじめまして。統括部長のフッキーでございます。さあ、硬い挨拶はこれぐらいにして、ここからは、ラフにいきましょう。
 今回、部署を取りまとめるという大役をつかさどり、オイラは驚いております。

 でも、せっかく頂いたこのような大きなチャンス。微力ではありますが、まあぼちぼちとやってきますわ」

 社長
 「ぼちぼちてなんや!」 

 統括部長
 「ムッシュ、いや社長いてたんですか?」

 社長
 「悪いか。神出鬼没とはわしのことじゃあ」 
 
 統括部長
 「エッ、それってあのモグラたたきゲームのモグラみたいな存在ってことですか?」

 社長
 「こら、何と言う例えをいうんじゃあ。もっといい例えがあるじゃろう」

 統括部長
 「でも、社長いつも長島スパーランドに行くと、ゲームコーナーで年甲斐も真剣に玉入れゲームしてたんで、それに近い言葉で表現してみたんですけど」  

 社長
 「ムッシュ君。場を心得えたまえ。ここは公の場じゃろ。プライベートのことはやめなさい。さあ、四の五の言わずにさっさと先を進めたまえ!」

 統括部長
 「はいはい、かしこまりました。さてさてお待たせいたしました。当社は小さな会社のため、多くの業務を外注しております。
 各部署の記者とも契約という形を取っておりますので、なにぶんご理解くださいませ。
 それでは各部署と担当者を紹介いたします。


 まずは、政治部から。  
 
 政治記者歴40年のタコ三宅。 
 年齢を感じさせないエネルギッシュな熱いお方。何かオーラを放っている感じすらする。

 そんな熱血家のタコさんは、代議士とも交流も多くグサリと鋭い指摘をする相手とも、何だかんだいって仲良しだったりもする。
 そんな交流範囲の広い叔父様がこれから政治全般を担当いたします。

 けっして怒らせないでくださいね。怒らすと、を吐きますから。いやいや、を吐きますので。 


 続きましては、経済部。 

 経済全般を担当していただきますのは、森永ドラえもん氏。
 彼は、年間のうち100日は講演で回っているという実に人気のある評論家。
 メガネの奥の垂れたつぶらな瞳からは想像もつかないくらいしゃべり出すと、止まらない。

 やさしい言葉使いの中に、先見を見添えた素早い指摘が世の皆様方に好評を得ているのではないでしょうか。
 このお方、大のお酒好きで、美味しいお酒を見つけると、どこへでも飛んで行ってしまう。 

 その行動力には凄まじいものがある。何か裏でもあるかのような素早さなので」
  

 さて、続きまして、社会部です。 

 社会全般を担当していただくのは、サムさんとソンさん
 彼らは、双子の兄弟でありまして、我々でもまだどっちがどっちかまだ正直はっきりしないときがあります。しかし、口を開くとすぐにわかります。
 名古屋の大学を出たのが、サムさん。大阪の大学を出たのがソンさんです。

 二人の生まれはお隣の韓国ですが、幼少の頃から日本で育ち、英才教育の下、学生時代からマスコミ関係でそれぞれアルバイトを経験しております。学生時代に培った国際畑で、かなりの世界通でもあります。

 そんなサムさんとソンさん。
 サムさんの得意なのは、ダンス。どこかのメンバーでバックダンスを踊っていたのではないかと思うほど、実に個性的で素早い動きをする。宴会の席で初めて見る人は、皆驚きの表情を浮かべるのである。リズム感が良いです。

 一方、ソンさんは、マンドリンみたいな楽器演奏を得意とする。しかも、ちょっとハスキーな声もいいので、時々歌も歌います。
 国際情勢ばかりでなく、プライベートでは、音楽も得意とするソンには、音楽部門も担当していただきます。


 さてさて、続きまして生活文化部。 

 この部門は、旅職人歴40年のフリートラベラーまことちゃんにお願いします。

 年中どこかに旅してまことちゃんは、年中真っ黒です。それは、もう松崎しげるもびっくりです。我々は癌を心配しておるんですけどね。

 さて、まことちゃんは中国地方で生まれ、中学のころからもう旅をしているお方で、もうテント一つでどこにでも泊まってしまいます。これまで回った国は、検挙に暇がありません。

 そんな旅好きのまことちゃんは、大のペット好き。旅先では、人よりも動物の写真を撮っているのが多いときもあるとか。
 ふっくらとした頬とぼさぼさの頭が印象的な彼も最近は、日本を旅することが多い。 そんな彼から楽しいレポートをお待ちくださいませ。


 そして、いよいよ最後です。運動部。 

 この部門を担当していただくのは、元プロ野球選手のダルムッシュさんです。 
 
 現役時代、真っ向直球勝負で名を馳せ、5度の沢村賞を獲得した名投手であります。

 現役を退いた今も、その甘いマスクと形のいいヒップで夜も大活躍だとか。我々は、地方での活動に釘を指刺さないといけないかも。

 以上のメンバーがそれぞれ雨の日も風の日も面白いネタを探して参ります。皆様、スタッフ共々これからよろしくお願いいたします」


 「すいません、すいません」

 統括部長
 「はい、どなたですか」
 
 「速報、速報です!」

 統括部長
 「ああ、まことさんですか」

 まことちゃん
 「どうも、声の低さに定評のある垂れ目オヤジまことちゃんです」

 統括部長
 「もうニュースですか?」

 まことちゃん
 「そうです、ニュースは刺身と一緒で鮮度がい・の・ちです。それだけいい魚でも時間が過ぎてしまうと美味しくなくなるもの。早く裁かないとね」 
 
 統括部長
 「わかりました。ちょうとばたばたのスタートでありますが、早速レポートお願いします」」


 
  ※ なお、当社はフィクションでありますので、誤解のないようにお願いいたします。



 
 
 
 

 


 

 
 
スポンサーサイト
09.28 (Fri) 14:29 [ 未分類 ] CM0. TB1. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/129-1342bab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇
国家としての危機管理とはなんであろうか、という主題に十分答えられる内容になっている。著者の結論は、「情報」であって、この収集・管理こそが現代の国家レベルでの危機管理だというわけだ。米国のCIAしかり、英国のMI6、またはフランスのDGSE+DST(国防省対外治安総局+国
政治の感想 10/03, 02:56
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。