上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新年明けまして おめでとう ございます。

 年明け早々に何度も日記を更新していたんですが、ぜんぜんアップされず、とうとうこの時間になりました。

 さて、新年さっそく初詣撮影に出かけることにしました。

 中部地区では、熱田神宮が有名だが、ヒトばかりであまり絵にならないので、勾配のある犬山の成田山にしました。

 今年もいきなり名古屋鉄道界の重鎮“どけよどけよどけどけ号”に乗っていざ出動!

 犬山市にある成田山に行くには、犬山遊園駅で降りなければならない。

 久々に乗る犬山線は、初詣客が少ないのか予想よりも空いていた。

 ちょうど、上小田井駅から座ることができた。

 車窓から眺める東の空。ゲゲッ!

 上空に異様な光景を発見した。

 空のあちこちに飛行機雲が縦横無尽に浮かんでいるではないか。

 これは異様だ。

 隣に座っているおばさんたちもどうやら気になったのだろう。

 中年女性A「あれ、奥さん見てよ、あれよ」

 中年女性B「あれまあ、飛行機雲でないの」

       A「どえりゃあ数やなあ」

       B「明日は天気悪いなあ」

       A「何でやの」

       B「昔から上空に飛行機雲が長時間残る日の翌日は、天候が崩れるそうだで」

       A「ほう~」

 そんなおばさんたちが、西春で降りると、辺りの乗客はかなり減っていた。

 暖かい正月のひととき。

 公園では、バトミントンを楽しむ家族づれ、またテニスで友人と汗を流す若者。

 さらに、サクラで有名な五条川では、釣りに没頭する老人たち。

 正月からヒトそれぞれの過ごし方が、車窓から見て取れる。

 列車が犬山遊園に着くと、モノレールを使わずに、境内まで歩いて登っていった。

 緩やかな小道を歩くこと10分。大きな赤い門が見えた。
 
 ちょうど、モノレールが正面入り口を横断する形で走っているので、置きピンで撮影していった。

 赤門をくぐって、やや歩くと、いくつにもつながる長い石の階段がのびていた。この辺りから参拝客が多くなってきた。

 その勾配のある階段を登ること5分。目標地点に着いた。

 境内からの見晴らしはいい。

 遠くに犬山城が見え、その横には大きな木曽川がゆっくりと流れている。

 当然、記念撮影があちらこちらで行われている。

 初詣での被写体としてやはり着物は注目すべき点。

 意外にも若い子もけっこう着物を着ており、オイラは嬉しい。

 日ごろはあまり気付かないかもしれないが、日本の文化は世界に充分自慢できる文化がたくさんなる。

 その中の一つ。織物の文化。これを後世にまで伝えるべき大切なこと。日本独自の色の活用や染色技術たるものはもう凄い。

 なんか話がそれてしまったが、とにかくオイラは着物が好きなのだ。

 初詣といえば、あとおみくじがつきもの。

 引いてみようではないか。


 おや。吉。

 (大吉じゃないの。まあ、いっか)

 記述を入念に目を運ばせていくと、いいことばかり書いてあるではない。

 ラッキー。(これ大吉のような内容やん)



 オイラは、ルンルン気分。

 「写真撮ってください」と声をかけてくる人たちにも、気軽に応対して、撮ってあげる。

 時には、撮らされたデジカメの露出の使い方まで教えちゃいましたよ。かなり老夫婦は喜んでたみたい。

 どうやら、長時間なんだかんだしながらも外にいたので、身体の冷えを感じてやまない。

 今日は暖かくして寝よう。

 今年も元気良くがんばろう。

 どうか本年もよろしくお願いします。


スポンサーサイト
01.13 (Sat) 00:50 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/15-d797b618
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。