上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年からワーキングホリデーに新たな国が加わりました。

 日本政府とアイルランド政府は、2006年6月28日、ワーキング・ホリデー・ビザ協定を締結した。

 外交関係樹立50周年記念行事のスタートを飾り、2007年1月1日より実施する。

 尚、アイルランドは従来よりオーストラリア・ニュージーランド・カナダ・香港の4ケ国との間でワーキングホリデーを実施している。日本が新たに加わり、実施対象国は5ケ国となりました。

 オイラは、人生の中で後悔と言うことがほとんどなかったが、唯一と言えば、このワーホリ制度を行使しなかったことだ。

 どうしても年齢制限があるため、その時期のタイミングがやはり難しい。

 ちょうど五年前、オイラは年齢制限に引っかかるため、インターンシップ制度を利用し、半年間ニュージーランドに行っていた。

 その結果、やはりワーキングホリデー制度を使っていくべきだったと痛感させられた。

 いろいろな安宿でワーホリ制度を使ったの日本の若者がいた。

 正直、ほとんどの若者は遊んでいる様子であったが、中には一生懸命勉強しているヒトもいる。

 オイラが思うには、海外で生活することは、そのヒトの意志の強さを試される場でもある。

 一生に一度の経験。この大切な一年間をどう使うか。

 間違いなく、日本は世界一裕福な国。

 もし、行かれる予定のあるヒトは、きちっと目標と計画性を立てて、トライして欲しいと切に願うのである。
スポンサーサイト
01.13 (Sat) 01:28 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/17-3555cbac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。