上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、以前習っていた英会話教室の外国人教師からこんなメールが寄せられた。

 「知人がパーキンソン病で苦しんでいます。どこか良い医師をご存知なら紹介してください」

 あの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのマイケル・J・フォックスが公表した難病だ。

 パーキンソン病とは、脳の黒質で作られる神経物質のひとつであるドーパミンが減少して起こるもので、原因がわからず治療法も確立されていない病気である。

 症状としては、「手足のふるえ(振戦)」、「筋肉のこわばり(筋固縮)」、「動きが鈍い(無動)」、「姿勢を保つことがへた(姿勢反射障害)」の四つの症状(四徴)である。

 その他にも、便秘や立ちくらみ、話す声が小さくなったり、まわりの人からみると何となくぼんやりしたように感じられることもある。

 また、無動のため言動が鈍くなり一見して痴呆のようにみえることもあるが、実際に痴呆を合併する疾患もあり鑑別を要する。また、うつ症状を合併する場合もあると言う。

 もし、これを読んで頂いた方で、どなたか心当たりのある方が見えたら、ご一報下さい。

 よろしくお願いします。
スポンサーサイト
01.13 (Sat) 01:29 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/18-8f9f5ce4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。