上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「皆さんこんばんは
 統括部長フッキーです。 

 今夜は、うっすらと靄のかかった空に満月が浮かんでいましたが、少し寂しさを感じるさせる空気が漂っていたかのようでした。 

 さて、本日は、写真のお話であります。 

 フィルムからデジタルへ変わり、もうデジカメを持っているのが当たり前のようになりましたね。

 最近は特に、携帯かデジカメかの区別がつかないようなおしゃれなものまで流通し、そのうちデジカメ携帯でも出るのではないでしょう。 

 こんな時代にも、フィルムを使って、モノクロの世界を写している巨人がいます。 

 それでは、今日の担当は、生活文化部まことちゃんにお願いいたします。それではまことちゃんどうぞ」




 「どうもまことちゃんじゃ。 

 今日は、写真の話をしたいと思うじゃけんのう。

 5月13日から東京都写真美術館にて、日本を代表する写真家・森山大道の個展『森山大道展Ⅰ.レトロスペクティヴ1965-2005/Ⅱ.ハワイ』が開催されとる。


 080516_1554~01



 moriyama.jpg


 本展じゃぁ、あんなぁの『今』『足跡』の2つを見ることがでける。

 まず、最新作のハワイから。 

 神秘的な自然と人々の日常をモノクロで捉えた独自の世界を展開。これまでにない真実のハワイの写真を見ることがでける。

 DM-2-160.jpg


 ほいでからね、何よりもいい企画なんは、モニター映像による撮影風景を実施しとることなんじゃ~。

 あんなぁが、どーよぉな被写体をどんようにして撮影しとるんか知ることがでけるんじゃ。こりゃぁ、写真をやっとる人にゃぁ、かなりお勧めな話じゃゆぅて思う。 

 さらに、モニター映像の横にゃぁ、シートにベタ焼きしたチェック済のちさい写真群が貼り付けられとり、どの作品を選んできたかってゆー過程を垣間見ることもできる。

 こりゃぁ、かなりヤバイじゃ。

 一方、足跡の展覧は、初期の代表作『にっぽん劇場写真帖』をはじめ、これまでになんべんも紹介された写真がずらりと紹介されとる。 

 “アレ、ブレ、ボケ”と形容されるハイコントラストや粗い粒子場面は、今のカラー写真の時代に一石を投じとる。

 
 moriyama2.jpg


 一貫して路上から見える日常の断片を収めてった作品群は、生々しゅぅて、不安感、欲望、孤独やらを感じさせる。 
 
 この個展は、6月29日(日)まで開催しとるけぇねー、おちこぉん方は、ぜひお勧めするんじゃ。 


東京都写真美術館

 http://www.syabi.com/index.shtml

 
 080516_1556~01



 「みなさん、いかがでしたかフッキーの再登場です。今回のネタはいかがでしたか?

 最後は、写真ということで、ちょっと面白いPVを見ていただこう。これからの季節にぴったりのサウンド『Martiniqueの海風』を送ります。

 それでは、今宵もいい写真に出会えるように・・・」

 『Martiniqueの海風』のPVはこちらです。


 
 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 
 
楽しめた方はこちらをクリックへ
スポンサーサイト
05.22 (Thu) 02:11 [ 未分類 ] CM2. TB0. TOP▲
  
コメント

大好きな写真家、というか写真をはじめたころにもっとも影響を受けた写真家です。

それを最もあらわしている証拠があります。

実は、ぼくの長男(5歳)の名前は『大道』です(笑)

われながら、いい名前をつけたと自負しております(笑
---------- iha(カールおじさん) [ 編集] URL . 05/22, 21:11 -----

カールさん

どうもご無沙汰してます。
見事な命名ですね。
これで、カールさんの写真が今以上に気になりました。
私も大道さんの写真は大好き、いや真似たいです。
まあ、いろいろいいたいのでが、ここではこの辺で。
またコメントをヨロシクお願いします。


---------- フッキー [ 編集] URL . 05/23, 02:51 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/202-97329281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。