上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 「みなさん、おはようございます。
 統括部長フッキーです。 

   さて本日は、ご存知の通り、横浜で大々的に行われたアフリカ会議のお話であります。

 やあ、それにしても横浜は、交通規制やなんやと凄いことになっていたようですね。 

 さて今日は、政治部たこ三宅さんからお願いします。それではどうぞ」




 「どうもたこ三宅じゃ。  

 何か久々じゃのう。さてと、さっそく始めますか。

 横浜市内のホテルで開かれていた第4回アフリカ開発会議が、先月30日「横浜行動計画」を発表し閉幕した。

 この間、日本政府は、アフリカに対する政府開発援助(ODA)を、平成24年までの5年間で倍増する方針を決めた。 

 また、道路網などインフラ整備を中心に援助を行うとともに、日本からの民間直接投資の倍増も目指すという。 

 政府は、厳しい財政事情を受けODA予算の削減を強いられているが、アフリカ向けODAを削減対象の「例外」とする方向になった。

 彼らは、ほんと例外とか、特別暫定とかの言葉が大好きじゃのう。

 やあ、何て太っ腹何んじゃろ。こんな借金大国で国民を苦しめておきながら、外ではいい顔して札束をちらつかせる。

 相変わらずナンやらの一つ覚えの資本投入中心の外交じゃのう。 

 しかし、みなさん今回の会議よく考えてください。 

 今回、横浜ではこの期間、いろんな場所でいろんなアフリカのイベントが行われ、その力の入れようには目を見張るものがありますね。

 いままでそんなに話題に上がってこなかった日本のアフリカ外交。それなのに、今回は、大々的に行っている。それはなぜか。 

 アフリカの貧困を本気で考え出したのか、また、アフリカの成長に着目したのか。

 答えは簡単じゃ。

 天然資源じゃ。 

 アフリカ諸国のドル建て国内総生産(GDP)の名目成長率は、2003年以降、年平均なんと20%を上回っており、その勢いは中国をしのいでいる。

 まあこれは、原油や希少金属の価格高騰の恩恵によるもので、資源獲得をにらんだ政府開発援助(ODA)や民間資金が成長を加速させているのである。 

 そんな美味しい場所を各国が指をくわえて見ているわけはない。 

 中国では、2000年からすでにアフリカ諸国との間で、定期的に首脳会談を行い、協力関係を強化している。

 何せ、12億人がいるから、天然資源確保に際し、躍起にならざるを得ないだろう。

 また、成長著しいインドでも、今年の4月から本格的にアフリカとの繋がりを強化した。ダイヤモンド石油などの供給を中心に契約している。 

 そのほか、ロシアでも、アフリカ諸国には、関税を免除する政策や船舶のレンタルなども実施している。

 また、ヨーロッパ諸国ばかりでなく、南米諸国の進出も目立ち、世界各国がアフリカの資源を狙っているのだ。 

 やはり、ここのところ問題になっている石油の高騰がまず一つ。何とか石油を安く、たくさん手に入れたいのが本音じゃろ。

 それと、いまや電子製品として欠かせないのが、レアメタル(希少金属)だ。 

 携帯、パソコンなどに使われているレアメタル類は、今後ますます世界的に需要は伸びると思われるため、確保に余念がない。

 その他にも、天然ガス、ウラン、電力、ボーキサイト、石炭なども豊富で、アフリカ大陸は世界中から注目の的なのじゃ。

 そんな世界の情勢に、遅れたのが、我が日本である。 

 今回、大々的に会議を開いて、アフリカ諸国のご機嫌を取っている。そして、マスコミはマスコミで大きく取り上げて、政権の支持率アップに貢献しようとしている。

 しかし、アフリカの諸国の代表からは、かなり厳しい意見がでているそうだ。 

この会議の議長であるのびた君は、ルワンダカガメ大統領とは、たった15分の会談。 

 しかも、その中で、以前この通信社でも取り上げた『日本のルアンダ難民救援隊』について一切触れなかったことを、産経新聞が指摘している。 

 わが国は、天然資源の確保以外にも、国連常任理事国への後押しをお願いしているわけだけど、こんな基本的な外交もできない無知な人間が対応しているようでは、各国の代表に対し、日本の真摯でない態度を露呈しているようなものだ。 

 まあ、このように世界がアフリカに注目し、アフリカ支援事業と言って銭を援助や投資しているけど、実のところは “各国が天然資源というエネルギーを援助してもらっている” のが真実なのじゃ。

 それでは、今日はこの辺で、三宅じゃった。 

 おっと、今日はわしから、名曲をプレゼントしよう。とうとう梅雨に入り、雨の日々が続く。

 わしにとって雨の名曲といえば、これかのう。ちょっと時期は少し違うが雨の名曲には変わりないじゃろ。それでは、こちらを聞いてお別れじゃ。それでは、じっくり聞いてくだされ」


  昭和を代表する歌手の雨の名曲です





 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 
 
ブログランキングへはこちらをクリック




スポンサーサイト
06.03 (Tue) 05:10 [ 未分類 ] CM4. TB0. TOP▲
  
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- [ 編集] . 06/03, 23:57 -----
明るい未来への一歩
訪問、拝見させていただきました。

コメント残していきますね。

また来ます。

不適切なコメントでしたらお手数ですが削除お願いします。
---------- シュウタン [ 編集] URL . 06/04, 21:37 -----
開発かぁ~
アフリカのどこまで開発するのかわかりませんが、「緑資源」を大切にしないと温暖化がますます進んで大変なことに・・・。
自然のバランスを崩すと大飢饉がもっと早くきてしまうかもしれません。
そして、水(海・河川・飲料水)をきれいにしたかったら「山(緑)」からを忘れてはいけません。

もんじゃ、おつかれさま~。
---------- 月島もんじゃ! [ 編集] URL . 06/04, 22:41 -----

【ショウタン】さん

はじめまして

ご訪問ありがとうございます。
今後、ご意見、ご指導よろしくお願いします。


【月島もんじゃ】さん

もんじゃお疲れさまでした。

只今、食料を選ぶか燃料を選ぶか議論されております。
本来ならば、食料を選択したほうが自然環境においていいのに、愚かな人間と言う生き物は、燃料を選ぶでしょうね。
科学・技術の進歩が、地球の後退を意味しているのに・・・。





---------- フッキー [ 編集] URL . 06/05, 03:30 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/210-4706b878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。