上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「みなさん、こんばんは
 統括部長フッキーです。 

 今日は見事暑くなりましたねえ。街を闊歩する人たち半袖で、良き週末を過ごしたことでしょうね。 

そうそう、植田ジャパンもやりましたね。ほんとおめでとうですわ。正直、男子はさほど期待していなかったのですが、嬉しい朗報ですね。 

 さて今日は、久々にダルムッシュの登場です。現役を終えても、夜は現役中のプレーボーイ記者の彼からご報告いただきましょう。それではみなさん、お楽しみくださいませ。
 運動部ダルムッシュさん、お願いいたします」




 「おばんでやす。ダルムッシュです。 

 今宵はサッカーのお話をするっちゃ。それでは、お楽しみください! 

 W杯以上さ質が高くおもしぇえと言われる4年さいっかいの欧州の頂点を決定するEURO2008大会がいよいよ始まるっちゃ。  

 今回は、オーストリア、スイスの共同開催で開幕すれ、両国の計8都市を舞台さ、29日の決勝戦まで、ワールドカップ(W杯)よりもハイレベルともいわれる白熱した戦いが繰り広げられっちゃ。 

 初日はグループAの2試合が行なわれ、開幕戦として共同ホスト国のスイスがチェコと対戦し、第2試合で前回準優勝のポルトガルがトルコの挑戦を受けっちゃ。

 クリスティアーノ・ロナウド、デコらスター選手が揃い、優勝候補とまなぐっこされるポルトガルがどんなスタートを切るのかさ注まなぐっこが集まっていっちゃ。

 んでは、各国を紹介します。 

 まずは、グループAからだあ。

 ポルトガル、スイス、チェコ、トルコ

 前大会準優勝のポルトガルがダントツの前評判を得ているが、他国がポルトガル包囲網を敷いてくるだっちゃうべや。 

 スイス、チェコ、トルコはいずれも確が実力を備えた強豪だけさ、決勝トーナメントさの行方は最終戦までたがぐれ込む激闘さなるかもしれねおん。 

 こごは、ポルトガルが崩れると、どの国も実力揃いなのや。んんだがらら、面白くなるかもしれね。


 続いて、グループB 

 ドイツ、クロアチア、オーストリア、ポーランド

 優勝候補の一角であるドイツ。バラックが調子いいみたいだあ。メンバーも先のワールドカップと同様完成度が高く、けっこう堅い戦で進んでいくのだっちゃだっちゃうか。

 このドイツの続くのが、クロアチアだおん。予選で本命のイングランドを下し、いま一番勢いがあるチームかもしれねおん。 

 若手とコバチなんかのベテランとの信頼関係も良好で、このバランスの取れたチームさも注まなぐっこしてみようべや。

 また、開催国のオーストリアは、戦力的さ厳しいと思われるが、地元旋風を巻起こしたいとごであっちゃ。

 続いて、グループC 

 イタリア、フランス、オランダ、ルーマニア

 このグループは、 『死のグループ』と言われっちゃ。

 歴代優勝国であるイタリア、フランス、オランダ、んで、くせ者の言われるルーマニアが入ってんばだのグループは、まささセミファイナルの様相を呈してっと。

 イタリア、フランスともワールドカップ当時のメンバーをベースとしながらも、若手をわんつか投入してっと。  

 スタミナ面さおいて心配はあるがなの、経験値ががり高いので順当さ行けば、この似チームだと思うべや。

 だげっと、オカマちゃんロッベンのオランダは、攻撃力のチーム。最前線のファン・ニステルローイを中心さ破壊力を見せることができるかがポイントだっちゃうべや。 

 んで、大穴といわれるルーマニア。スター選手は少ないがなの、個人のテクニックは卓越しており、攻守が上手くはまればおもしぇえ存在さなるかもしれねおん。


 最後は、グループD

 スペイン、ギリシャ、スウェーデン、ロシア

 グループDの本命はスペインだおん。 

 前回優勝のギリシャは、当時のメンバーが数いっぺの残り、守備面では期待できるが、攻撃面では、破壊力さ欠けるのは否めない。若手のFWさ期待がかかるだっちゃうべや。 

 また、長身集団スウェーデンは、エースのイブラヒモビッチが勝利の鍵を握っているとかだれようべや。

 んで、ロシアは、予選全試合さ出場してっとアルシャービン選手が、2試合の出場停止で欠くことがいだいようだおん。 

 戦力面で見れば、このグループは、2位争いが熾烈さなるかもしれね。


 さて、まもなくプレイーボール。いや、キックオフだあ。

 各グループから上位2チームが決勝のトーナメントさ進むことができっちゃ。

 前大会のような波乱があるのか、みなつぁん注まなぐっこすっぺし。

 今日は以上だあ。ヒップがセクシーなダルムッシュだったい」


 「はい、フッキーの再登場です。
 みなさん本日はいかがでしたか?
 EURO大会、ワールドカップ同様、ほんと面白いんですよね。

 さて、本日はスポーツのお話なので、スポーツ好きのミュージシャンからお届けしましょう。

 今日は、ビリー・ジョエルさんです。

 彼は、ご存知アルバムのジャケ写に使うほどのヤンキースファンの一人です。 

 彼の曲はもう山ほどありますが、今日は、その中から隠れた名曲を紹介します。

 93年リリースのアルバム「リヴァー・オブ・ドリームス」からこの曲です。それでは、お楽しみください。おっと、携帯の方いつもいつもすいません。早くシステム変るといいですね。それまで、我慢してください。

 それでは、この辺で、フッキーでした」 

 隠れた名曲ですぞ。


 

 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
 
ブログランキングへはこちら



スポンサーサイト
06.08 (Sun) 02:22 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/212-7cc65d09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。