上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「みなさん、こんばんは。

 統括部長フッキーです。 

  いやあ、今日は、政界において市場初の出来事が起こりました。これは、ニュースです。

 それでは、政治部たこ三宅さんからお願いします。それではどうぞ」




 「どうも、たこ三宅じゃ。  

 ねじれ国会という事態が続く政界で本日大きな決議案が可決されましたな。

 それでは、わかりやすくお話していきたいと思います。

 本日、参議院において、現首相に対しての問責決議案が可決された。

 この問責決議案じゃが、これは内閣総理大臣(首相)やそれぞれの国務大臣について、不適任だと判断したときに、参議院で決議される法案のことじゃ。

 首相としては、戦後初の事態なのじゃ。

 日本の国会では、参議院には、内閣不信任案決議権がない。その代わり、問責決議によって政権の政治責任を問うものである。

 ただ、内閣不信任決議と異なり、法的な拘束はないんじゃ

 責任者“失格”と言うレッテルを張られ、“屈辱”を味わうわけ。 

 この決議案が可決することで、問責された閣僚等が出席する国会において、野党議員はこの決議があるからと言って、参議院委員会において、審議拒否などの行動をとることが予想される。 

 もし、全員が欠席となると、審議が混乱し、内閣総辞職、解散に追い込まれると言うわけである。

 しかし、映像見ました?ふてくされたあののびた君の表情。 

 その後の、記者の質問では、瞬きばかりで、動揺が隠せていなかった。 

 ここまで、党内ではいつも談合で決める次期首相候補がまとまらない為に延命治療を行われてきたわけだが、どこまで引っ張るつもりなのでしょうかね。 

 今のまま解散すれば、自分党は敗北するだろう。

 しかし、起死回生はまだあります。 

 衆議院での内閣信任決議案じゃ。

 追い込まれた自分党が、反対に多数の議席を持つ衆議院内で内閣を支持する法案を可決する選択がある。

 そうなると、追い込まれていた現政権がさらに延命を続けてしまうのじゃ。

 まあ、民衆党も衆議院での内閣不信任決議を提出することもできたが、まあ否決されるのは間違いないので、参議院での問責決議案を選択したというわけだ。

 この後は、民衆党がどこまで審議拒否し続けられるかがポイントである。あまり長引くと、国民に対して、イメージを悪くしてしまう恐れがあるからだ。 

 その辺りを自分党はさまざまなマスゴミを利用してアピールすると予想されますね。 

 至上最悪の辞職をした前首相がいたけど、のびた君はいつどのように退陣するのかな?前よりはましな辞め方を選んでほしいのじゃがな。

 人生引き際が大事とか、終わりよければ全てよし、と言うけれど、ほんと教訓を得ていない大人がたくさんいる。みっともないったらありゃしない。

 そんな人たちには、星野さんが阪神の監督を辞めた時のビデオでも見てもらいたいのう。 

 今日は以上です。たこ三宅でした」


 「はいどうも、フッキーの再登場です。今日はどうでしたか。

 やあ、のびたさん苦しそうですね。なんか回りも冷たそうで少し可愛そうに見えてきますねえ。

 そんな老人がいる一方で元気なおじいちゃんもいます。

 今日は、そんなヒトを紹介します。

 あまり知らないと思うので説明しますね。

 何年か前に映画『ブエナビスタソシアルクラブ』というのが流行りました。

 これは、キューバ音楽を紹介する作品なのですが、その中で活躍しているお一人です。みなさん、踊ってくださいね。

 それでは、本日もありがとうございました」
 
 これがイブラヒムおじいちゃんだ!


 

 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
 
ブログランキングへはこちら


スポンサーサイト
06.11 (Wed) 22:14 [ 未分類 ] CM1. TB0. TOP▲
  
コメント

おひさしぶりです。
イブラヒムさんはお亡くなりになりましたー。
ハバナで一度お会いしましたが、
とても素敵なおじいさんでした。
---------- gramercy [ 編集] URL . 06/11, 23:14 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/215-be4cedfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。