上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 「こんばんは
 統括部長フッキーです。 

 梅雨のまっただ中に、アキバでは大きな事件が起こってしまいましたね。 

 オイラはアキバが苦手なのでほとんど行かないのですが、歩行者天国の週末に犯行に及んだと、武器購入とか、かなり綿密な殺意があった証拠でしょう。

 こんな前代未聞の犯罪者にも精神鑑定が行われると言う。 

 何でも犯罪者には、精神鑑定、精神鑑定って、こんな犯罪者に人権があることに疑問を抱く昨今、みなさんいかがお過ごしですか。

 さて、話は変わって本日は、女性のデリケートなお話です。 

 女性は男性と違って、美しさに対して、今流行の羞恥心でなく、執着心があることでしょう。

 綺麗になりたい、可愛くなりたい、希望は果てることなく続く女性としての存在。

 今回、とあるクライアントさんへのプレゼントとしても役立てていただければとも思います。

 本日は、生活文化部まことちゃんにお願いいたします。それでは、ごゆっくりどうぞ」




 「どうも、まことちゃんじゃ。 

 今日は、知っておきたい女性の魅力のお話じゃが、特別講師としてゲストに来ていただいております。それでは、紹介いたします。高輪に住むマダムベアールさんです」


 
 「どうも、お久しぶりです。マダム・ベアールざます。  

 本日は、とっておきの女性のお話を紹介いたします。 

 何故、私かって言うとですね、実は私モデル事務所を経営しているざますの。 

 おもに、パリ・コレとかのファッションモデルたちを輩出しているところなんですが、いろいろな女性を見てきているので、それなりに参考になるかなって感じです。

 今こんないろんなヒトを見る仕事をしてるんですけど、今振り返ると、これは小学生の時から少し意識してるんじゃないかな。 

 確か、三年生か四年生だと思うんですが、終業式まじかの時、クラスでちょっとした手紙のやり取りがあったんです。 

 来月からクラスが変るからって、先生がクラス内で無記名で手紙のやり取りをする授業があったのよ。

 それで、私は二枚届いたですけど、その一枚に凄いのがあったの。  

 10行もなかったと思うんだけど、文面の中で印象だったのがこれ。

 『00ちゃんは、よくヒトを見ている』  

 小学生だよ!

 コレを見たときには、もう私びっくり。 

 当時誰かと想像したけど、皆目わからなかった。でも、文面からして異性であるのはわかった気がする。

 それからと言うものの、私は、この文章に轢かれ、国語の出来るヒトに憧れ、文科系まっしぐらってわけ。 

 ちょっと長くなったけど、そろそろ本題に入りましょうかね。それでは、よろしくね。



 男性も女性も外見上美しいに超したことはないわよね。 

 特に女性は、贔屓目に見られるし、いろいろな面で役立つことも多いだろう。

 そんな中、最近の男性の女性に対するアンケートでこんな変化が見えてきた。

 『女性の何を見て美しいと思うか?』

 一昔前は、1位に、2位に体全体、3位にとなっていたが、最近は、2位に胸となり、3位に表情が入ってきたという。 

 感情表現を素直に表現する女性が魅力的に見えてきたということだろう。 

 と言うことは、美人の条件と心理的、精神的な内側の部分も考えることになったのかな。

 人間生きていれば、いろいろな出来事に出くわし、喜怒哀楽を表現する。 

 その時の気持ちを表す表情の豊かさが受けるのだろうが、その中でもやはり大切なのが、笑顔だと思う。 

 笑顔にもいろいろあるけど、重要なのは、目が笑っているかどうかだ。

 目が優しく、嬉しく、かつ輝いている と不思議なことに、周りの空気も変えてしまう。

 しかし、どんなに愛想笑いを浮かべても、目を見ればわかる人にはわかる。

 表情のないヒトは、目が笑っていなかったり、目で怒っていないなど、目に偽りを生じている。

 明るい表情や冷たい表情であれ、真摯に表情を表現することは、ヒトに媚びがなく、ヒトの心を大きく打つのではないのかな。 

 結局、表情のあるヒトとは、目に心を持っていると言うことだろう。 

 単なる美人だけだと、いつどこでも同じような、いわゆる“表情のない顔”に見えてしまうということではないだろうか。

それでは、どうすれば表情豊かな女性になれるか。

 答えは簡単。いろんな事を見て、聞いて、読んで、味わうなど五感を刺激すること。さらに、いろんなヒトと出会い、話し、ヒトを見る目を養うこと。

 また、自分自身に限界をひかず、常に好奇心の目を向けること。そして、それらの経験が蓄積され、一人の人間の人格形成に大きな影響を与えるということでしょうね。

 世の中にこんな言葉がある。

 『才色兼備』 『美人薄命』 

 どちらも美人を対象にした有名な言葉であるが、どちらを見かける機会が多いかな?

 答えは、だいたい想像つきますよね。

 美人は、最初からプラスイメージで見られるから、結構後が大変だろう。しかも、美しさは正直永遠ではないから、見た目の美しさの代わりに何を持って自分の美しさを保持するのか。

 意外と、美人も大変なのかもしれませんね。

 それでは、本日はこの辺でマダム・ベアールでした。

 おっと、最後に私からプレゼントです。 

 素敵な目を持つ女性を紹介します。よく見てください。携帯の方はごめんなさい。

 それでは、ご覧ください。オルボアール!」

魅力的なアジアの歌姫


 

 ※ なお、当社の概要については、2007年9月28日の報告をご覧下さいませ。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
 
ブログランキングへはこちら




スポンサーサイト
06.12 (Thu) 00:39 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/216-ef6a2c48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。