上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「みなさん、お久しぶりです。

 統括部長フッキーです。 

 とうとう日本の代表が辞任したとか。

 やあ記者会見見ました? 

 もう、投げやりもいいとこですねえ。

 しかも、最後の質問の答え方。

 質問した記者に対して、あなたとは違う!って。

 もう切れてるやん!

 大人げないよねえ。

 もうどうしようもございません。

 今のままの政権ではこの国は崩壊していきますよ。

 ほんま、次の選挙で国民はちゃんとした判断を下しましょう。

 
 さて、本日は、 『ムッシュのヒツジーランド奮闘記』第8話になります。 
 それでは、どうぞ」 
 


 ★ 第8話 『ホームシック』

 
 こちらに来て、一ヶ月を過ぎようとしていた。

 最近、こちらの食事や生活に慣れてきてはいるが、一方で日本食が恋しくなってきている自分がいるのが否めない。 

 家から持ってきた味噌汁やラーメンを、ときより食べるようになってきた。 

 食事が合わないわけではないが、一週間の献立がほとんど決まっており、それの繰り返しで、単調なのである。

 調理という料理をほとんどしないホストマザー。年齢的に大変とは思うが、もう少し頑張ってよと思うところもある。

 また、この一ヶ月、英語ばかりの生活で、近頃疲れているのか、家族との会話も面倒にもなってきている。 

 相変わらず、彼女の会話がわかりづらい。しかも、ダニエルは無口な性格。

 だから、テレビを見ては、英語に慣れようとするものの、やはりそう簡単には、生の英語を聞き取ることは出来ない。こうして、いろいろな苦痛が伴っているようだ。

 これは、もしかしてと思った。

 まさかこの歳にしてホームシック


 DSCF0011.jpg


 そう、確かにこれはホームシックに値する心境なのだろう。 

 そんなものには絶対かからないと思っていただけに、オイラも少しびっくりする面がある。

 日本人のいない生活。やはり、日本語をしゃべりたいという自分がどこかに潜んでいる。

 そう、友達がほしいのかもしれない。 

 海外に住んでいると、やはり楽しいことばかりではない。

 そんなときのためにオイラは、いちよう対応策を考えておいた。

 まず、無理せずに好きな食事を取ること。そして、日本人交流する機会をつくること。また、旅行などをして気分を変えること。

 もし、それでも対応できない場合は、日本に連絡して話すこと。そう、相談相手が必要なのである。それでもダメなら、帰ること

 このように大雑把ではあるが、対策をまとめておいた。 

 その一方で、もっと積極的に現地に順応していく気持ちも、もちろんだけど大切。一過性の病に済ますためにも、来た意味を再確認し、負けない自分を作っていかねばならない。

 この道はもしかすると、海外生活を始めた人が、必ず通過すべき道かもしれない。そんな短い道だと信じることで、気が楽になるはず。

 早く去ってほしい、心の中を通過していく台風である。 


スポンサーサイト
09.03 (Wed) 01:43 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/243-d97716ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。