上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 みなさん、こんばんは。

統括部長フッキーです。 

 やあ、事故米問題は切実ですね。 

 名古屋でコンビニなんかのおにぎりなんかで使用されていたと聞いて他人事ではなくなったオイラです。

 もしかして、そんな商品をかつて食してしたのではないだろうか。

 これもすべて後の祭りや。 

 農水大臣なんかが、辞任したけど、この時期に辞めてもあまり変らんのやけどね。

 それよりも、解体やね。

 各省庁の解体をしないことには、今後も役人の仕事ぶりは変らんと思うよ。

 以前話が上がったけど、公務員改革で、給料を安くして、副業を認めるような、大きく、かつ奇抜な改革でもしない限り、公務員体質は変らへんだろうね。 

 バカは吉本へ行けじゃなく、公務員になれという構図だよ。

 まあ、この問題で次の選挙は、民主が勝つのが間違いないと思うけど、さあどうなるかねえ。

 
 さて、本日は、 『ムッシュのヒツジーランド奮闘記』第9話になります。 
 それでは、どうぞ」 
 


 ★ 第9話 『暴れん坊から学ぶこと』


 当校の生徒たちは、いつも元気が良く、気ままに生活している。いい意味で、自由奔放という言葉がはまるだろう。

 しかし、その一方で、かわいい顔をしていても、時より牙をむき出しにする生徒もいる。 

 かれこれ、一ヶ月を過ぎ、生徒の入れ替わりも少なからずあった。手がつけられないほどの傍若無人ぶりを見せた男生徒が一人そして、また一人と、いつのまにか姿を消していた。 


 DSCF0014.jpg

 そんな折、最近来なくなった一人の生徒と仲の良かった男子生徒がいた。彼の名はペニー。 

 透き通るブルーの瞳が印象的な美しい金髪のペニーは、親友こそ悪いが、オイラは常に利口な可愛い少年と認知していた。

 しかし、彼は相棒を失ったある日から、日々遊び相手を変えながら学校生活をするが、少しずつ乱暴な生徒へと変貌する傾向にあった。 

 これまでさほどいじめることがなかった彼が、やたらと手を上げ出してきたのである。
 
 そして、ある日のことである。ペニーがとある生徒にまた悪さをしでかし、さすがに我慢の限界を越えたオイラは、彼に目を剥いて、こう迫った。

 「何でいままで利口な君が、最近になってこんな意地悪をするんや!いい加減にしろよ」
   
 すると、涙ぐんだ表情を浮かべた彼から、思わぬ答えが返ってきた。

 「僕は、ただ、ただ、友達が欲しいだけ、それだけなんだ!」 
 すでに、くしゃくしゃになった顔から大粒の涙が溢れていた。 
 
 これを聴いたオイラは、一瞬時間が止まり、返す言葉が見つからなかった。子供は子供なりに真剣に生きている。大人と同じように悩みや不安を抱いて生きているのだ。

 オイラは、自分の幼少時代を振り返り、どんな子供だったかを思い返してみた。先生とどう接していたか、また他の生徒とどう接していたか、よく考えてみた。 

 すると、答えが出てきた。

 オイラは小学生時代に、凄く友達選びに敏感だった生徒だと思う。どういう生徒が一番相性がよいか、どういう子が自分にプラスになるか、ちゃんと考えていた。今でも、その学年時に仲の良かった生徒の名前をうっすらではあるが、覚えている。

 ゆえに、子供は子供なりにちゃんと考えているわけなのだ。

 それからというものの、オイラはペニーの行動が気になって仕方がなかった。そやから、なるべく彼と接点を多くしてあげようと思い、日々心掛けていた。

 すると、どうだろう。少しずつ彼の中で何かが変わっていったのか、かつての牙が影を潜めるようになっていった。そんな姿を見ていると、オイラの目頭が、時々熱くなる。 

 やはり、子供は純朴で素直である。

 ヒトは、大人になるにつれ、これまでの純粋さと言う名の武器を狡さと言う名の武器に持ち帰る。

 そして、大人の社会に揉まれ、ありとあらゆる困難に立ち向かうため、少しずつ自分というものが形成されていく。

 やがていつしか自己なるものが芽生え、一人前の大人になる。 

 しかし、その一方で、自己があまり強すぎる時、たいてい素直と言う言葉を忘れてしまっている。

 例えば、謝らない、認めない、聞かないなどが上げられるだろう。これは、実に覚えのあるひともいるだろう。

 子供たちを見て思う。

 大人になって忘れてしまったこと、新たに気付いたことなど、ちゃんと子供から学ぶこともたくさんあるのだと…。 

 ヒトは、 “初心忘れべからず”
 世阿弥の言葉だ。

 オイラは、この言葉をいつも大切にしていこうと思った。 


スポンサーサイト
09.21 (Sun) 01:03 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/245-ef0b5db4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。