上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 私が東京で一番行っている場所と言えば渋谷だ。

 いろんな人がいろんな考えを持って歩いている。

 それは、まさに千差万別で、被写体としては羨望の的である。

 近頃、私はセピアに注目している。

 そうはいうものの、あくまでも携帯においてであるため、今年からは一眼カメラでセピアにあう被写体を本格的に撮ろうと思う。

 実は、先日、木村伊兵衛写真大賞に作品を見たときに感じた。

 改めて、写真は色がないほうが想像性が養われということ。

 色があることで、答えがはっきりしていて、見る人にインパクトは与えるが、持続性に欠けた作品になり、心の奥底まで沁みてこないと思うのだ。

 もっともっと、人の心を捉えてやまない写真が撮りたい。


 sa381112001 (2)


 
 

 
スポンサーサイト
01.07 (Fri) 02:46 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/258-f8b3d6ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。