上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 第二回目は、名古屋桜通線高岳駅にある中華料理の“味園”泉店
 本店は、鶴舞にあるが、車でしかいけない。なので、お酒を飲みたい人はこのお店がいい。

 最寄り駅から北へ5分も進めば店が見えてくる。

 150x150_square_12953388.jpg

名古屋の中華料理といえば、ご当地らーめん、台湾ラーメンで有名な“味仙”が有名だ。確かに味仙の台湾は旨い。だが、他が段々味が落ちてきている気がする。

では、そろそろいきましょうか。

まずは、青菜炒めからいただく。

150x150_square_694668.jpg
150x150_square_9118196.jpg

 ニンニクのきいた空芯菜が食欲をそそる。ときより、大きな塊のニンニクがでてくるが、それをかじるのも良し。とにかく、どんどん箸が進む。汁まですいたいくらいだ。

 お次は、酢豚
150x150_square_12329078.jpg


台湾風なので、サイコロサイズの肉の上に、ネギと唐辛子がどっぷり乗ったかっている。この食べ物をはじめて食べたとき、これまでの酢豚とかけ離れているので、非常に感動したことを覚えている。

 ジュワーと肉汁が口の中いっぱいに広がる。薬味と一緒に食べると、見事なハーモニーを奏でる。ときより、唐辛子が食べてしまっておー辛っとなるかもしれないが、それも良し。ここまでの前菜でも満足できる。あー幸せ

 さて、今回の主役といきますか。焼き豚出し入りチャーハン

 150x150_square_23005588.jpg

150x150_square_30148413.jpg


 誰しもがこれまで、いろいろな店でチャーハンを食べてきたと思うが、ここのチャーハンはまず時間がかかる。通常、調理を見ていると、あっという間に出ることが多い。

 しかし、この店は違う。倍はかかる。なぜならば、一度炒めたチャーハンに、じっくりとチャーシューの汁を染み込ませる過程があるからだ。では、頂こう。

 コメはさほどパラパラではないが、一粒一粒に肉汁が染み込んでいるから、一口一口かみしめるたびに、肉の香りまでもが鼻から出てきそうなほどだ。
 サイコロ型の焼き豚も入っている。スープすらじゃまになるくらい、チャーハンだけで十分堪能できる。こんな旨いチャーハンはない。ほんとに!no.1だ。

 締めは、やはり台湾ラーメン

 150x150_square_10367903.jpg

 味仙に比べて、少し酸味があり、辛さは抑え気味。だから、女性でもなんとかいけるだろう。ちなみに、辛さを抑えたアメリカンがある。辛い辛い。しかし、出汁が効いていて、レンゲにスープがどんどん満たされる。やばい!

奥のほうにもやしが隠れていた。にらとのコンビは抜群だ。そぼろ肉も結構量が多い。あー幸せ。汁まで全部飲み干してしまいそう。

以上、本日は、名古屋に来たならぜひ寄ってほしいお店だ。場所は、栄から歩いて可能です。では、また。

http://tabelog.com/aichi/A2301/A230104/23006665/
スポンサーサイト
09.27 (Sat) 22:34 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/274-b812e5fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。