上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再会
 年の瀬にもかかわらず、何年ぶりだろう。四年かな。
 かつての英会話教室の先生リサに会った。
 というよりも、お店に来店してくれたのだ。
 おいらがニュージーに行く前に、二つの英会話教室に通っていた。一箇所は外国人教師を含む三・四人で話す教室。もう一つがリサの個人レッスンであった。
 彼女のレッスン教室は、彼女の自宅で行われ、簡単な教材をもとにマンツウマンで行われた。よって、教室内において、生徒同志が顔を合わすことがない。
 しかし、彼女なりにいろいろ考えているのだろう。いろいろなイベントを催しては生徒間の交流を計っていた。確かに、こうすることによって、生徒が長続きするのだろう。
 だから、自分が現役のころも、何人かの友人ができ、楽しいひとときを過ごすことができたと思う。
 そんな彼女に久しぶりにお店のオープンのことをメールで話すと、久々にも関わらず、さっそく来店してくれたのだ。
 お店の扉が開き、彼女の姿を見てビックリ。いきなりの意表を付かれたので、返す言葉がなかった。(英語が出てこないよ)
 彼女は、見知らぬ四人の生徒らしき人たちを引き連れて、楽しい時間を過ごして帰っていった。
 彼女といろいろ話がしたかったが、なんせ英語があんまり出てこない。どっぷりと日本の生活に慣れ、英語を話す機会がないため、話せなくなってきている自分に気付いた。(常に、FM曲のradio i を聴いてはいる)
 やっぱ、言葉は道具だ。
 使わないと錆びて、腐っちまう。
 しかし、今の生活では、使う必要がない。これは、悩むところである。
 まあ、こうして彼女と再会できたことは、大きな財産なので、教室に行くことは出来ないが、今後も英語に関する付き合いはしていきたいと思っている。
 なんせ、海外に行くときに役立つからね。
 今日は、ほんとリサに感謝です。


 
 ▲ # by monsieur1192 | 2005-12-30 02:40 | Trackback(41) | Comments(0)
2005年 12月 24日
こんな時に・・・
 メリークリスマス!
 とうとう24日になりました。みなさん今夜はどう過ごすんでしょうかね。
 個人的には、定番となった小田和正のクリスマス番組が大好きです。日本のガーファンクかエルトン・ジョンみたいになってきた彼の歌声は、聖夜にピッタリと嵌まります。初めてこの番組が開催されたとき、「たしかなこと」を聴いて、えらく感動したのを覚えています。

 さて、話は変わって、本日久しぶりカメラを手に取り、街に出かけました。昨日の雪が残る名古屋市内は、クリスマス一色であります。
 所々に雪だるまが佇んでいたり、もみの木をかたどったモニュメントが街に溢れています。その中でも目を引いたのが、とあるビルでは窓に配色を施し、もみの木をかたどった大掛かりなものがありました。(そこまでするか)
 とにかく、クリスマスに彩られた街の一面をシャッターに収め、一段楽してからパルコへ久々に向かいました。
 いつもと同じCDフロアーからスタート。この時期は、発売ラッシュですから、いろんなCDが売られています。そんな中、クラシックのCDを一枚、DVDを一枚買ってきました。
 そのDVDは、お気に入りの「コットンクラブ」であります。
 この映画は、1920年代の禁酒法化のハーレムの華やかなショウとその裏にある暗黒の社会を描いた名作であります。
 監督はご存知コッポラ。主演は若きリチャード・ギア。その他には、ダイアン・レインにまだ売れていない頃のニコラス・ゲイジと「マトリックス」でおなじみのローレンス・フィッシュバーンが何と出ているんですよ。
 古き時代のジャズと華やかなショウにタップダンスなど見所たくさんの作品。今回で三回目かな。何度見てもいい映画ですねえ。
 やっぱ、映画はいいなあ。(しかし、こんな時期ぐらい愛しい人と見たいよなあ)
 一時期は、月に10本近く見ていたけど、最近は時間がなく、ぜんぜん見てなかったなあ。何とか時間を使ってこれからもいい作品を見てこう。
 ちなみに、オススメ映画のコーナーはHPに掲載してあります。HPの案内は、11月15日のブログにあります。映画選びの参考にしてください。それでは、さよなら、さよなら、さよなら。

 
 
 ▲ # by monsieur1192 | 2005-12-24 02:15 | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 23日
雪化粧の街
 何でしょう。この大雪。
 名古屋では先週に続き、銀世界に包まれ、ブルブルと寒さが身にしみます。
 何だかんだと名古屋生活十八年。田舎よりも少し寒いけど、こんな異常な寒さは始めてやね。
 今日の帰り道、降り積もった雪に覆われた街を見て思い出した。
 大学の卒業旅行のとき、北海道にスキーに行った時の札幌の光景。降り積もる街の中、すすきのにラーメンを食べに行った。本当に身にしみる寒さで、精神まで凍結しそうやった。
 そやから、宿泊先のホテルの帰り道、歩道でふざけて滑り込みして遊んでいたら、膝擦り剥いて大変なことになったなあ。(バカです)
 
 やっぱ雪はゲレンデでみたいよな。ここんとこスキー場に行ってないなあ。
 しかし、こんな雪を快く思っているのはどんな人だろう?
 スキー場関係者?タクシー会社?家電量販店?それともビデオレンタル店かな。いや、犬。でも、やっぱり子供だろうなあ。


 

▲ # by monsieur1192 | 2005-12-23 00:00 | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 22日
定期券
 地下鉄の定期券を購入しました。
 現在は自動販売機で帰るようになり、ずいぶんと便利になった。
 今回、藤ヶ丘駅から久屋大通駅までの定期を買うにあたり、いろいろいろと考えた。同じ料金なら名古屋駅まで買ったほうがいいはず。
 しかし、ここで難問。それは経由である。今池を経由して、桜通線を買えばいいのだが、実際栄で降りて、名城線に乗り換えて久屋大通に行くほうが早い。
 しかし、栄で途下車しようとすると、初乗り料金がかかってしまう。名古屋駅より栄の方が近いのに追加料金がかかるのだ。
 そうすると、一番いいのが、栄を経由し、さらに久屋大通を経由して名古屋へ行く。こんな経由方法が表示されていたかどうか定かではない今、次回あらためて確認してみたいと思う。意外とちゃんとしている市営地下鉄の一面ですな。
 しかし、万博が終ったというものの、未だに地下鉄のアナウンスは外国語を話しています。中国語・韓国語・タガログ語・英語。これも万博の途中から始まったサービス。もういいのではないですか。
 それより、反省点としてリニモどないするんやろ。地下鉄とリニモを簡単に乗り換えるシステムにできなかったやろかなあ。また、星が丘発にして、名東本通を経由すれば、もっと乗り降りする人がいたはず。ここを通り、日進に出れば大学がいっぱいあるから利用者は大きく変わったはず。
 あと、名城線が環状線になったけど、そんなに利便性がよくなったとは思えない。それよりも藤ヶ丘と赤池を繋ぎ、東山線の環状線を作れば、まさしくホントに便利な環状線ができるはず。
 まあ、でもバスとの関連や車との関連があるからなかなかできないのかもしれませんね。
 やっぱ、名古屋は車会社の街ですから・・・。
 
 ▲ # by monsieur1192 | 2005-12-22 22:01 | Trackback(2) | Comments(0)
2005年 12月 22日
至福の時
 お店をオープンして六日が過ぎました。
 忘年会シーズンのこの時期、予約客で混み合っていると思われる店舗とは違い、宣伝もしていない当店では、まばらな客入りでんな。
 にもかかわらず、すでに二組のお客様が二度目の来店をしてくださいました。店がそれほど大きくないので、いろいろとお客さんとのコミュニケーションを取るもの仕事の一つです。
 その中で、やはり嬉しいことは、「料理が美味しいからまた来たよ」という言葉です。(ほんまに感謝するね)
 料理がおいしくなければ、たいていのお客さんは、すぐには来店しません。料理意外にも人気のあるお店の理由はあると思いますが、今のところそれなりにおいしい料理が出せているのでしょう。けっこう自信が付いてきちゃったよ。
 来月からは、広告宣伝を行い、キャンペーンを実施し、集客率を上げていく予定。
 これからが踏ん張りどころなので、力入れて繁盛店目指していきまっせ!

 ▲ # by monsieur1192 | 2005-12-22 02:31 | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 19日
写真家 寺西二郎
 久々のお休み。しかし、大雪。超寒いにもかかわらず、名古屋市博物館に行って来ました。  「写真家 寺西二郎の見た昭和」
 名古屋を中心に活動している寺西さんの写真展です。
 以前、伏見周辺を自転車で徘徊していると、とあるカメラ店の前に一枚の大きなモノクロ写真が展示されており、思わず見入っていました。それは、昭和43年の名古屋駅前の風景のものでした。
 そして、カメラ屋に入ってその写真について聴くと、博物館で今企画展しているというので、やっと今日行って来たのです。
 彼の作品は、昭和30年~40年代の名古屋の写真を中心に展示されており、どの写真も古き良き日本の懐かしい写真が目白押しです。 
 サングラスをかけた松田優作風のおにいちゃんが、原付に乗りながら子供二人をのっけている姿。
 また、名古屋城近くの屋台の前で佇む4人の姿。中央線車内で後ろを振り返った子供の姿。 さらに、手を繋いだ買い物帰りの兄弟の見せる笑顔や屋上から撮った車の群集に映る二人の姿など、素晴らしいモノクロ写真がいっぱいです。
 その他に気になったのは、定食料理の内容は、いまもほとんど変わっていないこと。路面電車の情緒性の高さなどです。
 この企画展は、3月5日までやっているので、興味のある方は、足を運んでください。

 PS 帰りに自転車捜すの一苦労でした。全部真っ白で自分のわかりゃしねえ。


 

 
 ▲ # by monsieur1192 | 2005-12-19 00:30 | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 18日
マドンナの快進撃
 久々にマドンナが暴れておりますねえ。
 デビュー15年を過ぎ、今だ健在ぶりやね。
 今回のアルバム「コンフェッション・オン・ア・ダンス・フロア」のファーストシングル「ハング・アップ」が大大ヒット!特にダンスサウンド好きのイギリスでは、異常な人気ぶりだ。
 ご存知アバのヒット曲「Gimme!Gimme!Gimme!」をフューチャーしたダンサブルなリズムにわかりやすく、面白い歌詞が魅力的。
 さらに、アルバムは、タイトルどおりダンサブルな楽曲を繋ぎながらが収録し、飽きずに躍れるサウンドが流れていく。実に、可憐だ。
 しかし、、アルバム曲「Isaac」に問題が起きている。
 ユダヤ教の思想のひとつカバラを信仰しているマドンナに対し、ユダヤの宗教指導者が非難している。
 「Isaac」は、カバラ学者へのトリビュートソングとして書かれたものだが、神聖なる指導者の名前を利益利用しているというわけだ。
 そして、イスラエルの新聞では「受け入れることはできない。天罰が下るであろう彼女に同情するだけだ」とコメントしている。
 日本から世界ツアーが始まると噂されているので、彼女の今後の活躍を期待しましょう。
 
 
 ▲ # by monsieur1192 | 2005-12-18 20:46 | Trackback | Comments(0)
2005年 12月 18日
居酒屋オープン!
 久しぶりの更新ですいません。
 やっとこさ15日に居酒屋をオープンさせることとなりました。
 いや~ここまで数々の難問が立ちはだかり悪戦苦闘で、身体的・精神的にも正直参っていました。しかし、昨日ゆっくり睡眠が取れて、いつもの自分になりつつあります。
 まだまだこれからも課題が山済みやけど、なんとかいい店つくり目指して、楽しくて、面白いお店にしていきたいと思っています。たくさんの人に安らぎ・くつろぎの場を提供していきたいなあ。
 店名  鉄板鍋奉行 丸の内ストア
 場所  中区丸の内3-8-26
 TEL  052-972-6275
 営業時間及び定休日 11時から14時 17時から23時ぐらい  日祝休み
 交通機関及び道筋  久屋大通り駅1番を出て、名駅方面を向かう。セブンイレブンが見えたら、右に曲がって、3本目に交差点に鶏ちゃん「蔵しっく」がある。その北隣になります。
スポンサーサイト
01.13 (Sat) 00:38 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/3-c6e9fa26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。