上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 第32回の受賞は、梅佳代さんと本城直季さんとなりました。どうもおめでとうございます。

 しかし、今回の受賞内容については、賛否両論である。そう、本城さんのアオリの技術を駆使した模型のような写真についてです。

 オイラもちょっと、というところがあるので、「アサヒカメラ四月号」で大特集の記事を読みました。
 審査員の篠山さんをはじめ、作品選考において、かなり躊躇し、葛藤した様子が窺える。それと同時に今、選んだ作品に対するフォロー的なコメントは、どこか言い訳がましい気もする。

 そんなに自信がないのだろうか。

 今回の作品について、いろいろな意見はあると思うが、オイラは俄然勇気が出てきた。

 彼らには今はぜんぜん届かない位置にいると思うけど、写真は感覚の問題だから、いずれチャンスがくるのではないかと思う。

 なぜなら、篠山さんがこの記事の中で言ってる。「受賞は運ですよ」

 そう、運なら誰にでも可能性があると言うことです。

 運を引き寄せる。それは、とにかく撮ることかな。考えて撮る。

 この「アサヒカメラ四月号」にいい写真が載っていたので紹介します。

 おなじみのマンスリーコンテストのカラースライドの1位の作品。夕映えのおばちゃんの歩く写真である。

 オイラは、こんな写真がイイと思うんだけどな。こんな写真群が名誉ある作品賞に選考されることを切に思うのだ。

 気になった方は、ぜひご覧ください。

 

 
 
 
スポンサーサイト
03.21 (Wed) 21:59 [ 未分類 ] CM2. TB1. TOP▲
  
コメント

いつも思うけど、写真って何よ? 教えて!!
---------- asaichan [ 編集] URL . 03/22, 20:42 -----

asaichan
教わったでないの。写真は写心よ。
---------- ムッシュ [ 編集] URL . 03/24, 03:06 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/46-2f62c923
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



アサヒカメラアサヒカメラとは、朝日新聞社から刊行されているカメラ・写真に関する雑誌。1923年に創刊。もともとは、アマチュア写真家の団体の機関紙であった。第二次世界大戦中に一時休刊するも、戦後復刊し、21世紀の現在まで刊行が続けられている。その内容は、写真作品
雑誌辞典 10/05, 13:41
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。