上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 いやあ、世界フィギュア2007女子シングル凄い試合でしたね。去年のWBC以来の感動を受けた。

 ショートで出遅れた浅田真央ちゃん。もう彼女は、必死だったんでしょうね。それが全面に出ていた。

 一度だけジャンプミスがあったが、それ以外はもう最高に美しく、可憐な演技であった。鳴り止まない手拍子の中、会心のジャンプを繰り広げた。

 それを見ていると、何やら目がかすんできた。彼女の滑りを見ていて、オイラは涙が出てきてしまったのだ。(ホンマ感動させる子だよ)

 演技終了後、彼女のガッツポーズが出た。満面の笑みを浮かべた後、審査結果を待つこととなった。

 その、審査結果の時間が、一段と緊張が増す。そして、とんでも点数がでた瞬間、彼女は泣き崩れた。トップに躍り出たのだ。

 その後のインタビューも泣き崩れるばかり。それどころではないのが、ブラウン管を通して判る。(早くそっとしといたって)

 これで、彼女の金メダルは決まりとおもった。

 ラストのミキティー。ショートで二位に入ったことで、かなり余裕の演技ができたのだろう。

 ジャンプは何とノーミス、後半一分のステップを踏む姿は、実に楽しそうに滑っていた。しかし、四回転を封印したのは少し残念。

 さて、金はどうなるか。

 出ました。何と0.64ポイントの差でミキティーが逆転勝利。これまた凄い結果が出た。彼女も涙が止まらない。

 やはり、ショートプログラムの結果が、大きく左右した。なかなか難しいスポーツですよね。

 最後までハラハラドキドキの試合。やあ、とにかくこの感動の舞台を見ている我々は、ホント幸せもんやね。いや贅沢やね。

 個人的には、以前からブログで真央ちゃんのことは書いていたから、彼女にはぜひ頑張って欲しい。

 これからもたくさんの日本人が、世界で活躍している姿を見たいですね。






 


 

 

 





スポンサーサイト
03.24 (Sat) 23:33 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/48-d303888b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。