上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先日、新宿三丁目界隈を散策していた。
いつも良く訪れるディスクユニオンジャズ館
ちょうど、その裏手に怪しげな薄暗い道がある。オイラは、入っていった。

 その道には、薄汚れたビル壁が周囲の暗さを醸し出している。夜ともなると、異様な空気に包まれるかもしれない。

 そんな一角に派手な垂れ幕を掲げたカレー屋がぽつんとあった。

 外から中をのぞくと、それなりに客はいるようだ。

 ちょうど、空腹を覚えていたおいらは、興味本位で入ってみた。

 自動販売機で食券を買い、カウンター席に着いた。

 辺りには、張り紙がしてある。それを見ると、カレー業界の一面を見るようなことが仔細に語られていた。

 「ココ○」の独占を許すな」とうたい、数あるカレーチェーン店の面々の紹介及び当店のカレーの真髄のようなことが書かれていた。

 やがて、キャベツが乗っかったカレーが出てきた。

 (これがゴーゴーカレーかいな)

 出てきたカレーには、スプーンではなく、フォークがついていた。

 オイラは、テーブル脇にある福神付けをトッピングし、ルーにフォークを滑り込ませた。

 黒光りしたルーは、見た目のように濃く、コクもある。かなり煮込んでいるのがわかる。しかし、そのおかげで具材は見事に形を残していない。

 シンプルなカレーを頼んだおいらにとっては、いささか物足りない。

 さらに気になるのが、ご飯。まず、硬い。こだわった米を使って、どうのこうのとうたっているが、いささか疑問である。
 次に、ご飯とルーのバランス。ルーが足りないのだ。たぶん、キャベツがお代わり自由なので、それを考慮しているのかもしれないが、もう少しルーが欲しい。

 最終的に「ココ○」には及ばない。
 
 やはり、名古屋で食べた「ベル」には適わない。

 今は幻となった「ベル」のカレー。ポパイカレーが食べたい。

 次回ご紹介いたします。



 
070329_1629~01.jpg

スポンサーサイト
04.04 (Wed) 14:52 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/52-9fe5ff40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。