上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 先日、ピピ島関連のコミュを検索していたときのこと。

 いろいろあるピピ関連の中で思わぬ発見があった。

 依然、ピピ島を訪れた時、初日に止まった安宿の向かいに、一軒のダイビングショップがあった。

 日本人の女性スタッフが三人ほどいたと思う。

 オイラは何度か顔見知りになると、その中のベテランスタッフといえそうな姉さんに呼び出され、夜な夜なお酒の相手を強いられた。とにかく、何かと強引のヒトなのだ。

 彼女は、ニュージーランドの帰りにここにより、やがて住み着いたと聴いていた。同じように、ニュージー帰りに寄ったオイラといろいろと話があった。

 そんなショップでの思い出。

 その店の名は“モスキート”

 なんとそのコミュがあったのだ。

 オイラはその中に記載されているいろいろな記事を読んでいった。

 すると、当時知らなかったことや津波以後のピピについて、赤裸々に知ることとなった。

 津波の被害により、このダイビングショップは崩壊したばかりでなく、オーナーが亡くなったと言う。

 今は奥さんが店を新しく建て直し、またショップを経営しているという。

 ニそのほかにも、ニュースで知ることがなかった現場の惨事を克明に知ることとなった。

 その中で、当時いた姉御の○○子さんは、どうやら十三年間のピピ生活を終え、イギリスに渡ったという。

 ○○子さんは、かなりカリスマインストラクターだったようで、ピピではかなり有名だったらしい。

 被災後のピピは、予想をはるかに超え、変わっているのかも知れない。

 タイの中で一番印象深いピピでの感動の日々。

 早い時期にこの目で現実を確認したい。

 その思いが募ってきました。


 

 





 
スポンサーサイト
05.06 (Sun) 17:49 [ 未分類 ] CM2. TB0. TOP▲
  
コメント

ピピ島の海。本当に綺麗ですよね。
私も、13年前に行ったことがありますが、今でも鮮明に海の中を
覚えています。
あの、津波以降どんな海になっているのか、私も見てみたいです。
---------- プトリ [ 編集] URL . 05/06, 23:49 -----

 ピピ島では車が出入り禁止なので、とにかく静かで落ち着けるんですよね。
 文明の利器が多く使われる場所ほど、海は汚されていくのでしょう。
---------- ムッシュ [ 編集] URL . 05/07, 03:10 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/66-98b1bb60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。