上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 それは木曜日である。

 いつものように、シャワーを浴びるためにガスをまずつける。

 しかし、いつまでたっても温かくならない。(何でやろ)

 再度電源を入れなおし、蛇口をひねる。しかし、同じ。(何やねん)

 そして、壁付けの案内表示版を見るといつもと違うナンバーが表示されていた。どうやらエラーらしい。

 そして、エラー表示の対策を読んでみると、説明書を見て対応と書いてある。

 (マジで、そんなん無いよ)

 仕方なくその晩はそのまま寝ることにした。

 そして翌日、大家に電話した。そして、ガス屋から電話があり、修理に窺います。土曜日に…。(マジ!)

 そして、土曜日の夕方。

 “ピンポン”

 「はーい」
 
 「お世話になります。○ーリツです」

 「どうも」

 「早速見せてもらいますね」

 「お願いします」

 そして、10分ほどで作業が終了。(やっと、風呂に入れるよ)

 「お待たせしました。誠に申し訳ないのですが、取替えの部品がもう生産修了なので、ガス器具一式をすべて変えないといけないんですよ」

 「エッ!お風呂どないするの?」

 「ホント申し訳ないのですが、また後日一式を取替えに窺えますので、都合のいい平日はございませんか?」

 「エ~ッ」

 「一様本日の作業においてのサインを頂きたいのですが」

 何か業務的な行動を優先するお方であった。

 不承不承にサインをすると、颯爽と作業員は帰っていった。

 とりあえず、月曜日の夕方にまた来る。

 しかしである。俺のお風呂はどうなるのだ。

 作業員が帰ったあと、もしものときにチェックしておいた銭湯に行くことにした。

 自転車で10分ほどのとこだったと思う。シャンプーやタオルなどをバックにつめていざ水浴びに…。

 また、問題発生。

 お店が見つからない。

 近くのコンビニの兄ちゃんに聞いてみた。

 「すいません。この辺に銭湯ないですか?」

 「ああ、去年の暮れに潰れましたよ」

 (マジで。勘弁してや~~~)

 「でも、駅の近くにもう一軒ありますよ」

 「あっ、ほんとに?」

 「ええ」(ラッキー)

 オイラは、その近くにある駅方面に向かった。

 しかし、場所を聴いてくるのを忘れた。

 駅周辺を右往左往していると、一軒の浴槽屋を発見。(ここやったら知ってるやろな)

 「すいません。この辺にお風呂やさんありませんか」

 すると、店先で暇そうにしていた夫婦がいた。

 「ああ、この前の道ずっと行くと50mさきに消化栓あるからそこを右に行くとあるよ」

 「どうもどうもありがとうございます」

 オイラは、低調にお礼を言うと、ペダルをフル回転させた。


 続く
 

 
スポンサーサイト
05.20 (Sun) 18:25 [ 未分類 ] CM2. TB0. TOP▲
  
コメント

私たちは水シャワーですが、その水を汲み上げるポンプが潰れた時には、同じようにめちゃくちゃ焦りました。
風呂はもちろんのこと、家中の水が出ませんでしたから。
お風呂、入れましたか??
---------- プトリ [ 編集] URL . 05/20, 21:30 -----

本日、まだで~す。

---------- ムッシュ [ 編集] URL . 05/22, 02:34 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/74-ec8e9464
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。