上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 本日、たまたまテレビをつけていたら、あの関口宏と三宅裕二の名物番組がやっていた。

 いつの間にか志向が変わっていて驚いたが、今回は名古屋の特集と言うことで、ちょっと見たくなった。

 番組は、名古屋グルメを庶民派とデラックス派と分かれて紹介されていた。

 その番組を見ていて思ったのだが、やはり名古屋の料理は独特であること。ちゃんと、食文化が根付く土地柄は、地元意識が強いせいでもあるだろう。

 また、味噌(八丁味噌)をベースにいろんな料理があること。味噌煮込みうどん、どて煮、とんちゃん、味噌おでんなどがある。

 オイラの生まれた三重でも、子供の時からおでんには味噌と決まっていた。(味噌はあわせだったようだ)

 だから、おでんにカラシをつけて食べるなんて大人になるまで知らなかった。

 やはり今でもおでんは、やはり味噌で食べたい派。

 と言うより、オイラはれっきとした味噌好きだ。

 味噌汁がないと生きていけない。

 その味噌料理の中でおいらが特に好きなのが、“ゆきちゃんラーメン”(鶴舞やドーム近くにある)の一品。

 その名も台湾味噌らーめん

 名古屋では、台湾ラーメンは今一番有名な食べ物だろう。

 台湾といえば、“味仙”から始まり、いまやいたるところで台湾ラーメンのメニューがある。

 その台湾ラーメンをアレンジした味噌ベースのラーメンがこれ。

 “ゆきちゃんラーメン”は普通のラーメンも美味しいが、ここの台湾味噌はもう最高に好物なのだ。

 味噌の甘みで、いつものあの辛さが食べやすくなっているのだ。

 ああ、行きたくなってきた。他にも、味噌おでんもあり、味噌好きにはたまらない場所。

 その他に台湾ラーメン・チャーハンを食べるお店を紹介しよう。

 激ウマ中華料理の“味園”

 高岳と鶴舞にあるのだが、ここのチャーハンを食べたときには驚いた。

 チャーシューのだしを中に入れているのか、米に味がしっかりしている。

 以前、カウンター越しから調理するところを覗いていたら、普通のチャーハンの倍くらい時間かけて作っていた。

 やはり、ただのチャーハンではない。

 ここのチャーハンを食べてから、オイラは味“味仙”のチャーハンが美味しいとは思わなくなったほどだ。

 味仙は、やっぱ台湾ラーメンと台湾酢豚と青菜に限るのだ。

 さて、テレビの話に戻そう。

 それぞれのリポーターから名立たる名古屋のお店が紹介されたが、結果はあっけなく庶民派の完封。(やっぱな)

 まだまだ名古屋には、美味しいお店がどえりゃあありますよ。




 

 

 


 

 
スポンサーサイト
05.25 (Fri) 00:11 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/78-7d4c4489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。