上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 近頃、どいつもコイツの“パイレーツ”“パイレーツ”とうるさいですなあ。

 まあ、そんなビックタイトルは置いといて、今、気になるオイラの映画を一本紹介しよう。

 『レベル・サーティーン』

 これはれっきとしたタイ映画である。

 近頃、タイからカンヌに招待される監督が増えている。昨今、タイ映画が注目されつつあるのだろう。

 この作品は、弱冠26歳のマシュー・チューキアット・サックヴィーラクル監督の作品。(何て長いねん)

 破滅寸前の男に謎の電話がかかってくる。

 「おめでとうございます。幸運にもあなたはゲームの参加に選ばれました。これから、13のゲームをクリアーすると、最大3億円の賞金を獲得できます。挑戦しますか」

 何か良くありそうな胡散臭い話である。

 誰もが疑いたくなる話であるが、男は冗談半分でやると答えると、

 「あなたの目の前にハエが止まっていますね。足元には雑誌が落ちている。その雑誌でハエを上手く叩き落してください」と。

 そして、ゲームが始まった。

 以前、D・フィンチャー監督、マイケル・ダグラス主演「ゲーム」というのがあった。

 弟からもらったプレゼント。それは、ゲームの招待状。そのゲームの中身は…。

 実にハラハラドキドキの連続で、素晴らしい作品であった。

 まあ、この作品にみのもんた“クイズミリオネア”を混ぜたような感じかもしれない。

 まだ見ていないので何ともいえないが、何か面白そうではないか。

 ミラマックス社のお偉いさんが、リメイク権を買い付けたほどなので、かなり期待したいと思う。

 さあ、いつ行こうかなあ。



 

スポンサーサイト
05.28 (Mon) 03:28 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/81-603672eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。