上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個展開催4日目、祝賀パーティーが行われた。

会場には、先生の先生大御所T内先生をはじめ、数名の先生方、そして、出版社・雑誌社、学校関係者、力を入れている南信州の長野の村民・町民の方々、そして、先生の知人、生徒さんなど、総勢55名ほどが集まり、盛大に行われた。

受付の担当を終え、パーティーが始まると、少し食事をした後、オイラは挨拶回りを始める。

 長野からは、村おこしのため阿智村と阿南町から結構たくさんの人たちが来ていた。

 一度お世話になっているので、オイラは阿智村の方々に挨拶に伺った。

 席に行くと、もうすでにビールではなく、おちょこが卓をしめていた。しかも、熱いのだ。(なんで冷違うの)

 阿智村は自然が多く、花ばかりでなく、果樹園もたくさんあり、被写体に飽きない素敵な場所。

 以前訪れた時の印象などを話しながら、ついでいくが、だんだん逆になっていく。(やばい、日本酒は後でくるやん)

 村のヒトにしてはあまり強くないのか、予想以上に飲まれない。何か注がれっぱなしになってきた。(最初からはきついなあ)

 その後、先生の知人や教室の生徒のおばさん方や面識のある方々に挨拶に回る。

 おばさん方の所に行くと、今度はワイン。意識がしゃきっとしてこないではないか。(このままでは、半分も回れやんわ)

 あまり食事をしていなかったオイラの姿を見てくれていた先生の主人が、食事をするように促してくれた。

 嬉しい心遣いにほんといつも感謝する。

 会はあっという間に後半になっていた。

 そして、挨拶の時間。

 出席者がそれぞれ挨拶をしていく。その間にT内先生が言葉を挟んで会場を盛りたてる。

 そして、最後にS本先生が挨拶をして、会は終了。盛大な宴は大成功といえるだろう。

 その後、近くの居酒屋で二次会。T内先生も同行してくれた。

 オイラは、近くに座った方々と楽しく、そして時には真剣に話し込んだ。

 皆、写真と言う共通点を持った同士たち。必然的に写真の話が中心になってくる。

 しかし、話は途絶えない。

 何時間店にいたのかわからないが、二次会もそれぞれ盛り上がり、いつしか帰り支度となった。

 この会を通じて、親しくなったヒトがたくさんできたが、先生いわくもっと自分をアピールしないといけない、と帰りに一言いただいた。

 現状、自分は肩書きもなく、ある意味中途半端な立場である。まあ、でもそれによって、融通が利くと言うこと利点もある。そんなことで、あまりでしゃばるのもどうかと言うところで、どこか遠慮しているところが心の隅にある。

 偉大な方々には、どうしても近づきがたいのだ。

 そんな複雑な心境ではあるが、それなりに親しくなった方々がたくさんできた。

 今回の個展のサブテーマは、“出会いときめき”。

 まさに、この会そのものでもある。

 今後も少しずつではあるが、自分をアピールし、この先につなげたいと思うのである。


 

 



 
スポンサーサイト
06.06 (Wed) 06:25 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/86-44a1b310
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。