上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ふらふらになりながらも恵比寿まで行ってきました。

 会場を入った所に、学生さんの組み写真のコーナーがあった。

 いつの時代も業界を活気づけるには若い力が必要。大学や専門学校の作品を展示することによって、写真というものがよりたくさんの人に見てもらえるはず。

 これから、団塊の世代がカメラに関心を寄せるかもしれないが、やはり若い世代がどんどん参加できる土壌をつくってやらないと、業界の活性化にはつながらないと思う。

 もっと、若いヒトが参加できる写真コンテストや教室。カメラに関しては、もっと低価格化できないものなのだろうか。

 昨今、写真というものがデジカメの普及や携帯カメラによって、かなり一般化してきている。この機会を逃さずに、若い世代のファンを取り入れていく努力が必要だろう。

 例えば、携帯カメラ・デジカメのコンテストをもっとたくさん行う。

 自分の撮った写真をオリジナルT-シャツに簡単にプリントできるシステム・企画を発案し、ファッション界に旋風を巻き起こす。

 巷のおしゃれは、オリジナル“T-写ツ”
 
 なんてね。

 普段雑誌なんかで常にみているわけだけど、写真単体で意識して見る機会が少ない。

 出版社と連携し、より写真という芸術がヒトの心を大きく撃つものだと言うことをたくさんの人に理解していただきたい。

 芸術は爆発だ!

 なんてね。(パクルな)

 さて、話を戻そう。

 大賞のおばあちゃんの写真。いいですねえ。あの表情。

 いろいろな被写体があるけど、動物・植物などの生き物の表情を捉える瞬間は、またとないチャンス。

 その時にしか出せない、いやでない表現を克明に捕らえる。

 これこそプロの成せる技なのかな。

 会場には、プロアマをはじめ、たくさんの作品が並んでいた。

 会員の方は、テーマに沿った作品が並んでいたが、特に会長さんである田沼さんの赤ちゃんの写真は印象的。

 まさに、つぶらな瞳である。

 全体的に、アマチュアの方の受賞の方のレベルが高い。ポイントが一点ばかりでなく、二点三点の作品が多い。

 今回オイラのお気に入りのローキーな作品も多く、悔しい。

 実にレベルの高い展覧会でした。


 


スポンサーサイト
06.13 (Wed) 00:51 [ 未分類 ] CM2. TB0. TOP▲
  
コメント

こんなページがあるよ!
http://designgarden.jp/shopping/item/itemlist.asp?designcategoryid=4
お気に入りの写真をTシャツにしてみたらv-218

ちなみに組写真、1人で組作っていた?
それとも複数で?
---------- ちびだいすけ [ 編集] URL . 06/13, 23:04 -----

ちびだいすけさん
組写真は、一人もあれば、複数もありました。
複数は学校関係です。
---------- ムッシュ [ 編集] URL . 06/14, 02:49 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://monsieur1192.blog89.fc2.com/tb.php/90-5bcd5f65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。